JCCテレビすべて
最新のTV情報
2020年12月04日(金)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2020/11/23
日本テレビ 【Going! Sports&News】
<G NEWS>新型コロナ・5日連続で300人超・東京で新たに391人確認
関連記事
12/03(木)
(BS1[BSニュース])
学校再開からの半年間に新型コロナウイルスの感染が確認された児童や生徒は約3300人で、家庭内での感染が多く、小中学生では学校内の感染は1割以下。
文部科学省では感染者が出た時点ですぐには臨時休校にせず、保健所と相談して判断するようマニュアルを改訂。
あわせて冬の感染対策(教室の常時換気など)も新たに示し、可能なかぎり学習を継続するよう求めている。
各地の学校で感染を広げない取り組みが続けられている。
東寺方小学校(東京・多摩)では登校時に発熱している児童がいないかサーモグラフィーで確認。
文部科学省の会見の映像。
12/03(木)
(NHK総合・東京[ニュースウォッチ9])
文部科学省が、子どもたちの新型コロナウイルスの感染状況について公表。
6月に学校が再開されて以降、この半年で感染が確認された小学生は1252人。
注目すべきは感染経路:家庭内感染73%、家庭・学校以外11%、学校内6%、不明10%。
学校での感染は抑えられていることが分かった。
小学校ではどんな対策が行われているのか取材。
東京・多摩市・東寺方小学校で校長が手にしていたのは、発熱している児童がいないかを確認するサーモグラフィー。
学校では冬を迎えて、乾燥を意識した感染対策を強化。
ウイルスが飛びやすくなるとされる空気の乾燥を防ぐため、温湿度計を全クラスに設置。
手洗い場の蛇口も手で握らなくても水を出せるようレバー式に変更。
子どもたちもこの半年、感染対策に積極的に取り組んできた。
夏にはエアコンはついているが換気のため、教室の窓は開いていて子どもたちは暑い中で授業を受けていた。
現在、今度は寒くなってきたが窓を開けたままの授業。
授業後、休み時間のたびに手を洗う。
東寺方小学校・伊藤智子校長、児童のコメント。
12/03(木)
(TBSテレビ[Nスタ])
新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めが効かない。
陽性患者を病院に搬送する「民間救急フィール」を取材。
病院に搬送した都内在住の70代女性は3日前に発熱、昨日PCR検査で陽性と判明したという。
最近は家庭内感染疑いが増加。
家族全員を一斉に搬送することもあるという。
昨日都内で確認された感染者500人中118人が家庭内感染。
感染者の急増で病院が逼迫している。
民間救急フィール・齋藤学代表は「病院逼迫で搬送件数が抑えられているのではないか。
自宅待機もかなり多くなってきている」と話す。
一方、国や東京都はGoToトラベル発着分について65歳以上の高齢者と基礎疾患を持つ人に今月17日までの利用自粛を要請。
早くも観光地に影響が出始めており、箱根藍瑠支配人・渡辺健は「2日間でキャンセルが21件。
50代以上の年配者のキャンセルが多い」と話す。
キャンセル料は今月13日までに申し出れば国が負担する。
その際、65歳以上であることや基礎疾患があることの証明は求めず。
民間救急フィール・八島悟のコメント。
提供:国立感染症研究所。
都内の映像。
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組