JCCテレビすべて
ビッグニュース
2017年01月24日(火)
最新TV速報
     
【ビッグニュース】
賭け麻雀の飯塚市長と副市長が辞意表明] (47件/週)

01/14(土) テレビ朝日 【週刊ニュースリーダー】
<今週のニュース!気になる人物トップ10>第5位・“良い街”のイメージを悪いものにしたくなかった!?福岡県飯塚市・斉藤守史市長&田中秀哲副市長
日中に市庁舎を離れ違法である賭け麻雀をしていた福岡・飯塚市・斉藤守史市長と田中秀哲副市長が辞職願を提出。
斉藤市長は「賭けなかったら麻雀する人はどれくらいになるだろう」と話し、開き直りともとれる発言を連発。
問題発覚後、福岡・飯塚市役所には約900件の抗議電話やメールが寄せられた。
約70人の市民らが、市長と副市長の辞任を求める抗議活動を行った。
辞職願を提出した斉藤市長は、良い街として成長した飯塚市のイメージを悪くしたくないとした。
日曜日の飯塚市の成人式では、混乱を避けたいとして欠席。
市長不在の成人式で元総理大臣・麻生太郎副総理兼財務大臣が挨拶をした。
麻生大臣は飯塚市生まれ。
年間売上高約2600億円の麻生グループの原点は、曾祖父・麻生太吉が飯塚市で探鉱事業を始めたこと。
麻生大臣の実家は東京ドームが収まる広さ。
麻生大臣は過去にも飯塚祇園山笠に参加。
成人式で麻生大臣は未成年と成人の違いを少々過激な表現で説明。
東京・新橋、麻雀店の防犯カメラの映像。
一般人のコメント。
撮影協力:九州朝日放送。
選挙権について言及あり。

01/14(土) TBSテレビ 【あさチャン!サタデー】
<ニュースひとこと言いたい!>福岡・飯塚市・賭けマージャン市長“開き直り”から一転・辞職
平日の昼間から賭けマージャンをしていた福岡・飯塚市・斉藤守史市長と田中秀哲副市長。
開き直り発言が市民の怒りをかい批判殺到。
ついに辞職へ。

▲画面のトップへ