JCCテレビすべて
最新のTV情報
2020年10月24日(土)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2020/10/19
TBSテレビ 【グッとラック!】
東電福島第一原発の処理水・海洋放出の方針・漁業者は風評被害を懸念
関連記事
10/24(土)
(日本テレビ[ウェークアップ!ぷらす])
東京電力資料より作成・処理水とトリチウムの量を紹介。
1044基のタンクがあるが2022年夏に満杯になる。
世界の原発などからのトリチウム放出量を紹介。
福島第一原発も事故前、年間22兆ベクレルを海洋放出。
全国の原発からは40年以上にわたり放出されている。
処理水の今後の工程を紹介。
風評被害に言及。
中央大学法科大学院教授・弁護士・野村修也、三輪記子弁護士のスタジオコメント。
10/24(土)
(日本テレビ[ウェークアップ!ぷらす])
東京電力福島第一原発の結論が出ない「処理水」問題。
菅義偉総理大臣は「いつまでも方針を決めないで先送りすることはできない」と述べた。
東日本大震災からまもなく10年。
「処理水」が大きな問題となっている。
ALPS(多核種除去設備)は62種類の放射性物質の除去が可能。
しかしトリチウムだけは取り除くことができない。
処理水タンクの容量は1350トン。
処理水タンクは1044基。
2022年夏に限界を迎える。
そのため政府は処理水を薄めてから海に流す海洋放出を検討。
現在、福島県産の魚は出荷前に放射線検査を行っている。
全漁連福島県漁連は小泉進次郎環境相のもとを訪れ処理水の海洋放出絶対反対の立場を伝えた。
梶山弘志経産相は今月中と見られていた処理水処分の政府決定を先送りする考えを示した。
撮影:東京電力。
燃料デブリの映像。
資源エネルギー庁廃炉汚染水対策官・木野正登、いわき市漁協・江川章組合長、近畿大学原子力研究所・山西弘城所長、小泉進次郎環境相のコメント。
トリチウム分離法(電気分解・蒸留)を紹介(100万トン単位の処理は困難)。
予算に言及。
10/24(土)
(日本テレビ[news zero])
福島第一原発から出る処理水の処分方法について、梶山経産大臣は月内とみられていた政府決定を先送りする考えを示した。
政府は処理水をあらかじめ薄めてから海に出す海洋放出を処分方法とする方針だが、風評被害の懸念があり漁業関係者などから強い反対の声が上がっていた。
経産省の映像。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組