JCCテレビすべて
最新のTV情報
2021年09月21日(火)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2021/09/15
BSテレ東 【ワールドビジネスサテライト】
総裁選・次の総理は誰に?高市前総務大臣・生出演
関連記事
09/21(火)
(BSフジ[プライムニュース])
自民党総裁選に出馬している4人の候補者について聞く。
共同通信世論調査「新総裁にふさわしい人」(対象:党員、党友):河野太郎・48.6%、岸田文雄・18.5%、高市早苗・15.7%、野田聖子・3.3%、まだ決めていない・分からない:13.9%。
自民党衆議院議員・元衆議院議長・伊吹文明は「これだけ次の総選挙に近い総裁選はない。
本来、良いと思っている人に投票するのか、この人に投票した方が自分が当選しやすいと思う人に投票するのか。
そこを間違うと後でしまったと思うこともあるのかなと感じる。
今回、小選挙区の下での総選挙を控えている。
本来は自分の信念と同時に自分の後援会でやるべきものだと思うが、小選挙区の下ではどうしても内閣支持率、自民党と公明党以外の支持がどの程度来ているかという指標、自民党の支持率が内閣支持率と並行して下がることによって自分の選挙が非常に心配だという人が多くなっている」とスタジオコメント。
安倍政権、志帥会、コロナ、憲法に言及。
09/21(火)
(BSフジ[プライムニュース])
事実上、次の首相が選ばれることになる自民党総裁選挙。
長引くコロナ禍で危機的状況が続く中、国家のリーダーはいかにあるべきか。
河野太郎規制改革相は「政治を通して人と人が寄り添う、ぬくもりのある社会をつくりたい」、岸田文雄前政調会長は「俺についてこいと押しつける政治ではない寛容の政治が求められている」、高市早苗前総務相は「国民の生命と財産を守り抜くこと。
国家の主権と名誉を守り抜くこと」、野田聖子幹事長代行は「子ども、女性、さらには高齢者や障害者という社会的弱者、主役にならない人々へ向けた政策が十分ではない」と述べた。
日本はこれまで幾度となく窮地に陥り、それを克服してきた。
歴代宰相たちは国家の危機をどう乗り切り、どう導いてきたのか。
戦後の政治史を振り返りながら、危機の時代に求められるリーダー像について徹底議論する。
提供:昭和大学病院、国立感染症研究所。
09/21(火)
(BS-TBS[報道1930])
自民党総裁選の投開票まであと8日。
党改革を求める若手議員らと会談した4人の候補は、政権の要となる官房長官や幹事長の人事に言及した。
総裁選立候補者との意見交換会に臨んだのは、党改革を訴える若手議員「党風一新の会」のメンバーたち。
4人に対し、政権の要である官房長官と幹事長の人事を質した。
一方、立憲民主党は「アベノミクス」に関し、「格差問題の改善には繋がらなかった」などとする検証委員会の報告書をまとめた。
枝野代表は「アベノミクスは失敗だった」と断じている。
岸田文雄前政調会長、河野太郎行革相、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行のコメント。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組