JCCテレビすべて
最新のTV情報
2021年07月28日(水)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2021/07/22
BSテレ東 【日経ニュースプラス9】
<マーケット一目瞭然>年明けテーパリングに異議あり
関連記事
07/27(火)
(テレビ東京[Newsモーニング・サテライト])
ロールシャッハアドバイザリー・ジョセフクラフトは「米国住宅市場」。
米国住宅市場は今過熱している。
FHFAが前例のない価格上昇と警鐘を鳴らしている。
米国人はガソリンと住宅価格に非常に敏感。
すでに共和党が中間選挙を見据え争点の1つにインフレを上げようとしている。
パウエル議長、FOMCとしても市場が予想している以上に早くテーパリングの発表を8月、または9月に行う可能性があると推測。
三菱UFJモルガンスタンレー証券・植野大作は「疑心暗鬼」。
米国の金融政策運営に対する市場の見方。
色んな見方が錯綜していてパウエル議長は物価の伸びは一時的と言い続けて、株価や不動産についてもフロス・泡立ちかもしれないがバブルではないのではないかとの見解を示しており、金融緩和の巻き戻しは急がないという姿勢を示している。
ただそういう見方が本当に正しいのかという疑念が市場関係者だけでなくFRB内部にもあるからこそ6月のドットチャートが激しく変わった。
07/27(火)
(BSジャパン[Newsモーニング・サテライト])
ロールシャッハアドバイザリー・ジョセフクラフトは「米国住宅市場」。
米国住宅市場は今過熱している。
FHFAが前例のない価格上昇と警鐘を鳴らしている。
米国人はガソリンと住宅価格に非常に敏感。
すでに共和党が中間選挙を見据え争点の1つにインフレを上げようとしている。
パウエル議長、FOMCとしても市場が予想している以上に早くテーパリングの発表を8月、または9月に行う可能性があると推測。
三菱UFJモルガンスタンレー証券・植野大作は「疑心暗鬼」。
米国の金融政策運営に対する市場の見方。
色んな見方が錯綜していてパウエル議長は物価の伸びは一時的と言い続けて、株価や不動産についてもフロス・泡立ちかもしれないがバブルではないのではないかとの見解を示しており、金融緩和の巻き戻しは急がないという姿勢を示している。
ただそういう見方が本当に正しいのかという疑念が市場関係者だけでなくFRB内部にもあるからこそ6月のドットチャートが激しく変わった。
07/27(火)
(テレビ東京[Newsモーニング・サテライト])
マーケットの注目FOMC(連邦公開市場委員会)について。
三菱UFJモルガンスタンレー証券・植野大作がスタジオで解説「一番の注目イベントであることは間違いない。
FRB(連邦準備制度理事会)・パウエル議長は、14日、15日に行われた議会証言で、テーパリング開始判断について“政策目標の達成に向けた更なる顕著な進展を確認できるのを待っている状況”と述べた。
その後2週間で判断を変更しているとは思えない。
FOMCではドットチャートの更新も行われない。
FOMC声明、パウエル議長の会見でテーパリング議論を進めていると言われても市場は織り込み済み。
基本的にはノーサプライズのイベント。
8月はFOMCの開催がないため、短期的には材料夏枯れ」。
関連ページ
いま経済は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組