JCCテレビすべて
最新のTV情報
2020年10月21日(水)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2020/10/19
BSフジ 【BSフジニュース】
菅総理大臣・今日午前・ベトナム・フック首相と会談
関連記事
・関連特集:ドラマ
10/20(火)
(日本テレビ[news zero])
インドネシアを訪問中の菅総理大臣はジョコ大統領と会談し、両国のビジネス関係者の入国措置の緩和に向け今後、1か月をめどに両国の外交当局が調整を進めることなどで合意した。
また、中国による強引な海洋進出を念頭に外務防衛閣僚会合、いわゆる2プラス2の早期開催や自衛隊の装備品などの輸出に向けた協議の加速化を図ることでも一致した。
10/20(火)
(BS日テレ[深層NEWS])
習主席の新たな構想について。
読売新聞編集委員・飯塚恵子は「きのう初外遊した菅総理。
きのうベトナムで首相と会談したが、まず脱中国は供給網から、サプライチェーンは脱中国であるということに合意している。
そういう意味で中国にとっては米国だけでなく周辺の国からもそういう動きが起きているのは脅威。
そのうえで双循環は新しい中国のキーワードとして今後世界中に知られるのではないか。
今後は技術力や経済力で自力攻勢することが大事だということを国内にも示しているが、これについては人民はついてくるのか」とスタジオコメント。
東京大学公共政策大学院教授・高原明生は「確かにあまりにも一国に依存しすぎるとリスクがある。
そういうことが今回またあらわになったので、なるべくリスク分散しようというのはあると思うが、それは何も中国との経済的な交流関係を断ち切るということでは全然なくて中国の大きなマーケットの中にどんどん入っていこうという日本の企業ももちろんたくさんある。
なのでベトナムにせよインドネシアにせよ自由で開かれたインド太平洋構想というのはもちろん戦略的な面もあるが実は中国との協力を仰ぐものである。
そのうえで、人民はいま米国にいじめられているという感覚が強い。
理不尽なことを言われている感覚もある。
中国はナショナリズムが強い。
習主席が刺激すると炎が燃え立つ可能性もある」とスタジオコメント。
10/20(火)
(テレビ朝日[報道ステーション])
就任後初めて外国を訪れている菅義偉総理大臣。
和泉洋人総理大臣補佐官が外遊のキーマン。
共同通信社編集委員・太田昌克が「安全保障と経済は表裏一体。
2つ進めることで日本の安全保障、アジアの安定を目指そうという菅外交の特色。
外国人がインバウンドで来ることは安全保障につながる、安全保障と経済を表裏一体で見ている。
インドネシアとの関係においては防衛装備品、鉄道、港湾インフラ、サプライチェーン拡大のための直接投資。
中国の一帯一路に参加しているインドネシア。
経済でも結びつきを強めて安全保障も結びつきを強める相乗効果を狙っている。
アジアの平和をどう築いていくか、アジアの仲間とどういう風に中国と向き合うか、外交姿勢を来週の国会でしっかり総理に説明いただきたい」などスタジオコメント。
ベトナム・ハノイ、日インドネシア首脳会談の映像。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組