JCCテレビすべて
ビッグニュース
2017年02月24日(金)
最新TV速報
     
【ビッグニュース】
金正男氏暗殺・実行犯2人の女を逮捕] (1047件/週)

02/20(月) 日本テレビ 【Going! Sports&News】
新たに北朝鮮国籍の男4人を特定・国外逃亡中で既に帰国との報道も
金正男がマレーシアで殺害された事件で現地の警察は事件後初めてとなる記者会見を開き、北朝鮮国籍の男4人を特定し行方を追っていることを明らかにした。
警察は会見で事件に関与した疑いで新たに北朝鮮国籍の30代の男2人と50代の男2人、合わせて4人を特定し行方を追っていることを明らかにした。
4人は外交官用ではなく一般のパスポートを用い先月末から今月上旬にかけてバラバラにマレーシアに入国していた。
この4人は全員事件当日の今月13日に出国したという。
またこの4人とは別にさらに3人が関与していると明らかにした。
警察はインターポール(国際刑事警察機構)に捜査協力を依頼する考えを示したが、現地メディアは国外に逃亡した4人が3か国を経由して事件の4日後には北朝鮮に帰国したと伝えた。
また金正男の死因や使われた毒物はまだ特定できていないとしている。

02/19(日) フジテレビ 【Mr.サンデー】
<ぶっちゃけ部屋>金正男“暗殺”事件の真相は?北朝鮮の関与濃厚か
金正男暗殺事件の真相、北朝鮮の関与、中国・習近平国家主席、米国・トランプ大統領、金正恩朝鮮労働党委員長、原発、ロケット、核実験、日米首脳会談、弾道ミサイルに言及。
ジャーナリスト・青木理(共同通信社でソウル特派員、警視庁公安担当などを務める。
著書「北朝鮮に潜入せよ」など多数)、ジャーナリスト・木村太郎のスタジオコメント。

02/19(日) フジテレビ 【Mr.サンデー】
独自…正男から謎のウイルス感染メール・暗殺直前に行動監視か
金正男からウイルスに感染したとされるメールをスタジオで公開。
サイバー犯罪に詳しいネットエージェント会長・杉浦隆幸による分析結果は「相当高いサーバー攻撃の知識が必要で高い技術を持った組織の犯行か。
何者かが金正男になりすましメールを送信した可能性が高い」。
メールアカウントが乗っ取られると、金正男のメールのやり取り、動向、行先などが第三者に逐一伝わっていた可能性あり。
飛行機の予約時に乗っ取られたアドレスを使用して入れば、搭乗券の情報や出発、到着時刻が把握されていたことも考えられる。
フジテレビ報道局・安永英樹、ジャーナリスト・青木理(共同通信社でソウル特派員、警視庁公安担当などを務める。
著書「北朝鮮に潜入せよ」など多数)、ジャーナリスト・木村太郎のスタジオコメント。
金正男暗殺の一部始終(防犯カメラ)の映像。
フランス語、パソコン、マカオに言及。

02/19(日) BS-TBS 【外国人記者は見たプラス】
<Weekly News Check!>1位・金正男殺害
金正男が殺害されたことについて。
日本新華情報編集長・ショウホウ(中国)は「中国ではとても関心がある。
このことによって中国と北朝鮮関係に変化はあまりないだろう」とスタジオコメント。

02/19(日) フジテレビ 【Mr.サンデー】
警察が初会見…北朝鮮籍4容疑者を特定・金正男“暗殺”事件
マレーシア・クアラルンプール国際空港で起きた金正男暗殺事件。
逃走した実行犯4人はすでに北朝鮮に帰国したとのこと(経由:クアラルンプール→ジャカルタ→ドバイ→ウラジオストク→平壌)。
ジャーナリスト・青木理(共同通信社でソウル特派員、警視庁公安担当などを務める。
著書「北朝鮮に潜入せよ」など多数)、ジャーナリスト・木村太郎、フジテレビ報道局・安永英樹(金正男と食事を共にしたことがある)のスタジオコメント。
中国、韓国、カジノ、マネーロンダリング、ファミリービジネス、亡命に言及。
The Star Online。
北朝鮮の主な動きと金正男からのメール(金正日総書記が脳卒中で倒れる、2回目の核実験実施、三男金正恩・後継者の地位確定、金正日総書記死去)、金一族家系図について。
金正男から安永に送られたメールを専門家が分析。
サイバー犯罪に詳しいネットエージェント会長・杉浦隆幸のコメント。
マカオ、フランス語に言及。
(家系図の妹の氏名について訂正あり)

02/19(日) フジテレビ 【Mr.サンデー】
スクープ…金正男“暗殺”の一部始終・犯行の瞬間に何が?
マレーシア・クアラルンプール国際空港で起きた金正男暗殺事件。
フジテレビは暗殺の一部始終を捉えたスクープ映像を独自に入手した。
一連の映像を専門家を交えて分析。
北朝鮮情勢に精通する脱北者・カンミョンド(大学教授)によると、北朝鮮は現実味を帯びてきた金正男の亡命を恐れていたとしている。
マレーシア警察は金正男の死因は不明で、毒物の特定にも時間がかかるとしている。
実行犯4人はすでに北朝鮮に帰国したとのこと(経由:クアラルンプール→ジャカルタ→ドバイ→ウラジオストク→平壌)。
マレーシア・クアラルンプール国際空港(防犯カメラ)、空港内クリニックの映像。
マレーシア警察の会見。
取材に基づくCG。
フジテレビ報道局・安永英樹、ジャーナリスト・青木理(共同通信社でソウル特派員、警視庁公安担当などを務める。
著書「北朝鮮に潜入せよ」など多数)、ジャーナリスト・木村太郎のスタジオコメント。
(中継)マレーシア・クアラルンプール空港。
医薬品に言及。

02/19(日) フジテレビ 【Mr.サンデー】
スクープ…金正男“暗殺”の一部始終・犯行の瞬間に何が?
マレーシア・クアラルンプール国際空港で起きた金正男暗殺事件。
フジテレビは暗殺の一部始終を捉えたスクープ映像を独自に入手した。
一連の映像を専門家を交えて分析。
逮捕されたベトナム籍旅券所持の女がエスカレーターから降りていくのを、防犯カメラの映像に映っていた。
犯行前に女らが居たのは、空港内のカフェテリア。
そこで4人の男と合流し、液体を渡された。
ベトナム籍旅券所持の女は「液体が毒物だったことは知らなかった」、インドネシア籍の女は「100ドルでいたずらビデオの出演を持ちかけられた」と供述。
マレーシア警察は男4人を特定。
主犯格とみられる北朝鮮籍の男を逮捕。
男はマレーシアに1年ほど前から家族で滞在し、頻繁に出入国を繰り返していた。
現地メディアによると、北朝鮮の薬学系の大学を卒業し、医薬品の取り扱いに精通している可能性が高いとわかった。
マレーシア・クアラルンプール国際空港(防犯カメラ)、コンドミニアム(マレーシア・クアラルンプール)の映像。
マレーシア警察の会見。
取材に基づくCG。
北朝鮮情勢に精通する脱北者・カンミョンド(大学教授)のコメント。

▲画面のトップへ