JCCテレビすべて
最新のTV情報
2020年02月23日(日)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2020/02/15
NHK総合 【ニュース・気象情報】
新型コロナウイルス・東京で8人・和歌山で3人・感染確認
関連動画
新型コロナウイルス 加藤厚労相が会見 (再生)
新型コロナウイルスについて、加藤厚労相が記者会見。ライブ配信します。関連:感染拡大… 新型コロナウイルス://www.fnn.jp/features/YMO0077※ストリーミング配信のため、実際の時刻より数十秒の遅延が生じます。プライムオンライン://www.fnn.jp/チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

安倍首相 “基本方針”早急な取りまとめ指示 新型コロナ対策本部 (再生)
安倍首相は、23日午後に開いた新型コロナウイルス対策本部の会議で、「感染拡大を防止するために今が重要な時期だ」と強調し、総合的な基本方針を早急に取りまとめるよう指示した。安倍首相「大規模な感染拡大を防止するうえで、重要な局面です。国民の皆さまに総合的な基本方針として早急にお示しできるよう、厚生労働大臣を中心に作業を進めてください」安倍首相は、国民や企業への情報提供、感染拡大防止策、医療提供態勢など総合的な対策をまとめた「基本方針」を早急に策定するよう指示した。政府は、週内にも公表したい考え。安倍首相は、「患者増加のスピードを抑制することが極めて重要だ。同時に重症化防止を中心とした医療提供態勢を早急に整える必要がある」と強調した。(2020/02/23)プライムオンライン://www.fnn.jp/★チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

【日曜安全保障】新型コロナ猛威の中 米中けん制 能勢伸之解説委員 (再生)
日本を取り巻く安全保障問題を、わかりやすく深堀りしていく、「日曜安全保障」。「新型コロナウイルス流行! その最中に見えた中国軍の実力」竹内友佳キャスター「新型コロナウイルスをめぐって、日本国内では、自衛隊がダイヤモンド・プリンセス号の乗客輸送用のバスを投入したり、医師・看護師の資格を持つ予備自衛官を招集するなどしています。感染拡大が最も深刻な中国では、中国軍が大規模な対応しているんですよね?」能勢伸之解説委員「はい。こちらは武漢に1 400人以上の中国軍医療関係者を送り込むのに貢献したY-20型輸送機の映像です。Y-20型機は、2016年に就役したばかりの中国軍の大型輸送機で、60トン以上の重量を運搬できる。例えば重たい戦車ですとか、兵士であれば300人も乗せて運ぶことができます。それを次々に離陸させ管制、この新型大型機を部隊として、昼夜を分かたず使いこなしているわけです」竹内友佳キャスター「つまり、中国軍の空輸能力の高さが結果的に示されたということですか?」能勢伸之解説委員「そういうことかもしれないですね。さらに新型コロナウイルスがまん延している中、6日、中国版イージスとも言われる052D型駆逐艦の演習の映像を公開しました。海の上で給油訓練していることから、外洋進出を意識している訓練とも見えます」竹内友佳キャスター「中国国内が大変な時に、外洋進出を意識した軍事演習ですか?」能勢伸之解説委員「しかも9日には、中国空軍のH-6K爆撃機4機が、沖縄本島と宮古島の間を縦断しました。爆撃機には、射程200kmで核搭載可能とも言われるYJ-63巡航ミサイル、またはその訓練弾とみられるものがぶらさがっていて、今回の飛行経路から見ると、この辺りまで射程圏内だったということでしょうか...」竹内友佳キャスター「日本は、チャーター機で中国にマスクなどの支援物資を送ったりしているのに、なんでなんですか?」能勢伸之解説委員「もしかしたら中国は、新型コロナウイルスの流行で弱ったところを、どこかの国につけ込まれるとでも思ったかどうか...。この状況下で、アメリカ軍もじっとはしていませんでした。中国のH-6K爆撃機を意識してか、3日後の12日にB-52H爆撃機2機を台湾の東側に飛ばしたと報じられました。台湾は、尖閣のすぐ先ですね。さらに15日には、イージス巡洋艦チャンセラーズビルが台湾海峡を通過するなど、中国をけん制するような動きを見せています」竹内友佳キャスター「こんな時まで、けん制し合わなきゃいけないんですね」能勢伸之解説委員「アメリカ海軍は、西太平洋で15日ごろ、空母セオドア・ルーズベルトの艦隊とF-35Bステルス戦闘機を搭載した強襲揚陸艦、アメリカの艦隊を組み合わせた作戦行動の訓練を行ったそうです。そんな中、アメリカの外交専門誌は、新型コロナウイルスの流行で、中国の造船所の休みが長くなり、3隻目の空母建造が遅れるとの分析もしています」竹内友佳キャスター「中国にとっては今、本当に頭の痛い状況なのかもしれませんね」(2020/02/23)プライムオンライン://www.fnn.jp/チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH
関連記事
02/23(日)
(TBSテレビ[サンデージャポン])
火曜日、和歌山県庁で和歌山の仁坂吉伸知事が会見。
国内初の10代の新型肺炎への感染を発表。
その後、北海道と埼玉で10歳未満の感染も確認。
さらに昨日、「初めて教員の感染が判明した」と熊谷俊人千葉市長が会見。
60代の女性中学校教員の感染を確認、2日間臨時休校とする。
和歌山県庁・仁坂知事会見、千葉市役所・熊谷市長の会見の映像。
日刊スポーツ(2月22日)、ダイヤモンドプリンセス号の画像。
02/23(日)
(TBSテレビ[サンデーモーニング])
1月18日の屋形船での新年会に参加したタクシー運転手の男性は、今月14日に保健センターで検査を受けたものの症状がないため乗務を続けていた。
ところがこの男性をTBSの情報番組ディレクターが取材していた時、保健所から感染しているとの連絡があった。
感染が判明した男性は現在入院しているが発熱などの症状はない。
感染者が自覚のないまま感染を広げる懸念について、医療ガバナンス研究所・上昌広理事長は「厚生労働省の方針で重症の患者しか検査できない。
感染防御の点からいっても症状の軽い人が普段通りに行動して周囲にうつしてしまう。
検査ができない状態が問題」と指摘。
新型コロナウイルスをめぐっては今、感染ルートが分からない市中感染が広がっている。
北海道・中富良野町では21日、同じ小学校に通う兄弟の感染が判明。
そして22日、千葉市は市立中学校勤務の女性教員(60代)の感染を発表した。
この教員は12日に風邪と診断され、一時38度以上の高熱があったものの19日まで出勤。
きのうはほかにも全国で25人の感染者が判明しているが、そのほとんどが渡航歴はなく感染経路が不明。
市中感染が広がる中、多くの人が集まるイベント開催について加藤勝信厚労相は「感染拡大の防止という観点から、開催の必要性を改めて検討していただくようお願いしたい」と述べ、一律の自粛要請を行うものではないとしているが、すでにイベントの中止や縮小が相次ぐなど様々なところに影響が広がっている。
法政大学総長・田中優子「入試はインフルエンザのルールを使って乗り切ったが、その次に検討が必要なのが卒業式と入学式をやるかどうか。
もっと心配なのは新学期が始められるかどうか」、元外務事務次官・立命館大学客員教授・藪中三十二「対外説明が少なかった、厚労省は手いっぱいだったと思うが」、大阪大学非常勤講師・谷口真由美(日本ラグビーフットボール協会理事)「テレビシステムを用いてイベント等ができないものか」、松原耕二「なぜ民間など検査ができる対象を増やさないのか」のスタジオコメント。
熊本県、北海道、和歌山県の会見映像。
船、英語に言及。
02/23(日)
(TBSテレビ[サンデーモーニング])
感染拡大が続く新型コロナウイルスについて。
国内で確認された感染者は14都道府県で115人(北海道17人、東京30人、千葉9人、神奈川16人、愛知15人、三重1人、奈良1人、和歌山13人、熊本3人、福岡2人、大阪1人、京都2人、石川2人、沖縄3人)、厚労省職員など5人、チャーター便15人、クルーズ船635人を含めて計770人。
寺島実郎「初期対応がどうだったのか。
ダイヤモンドプリンセスは英国籍で運営は米国の会社。
留め置きについて米国の判断を優先させたという情報が流れていた」とスタジオコメント。
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  営業マン横道日記
最新の画像  営業マン横道日記
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組