JCCテレビすべて
最新のTV情報
2021年02月26日(金)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2021/02/23
日本テレビ 【情報ライブ ミヤネ屋】
東京五輪・橋本“新会長がすべきこと”「聖火リレー」「アプリ」「新体制」
関連記事
02/26(金)
(フジテレビ[バイキングMORE])
きのう、島根県・丸山達也知事は聖火リレーの開催について「協力していくことは難しい。
中止の検討とさせていただいた。
東京五輪の開催を良しとすることは難しい」と述べた。
丸山知事は関係省庁や国に対し、第3波を踏まえたコロナ対策の強化や、緊急事態宣言対象外の地域の飲食店への支援を要望。
改善されれば「聖火リレーを盛り上げていきたい」と述べた。
自民党竹下派・竹下亘会長(島根2区)はきのうの丸山知事との会談のあと「コロナ対応はものすごく大事だが、それと聖火リレーは次元の違う話だ。
結びつけて言うのは違和感を持った。
組織委員会なり国民全部なり、あるいは世界が決めることであって知事が決めるこっちゃねえだろう」と苦言を呈した。
他の自治体では鳥取県・平井伸治知事が2月22日、「それぞれの地域で感染状況も違うし、新型コロナで財源が逼迫している各地域の事情もある。
聖火リレーも中央集権で東京の流儀でどこもやりなさいと言うのは私は正しいとは思えない」と述べた。
栃木県の聖火リレー予定日は3月28日、29日だが、不要不急の外出自粛要請を2月22日~3月7日まで県独自で出している。
聖火リレー実施の判断については当面保留。
組織委員会と協議し改めて実施方法を判断。
スタジオゲスト:ジャーナリスト・鈴木哲夫、弁護士・北村晴男。
医師・金子俊之はリモートで出演。
ジャーナリスト・鈴木哲夫、土田晃之、アンガールズ・田中卓志のスタジオコメント。
橋下徹のコメント。
厚生労働省、大阪府・吉村知事、文部科学省に言及。
02/26(金)
(フジテレビ[バイキングMORE])
日本全国に希望をつなぐ聖火リレーを実現したいと願う橋本会長の一方で、政府の新型コロナウイルス対策を批判し、東京五輪パラリンピックの聖火リレー中止に言及した島根県・丸山達也知事は、きのう厚生労働省に要望書を提出。
丸山知事は五輪への協力に否定的な姿勢を示した。
丸山知事に「注意しようと思う」と発言したことが物議を醸した自民党竹下派会長・竹下亘と面会。
一見、穏やかな会談だが、丸山知事が聖火リレー中止について発言した事情を説明すると、竹下会長は「聖火リレーは次元の違う話だ。
問題だ」とコロナ対策と聖火リレーは別次元との認識を伝えた。
島根県・丸山達也知事の会見。
02/26(金)
(テレビ朝日[大下容子ワイド!スクランブル])
きのう島根県・丸山達也知事が提出した要望書の内容は大きく2つ。
1つ目は「感染症対策が改善強化されないままでは東京五輪を開催すべきではない。
県内での聖火リレーも中止と判断せざるを得ない」。
2つ目は「緊急事態宣言地域外の飲食店などは厳しい経営環境。
公平な支援措置がされないままの五輪は反対。
飲食店向けの給付金制度宣言期間中1日当たり3万円相当」。
面会後の会見で丸山知事は聖火リレーについて「言葉の裏を返せば、2つの課題をクリアにしていただいて、大事なイベントをよりよい環境で開催するべきだ」と1か月後の状況を見て判断するとしている。
島根県の聖火ランナーはどう思っているのか。
1976年、モントリオール五輪競泳バタフライ出場・島根県出身・香山進介は「最初聞いた時は大きなショックを受けたが、知事の思いもわかるようになった。
より安全安心を突き詰めてコロナ対策をしてほしい。
そして、予定どおり聖火リレーできるようにと言い続けるしかない」と話していた。
ジャーナリスト・柳澤秀夫のリモート解説。
TVプロデューサー・デーブスペクターのスタジオコメント。
自民党・竹下亘衆院議員、議員会館の映像。
コロナ、予算、財政に言及。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組