JCCテレビすべて
最新のTV情報
2022年01月17日(月)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2021/11/30
テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
立憲民主党・新代表に泉健太・どうなる?連合との関係
関連記事
01/17(月)
(TBSテレビ[ひるおび!])
通常国会がきょう召集される。
自民党閣僚経験者は岸田政権がリスク回避に徹底していることが支持率の高さに繋がっていると分析している。
夏に参院選を控える中、今国会では政府・与党の安全運転の姿勢がさらに顕著になりそうだ。
野党から反発を受けそうな出入国管理法改正案の再提出を見送ることを決めるなど目立った対決法案は見当たらない。
最大の波乱要因はコロナ対策となりそうだ。
立憲民主党・泉健太代表は「今までの政権のコロナ対策が最悪を想定したものになっていたのか」とコメントし在日米軍での感染拡大などを念頭に政府の水際対策の甘さを指摘。
「感染症法改正案」についても政府は提出見送りを表明。
野党側は改正の必要性を訴え政府の姿勢をただす構え。
参院本会議の映像。
(中継)国会前庭。
01/17(月)
(テレビ朝日[大下容子ワイド!スクランブル])
今日から行われる通常国会。
夏に控える参院選に向けすでに与野党の思惑が渦巻いている。
政府は当初通常国会に61本の法案を提出することで調整していたが,実際に提出される法案の数は58本。
今国会の会期は6月15日までで翌月には参院選の投開票が見込まれているため、法案の審議が長引き、参院選前に国会を延長する事態は避けたいとの自民党側の狙いがあるとみられている。
与党は感染症法改正案など与野党が対立する恐れのある法案も見送っている。
法案は新型コロナの感染拡大により国や地方自治体が病床確保を要する際医療機関に対して強制が可能になる権限が強くなる法案。
野党からの反発も予想され、それらを避けたい思惑もある。
政府側の動きについてテレビ朝日政治部・水頭与党キャップは「政府はオミクロン株を収束に持ち込めば参院選に勝てると踏んでいる。
国会で野党と対立して支持率低下を防ぐため波静かな国会を目指している」という。
野党側についてテレビ朝日政治部・岡野党キャップは「3回目のワクチン接種については強く言及していくのではないか」と話している。
スローニュース・瀬尾傑代表取締役、ジャーナリスト・増田ユリヤのスタジオコメント。
岸田総理大臣、立憲民主党・泉健太代表の映像。
01/16(日)
(NHK総合・東京[NHKスペシャル])
年末には菅政権を支えた中核メンバーが会合。
そこには自由民主党元幹事長・石破茂の姿もあった。
党の主流派を外れる中で菅が掲げた政策などを巡って意見を交わしたとされ、今後の動向に永田町の関心が集まっている。
年が明け新たな変異ウイルスオミクロン株による感染が爆発的に拡大。
夏の参議院選挙に向けて再び感染状況をにらみながら与野党の攻防が激しくなるとみられる。
自由民主党幹事長・茂木敏充、立憲民主党代表・泉健太、内閣総理大臣・岸田文雄のコメント。
コロナに言及。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組