JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年06月25日(火)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/06/12
読売テレビ 【かんさい情報ネットten!】
<ヤマカワ目線>安倍首相・41年ぶりイラン訪問
関連動画
タンカー攻撃で駐日イラン大使“反対勢力の仕業だ”(19/06/24) (再生)
日本に駐在するイランの大使が東京都内で会見し、ホルムズ海峡付近で起きたタンカーへの攻撃について、イランの犯行だと主張するアメリカを強く非難しました。 イランのラフマーニ駐日大使は13日のタンカーへの攻撃について「地域の平和と安定に反対する勢力の仕業だ」と主張し、イランによる攻撃とするアメリカに反論しました。そのうえで「アメリカがもたらしたものは地域の不安定だけだ」として、ペルシャ湾岸地域からのアメリカ軍の撤退を求めています。 イラン、ラフマーニ駐日大使:「イランと日本の協力関係に反対する勢力がいることは確かだ」 また、安倍総理大臣の訪問中に日本のタンカーが狙われたことについては、中東を混乱させたうえでイランと日本の関係を悪化させる目的があったのではないかと分析しています。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

米国務長官 北朝鮮との対話再開に強い期待感示す(19/06/24) (再生)
ポンペオ国務長官が強い期待感を示しました。 アメリカのポンペオ国務長官は、北朝鮮の金正恩委員長から10日に送られた親書への返事としてトランプ大統領が金委員長宛てに親書を送ったと明らかにしました。この親書について、北朝鮮メディアは「興味深い内容だ」という金委員長の発言を伝えていて、ポンペオ長官は「対話再開の可能性がある」と指摘しました。そのうえで「北朝鮮に対話の用意があるなら、今すぐ応じる準備がある」と強い期待感を示しています。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

米がイランにサイバー攻撃 24日にも追加制裁表明も(19/06/24) (再生)
アメリカがイランにサイバー攻撃を行ったと報じられました。 アメリカの複数のメディアは、アメリカ軍が20日にイランのミサイル発射などに使うコンピューターのシステムに対してサイバー攻撃を行ったと報じました。サイバー攻撃はアメリカ軍が数週間前から準備していて、13日にホルムズ海峡付近で日本などのタンカー2隻が攻撃されたことを受けてアメリカ軍がトランプ大統領に提案し、承認されたということです。トランプ大統領はイランに対する大規模な追加制裁を24日にも発動すると表明していて、アメリカとイランの関係は一触即発の状態になっています。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp
関連記事
06/24(月)
(BS1[国際報道2019])
(中継)イラン・アバダン。
23日イランの議会で米国への強い反発が広がった。
米国の無人偵察機をイランが撃墜したことを巡り双方の対立と緊張が続く中、トランプ政権は24日に新たな経済制裁を科す方針を示した。
また米国軍がイラン軍のシステムを狙いサイバー攻撃を実施したと報じられている。
ボルトン大統領補佐官、ポンペイオ国務長官、イスラエル・ネタニヤフ首相、安倍首相の映像。
06/24(月)
(BS-TBS[報道1930])
28日(金)と29日(土)、G20。
29日(土)、日韓外相会談は行われる見通し、日韓首脳会談は行われない見通し。
30日(日)、トランプ大統領と文在寅大統領、米韓首脳会談。
G20の場で首脳会談はすべきかについて、中谷元防衛相は、「私はするべきだと思う、いろんな意味で、北朝鮮のトップに条件なしで会うというぐらいですから、やはり会って何かいい方向に行くように双方の外務省が努力すべきだと思う」とコメント。
元駐韓国日本大使・小倉和夫は、「私は非公式会談でいいと思う、当然やることになると思う」とスタジオコメント。
元駐日韓国大使・申カク秀は、「公式に会うべき、大阪で日韓首脳が会って徴用工問題がその会談で解決できなくても、解決の糸口を模索するための努力する必要がある」とスタジオコメント。
パククネ前大統領、安倍首相、オバマ前大統領、慰安婦合意に言及。
06/24(月)
(テレビ朝日[大下容子ワイド!スクランブル])
イランの革命防衛隊がミサイル発射などに使うコンピュータのシステムに対し、米国が20日にサイバー攻撃を仕掛けていたと複数のメディアが報じた。
攻撃計画は数週間前から準備されていたが、13日にホルムズ海峡付近で日本などのタンカー2隻が攻撃されたことを受けて、トランプ大統領が承認したという。
米国はノルウェーや日本のタンカーが攻撃されたこと、米国の無人偵察機が撃墜されたことがイランによるものだとして、報復のためにサイバー攻撃をしたとされている。
トランプ大統領はイランの軍事施設などへの攻撃を了承していたが、150人ものイラン人が犠牲になると聞き、直前に中止した。
サイバー攻撃を承認したのは、軍事的衝突に発展する可能性が低いためだという(読売新聞)。
米国国土安全保障省は、イランが米国の石油業界などに対してサイバー攻撃を強めていると警告。
ボルトン大統領補佐官は「我々の軍は出動する準備はできている」と述べた。
トランプ大統領は「イランに対する軍事オプションは常にテーブルの上にある」とツイッターに投稿した。
テレビ朝日コメンテーター・川村晃司、BuzzFeed Japanシニアフェロー・古田大輔のスタジオコメント。
ニューヨークタイムズHP、US AIR FORCEの記載あり。
中国、ロシア、G20、パソコン、社会インフラ、安倍首相に言及。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組