JCCテレビすべて
ビッグニュース
2017年01月24日(火)
最新TV速報
     
【ビッグニュース】
講談社編集次長が妻を殺害] (239件/週)

01/14(土) テレビ朝日 【スーパーJチャンネル】
<週間ニュースランキング>8位・エリート編集者が妻殺害か
講談社の青年コミック誌「モーニング」の編集次長が妻を殺害した疑いで警視庁に逮捕された。
容疑者は3人目の子どもが生まれたときには2ヵ月の育児休暇を取っていたが、この時期、妻が文京区の子育てセンターに“夫は育児休暇をとっているが育児をやらない。
周りからは優しく見えるみたいだが、アザが残るほどDVを受けている。
私には味方がいない”などと相談していたという。
容疑者の同僚、近所の住民のコメント。
東京・文京区、容疑者の映像。
■ランキング10位から5位:10位・メリルストリープがトランプ批判、9位・100歳他院常備目前にはねられ死亡、8位・講談社“エリート”社員が妻殺害か、7位・蛇口開け放し・中学校に侵入者、6位・警視庁誤配信・被害者実名掲載、5位・山梨で84年ぶり大雪。

01/14(土) フジテレビ 【めざましどようび】
講談社編集次長・妻を殺害か「夫が仕事辞めろと暴力」
講談社の編集次長を務めた男が妻を殺害した疑いで逮捕された事件で、死亡した妻が東京・文京区の子育て支援センターに「夫から仕事と育児の両立ができないなら仕事を辞めろと言われ、年に一度は夫の暴力であざができた」と相談していたことが分かった。
警視庁は長年にわたり家庭内トラブルが続いていたとみて調べている。

01/14(土) テレビ朝日 【週刊ニュースリーダー】
<今週のニュース!気になる人物トップ10>第4位・子育てをめぐり夫婦間でトラブルか!?講談社元編集者
妻を殺害した疑いで、講談社の人気青年コミック誌の編集次長が逮捕され、おととい送検された。
事件は去年8月9日未明に東京・文京区の編集次長の自宅で発生。
編集次長からの119番通報で、妻は病院に搬送後死亡が確認された。
編集次長は自殺と説明。
解剖の結果死因は窒息死。
首の筋肉内に出血が確認され、警視庁は殺人事件と断定。
編集次長は京都大学法学部を卒業後、講談社に入社。
ヒット漫画を数多く世に出すなど敏腕編集者として知られていた。
妻は文京区の子育て支援センターに「(夫は)育児休暇を取っているが育児をやらない。
DVを受けている」と相談。
事件直前に育児についてメールでやりとりしていた。
逮捕まで5カ月かかった理由は、編集次長の供述の矛盾点を潰していく消去法の捜査にあった。
矛盾点1・自殺の動機、2・ジャケット。
捜査関係者は、編集次長が首を絞めた後、転落死を装うため2階から落とした可能性があるとみている。
編集次長は容疑を否認。
東京・新橋、警視庁の映像。
一般人、同僚、近所の住人のコメント。
保育士について言及あり。

01/14(土) フジテレビ 【めざましどようび】
講談社編集次長・妻を殺害か・仕事と育児巡りDVも…
講談社の編集次長が去年8月に妻を殺害した容疑で逮捕された。
容疑者は「進撃の巨人」を世に出した講談社の漫画雑誌の編集責任者を務めたことのある人物。
容疑者のツイッターには仕事と育児の悩みが書き込まれていた。
妻は事件前、子育て支援センターに年に1度は夫の暴力であざができたと複数回暴力を受けたことを相談していた。
東京・文京区の映像。

01/14(土) TBSテレビ 【あさチャン!サタデー】
<ニュースひとこと言いたい!>講談社“カリスマ”編集者・妻殺害の背景に何が?
「モーニング」編集次長・講談社社員の男が妻殺害の容疑で逮捕された。
文京区の自宅で妻を殺害した疑い。
容疑者は逮捕前の事情聴取に対し「妻は最近言動がおかしく、うつ病で病院に通っていた」と説明していた。
うつ病による通院は確認されておらず、警視庁は容疑者がうつ病が原因で妻が自殺したと見せかけようとしたとみて調べている。
事件の前日、妻が容疑者に対し、4人の子育てへの不満について電話やメールをしていたことがわかった。
近所の人は「神経質そうな奥さん。
子育てに疲れているような」と語った。
容疑者は容疑を否認している。
夫婦間のトラブルがあったとみて捜査している。
容疑者の文京区の自宅の映像。

▲画面のトップへ