JCCテレビすべて
最新のTV情報
2021年01月17日(日)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2020/12/03
BS1 【BSニュース】
感染確認での対応見直し「すぐには臨時休校にせず」
関連記事
01/16(土)
(TBSテレビ[報道特集])
感染拡大でフェーズが変わり、講じる対策にも変化が起きている。
科学的知見として、家庭内感染では、接触感染以上に飛まつによる感染のリスクが高いことが判明。
科学的知見やデータを積み重ねることで、必要以上に行動に制約を課すことなく、感染を抑える効果を最大限得る生活スタイルについて考えていきたい。
研究も進んでいってほしい。
春先は本当に未知のウイルスで手探り状態だったころに比べ、少しずつでも何に重点を置いた方がいいのか分かってくることだけでも精神的な負担がだいぶ減る。
飛まつ感染は空気が乾燥すると飛まつが遠くに飛びやつい、持続しやすいというから換気が非常に大切。
加湿器を使うことも有効。
家庭内での感染が広がっているという現実から、何を学びとるべきか。
結局は家族を大事にしたり、家族を守るためには自分自身が感染源になり得ることを常に自覚していなければいけない。
ステイホームについて言及。
NIAID-RML提供の映像。
01/16(土)
(TBSテレビ[報道特集])
福岡県に住む40代の女性はいま家庭内感染におびえている。
職場の同僚が今週、新型コロナに感染し女性は濃厚接触者扱いになり、自宅待機となっている。
4人家族だが、夫は単身赴任で2人の子供と3人で暮らしている。
しかも長男は高校3年生で大学入試が始まる。
これまでも外出から戻ったら手を消毒し、使ったマスクは決まった場所に捨てるなどしてきた。
濃厚接触者となった今、特に長男とは極力接触しないよう努めている。
しかし食事を含む家事全般は自分がやらざるをえない状況。
抗原検査の結果、女性は幸い陰性。
女性は「どこまで(感染対策を)したらいいのかなと思う」と語った。
薬学部について言及。
01/16(土)
(TBSテレビ[報道特集])
関東地方に住む24歳の女性。
先月末、一緒に住む父親、弟の家族3人全員が新型コロナに感染。
気付いたときには、みんなが発症。
先月25日、検査で全員陽性と判明。
女性は「家族全員が涙してしまう絶望感があった」と語った。
近くの親戚に食料を届けてもらうことができたため、初めは全員で自宅療養を始めた。
女性と弟は比較的軽症だったが、50代の父親はみるみる悪化。
その後、女性と弟もホテルでの療養が可能となったため父は入院。
女性は「ペットがいたのですぐに家は空けられない。
コロナ陽性者のシェルターも満室で入れない」と話した。
先週、家族は全員自宅に戻れた。
以前から玄関先でのアルコール消毒やペーパータオルを使うなど、家庭内で対策はしていたが、感染を防ぐことの難しさを痛感。
女性は「いくら対策をしていても誰かが持ってくると水の泡」と語った。
保健所について言及。
ファブリーズ除菌の映像。
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組