JCCテレビすべて
最新のTV情報
2020年07月10日(金)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2020/07/01
NHK総合 【ニュース7】
日銀短観・急激に悪化・リーマン直後に次ぐ落ち込み“コロナショック”浮き彫りに
関連記事
07/10(金)
(BSジャパン[日経モーニングプラスFT])
日銀はきのう公表した7月の地域経済報告(さくらリポート)で、前回4月に続いけて全国の9地域すべてで景気判断を引き下げた。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴って幅広い地域で経済活動が停滞した。
2期連続で全ての地域の判断を下方修正するのはリーマンショック11年半ぶり。
07/10(金)
(テレビ東京[Newsモーニング・サテライト])
東短リサーチ・加藤出が解説。
FRBの次の追加緩和策として中長期金利に誘導目標を設定する政策に踏み切るのではないかと市場は予想していたが、先月のFOMCの議事要旨には踏み込まない雰囲気になっている。
日銀はこの政策を4年近くやっているが、否定的な見方が多数示された。
6月FOMC議事要旨・中長期金利誘導目標に関する発言「参加者は数多くの懸念を表した」「コストと便益を考慮した結果、ほとんどの参加者が多くの疑問点を示した」。
FRBが否定した理由・米国長期金利の低さ。
過去のリーマン破綻前、量的緩和開始前に比べると相当低いところにあるので低い目標を設定しても景気刺激効果がない。
無制限の国債買いを警戒。
金利固定が市場機能を壊す懸念。
フォワードガイダンス強化で金利上昇を防げる。
オーストラリアは3年金利を固定する政策を今やっているが、フォワードガイダンス強化で十分賄えるだろうということがある。
FRBの独立性が損なわれる。
第二次大戦から戦後にかけ6年ほどFRBは長期金利を2.5%に固定する政策をやっていたが離脱するときに政府と大激突し大変な思いをして抜け出した。
コロナ対策とはいえそこには踏み込まないほうが良いだろうと。
日銀は国債の無制限購入を約束し政府はコロナ対策で国債発行を膨らませていく状況なので出口政策が非常に難しいだろう。
トランプ大統領に言及。
07/10(金)
(テレビ東京[Newsモーニング・サテライト])
日銀は7月の地域経済報告(さくらリポート)で、4月調査に続けて全国9地域すべてで景気判断を引き下げた。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴って幅広い地域で経済活動が停滞。
2期連続で全地域の判断を下方修正するのはリーマンショック以来11年半ぶり。
関連ページ
いま経済は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組