JCCテレビすべて
最新のTV情報
2020年01月20日(月)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/12/05
BS1 【キャッチ!世界のトップニュース】
<米国・ABC>米国・ウクライナ疑惑“弾劾訴追すべきか”議会下院で公聴会

Globali 海外メディア
関連動画
【日曜安全保障】 過熱する「極超音速兵器」競争 (再生)
日本を取り巻く安全保障問題を、わかりやすく深堀りしていく「日曜安全保障」。「イランがウクライナ機...で極超音速兵器競争に突入?!」竹内友佳キャスター「先週、イランがウクライナ機を誤って撃墜したことを認め、その瞬間をとらえたとする新たな映像をニューヨーク・タイムズが公開しました。アメリカ側は、かなり早い段階でこの状況を把握していたようですね」能勢伸之解説委員「これはイランが誤射したのと同型の『Tor-M1 自走地対空ミサイルシステム(ロシア製)』の映像なんですが、無人砲塔の上で回っているレーダーが標的を探して見つけると、砲塔が回転して別のレーダーで標的を追尾する。砲塔に対空ミサイルの垂直発射機もあるんですね。このミサイルは発射後、標的の方へ向くと、高度わずか10メートルから6kmで標的を仕留める。アメリカは早期警戒情報などで、イランが『Tor-M1』からミサイルを発射し、ウクライナ機を撃墜したことをわかっていた。そのうえで、トランプ大統領はイラン側に軍事制裁ではなく、経済制裁を科すと発表したんですね」竹内友佳キャスター「あわや戦争かと緊張が走りましたよね」能勢伸之解説委員「そうでしたね。でも、その一方で、トランプ大統領はこの会見の中で、『極超音速ミサイルを大量に生産中だ』とも豪語したんです」竹内友佳キャスター「突然すぎてビックリなんですが、極超音速ミサイルといえば、マッハ10とか20以上の速さもさることながら、くねくねと複雑な飛び方をするので、今ある弾道ミサイル防衛が役に立たない最新兵器と、このコーナーでも何度か紹介してきました。これに関しては、ロシアや中国より後れをとっていたと言われるアメリカが、急に大量生産できるんですか?」能勢伸之解説委員「実はアメリカは、『B-52H戦略爆撃機』に『ARRW極超音速ミサイル』のプロトタイプの搭載試験をしている映像を公開していたんです。翼の下の白いモノがそうなんです」竹内友佳キャスター「アメリカも、極超音速ミサイル開発に本腰を入れ始めたという感じなんでしょうか?」能勢伸之解説委員「慌てている感じも否めないですけどね。これに対して、ロシアのプーチン大統領は15日、核兵器開発をめぐり、『ほかの主要国はわれわれに追いついていない』と余裕の発言でした。実際、ロシアは去年の終わりに核弾頭を取り付けた『アバンガルド極超音速滑空体』を、大陸間弾道ミサイル(ICBM)『SS-19』の先端に搭載しているんです。アバンガルドの核の威力は、2メガトン(200万トン)とされていますが、広島の原子爆弾が1万5 000トン級なので、100倍以上の破壊力ということになりかねない。さらにロシアは爆撃機などから発射する極超音速ミサイルも開発・生産しています」竹内友佳キャスター「このままだと、世界の平和が遠のいていくんじゃないかと心配になりますね」能勢伸之解説委員「来年2月にアメリカとロシアの間で約束した、戦略兵器削減条約・新STARTが期限を迎える。この条約をそのまま延長するのか。新しい条約を作って極超音速兵器に規制を加えるのか。中国も巻き込んで、軍事大国のにらみ合い、鞘(さや)当てが激しくなりそうですね」(2020/01/19)プライムオンライン://www.fnn.jp/チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

米とイラン トップが批判合戦 (再生)
アメリカのトランプ大統領は17日、対立するイランの最高指導者ハメネイ師に対し、「口の利き方に気をつけた方がいい」と、警告しました。トランプ大統領は、ツイッターの書き込みで、「欧米に不快な発言をするイランの最高指導者は最近『最高』ではない」と批判した上で、「口の利き方に気をつけた方がいい」と、警告しました。一方、ハメネイ師は17日、8年ぶりに行われた金曜礼拝で、「アメリカの道化師はイラン国民の味方だとうそをついている」と批判しました。保守強硬派の反米感情をあおる狙いがあるとみられます。◆「ワールドビジネスサテライト」「ガイアの夜明け」などが見放題!「テレビ東京ビジネスオンデマンド」はコチラ↓(入会月無料)://txbiz.tv-tokyo.co.jp/info/lp/?utm_source=youtube&utm_medium=meta◆毎日ニュースを更新中!チャンネル登録:https://www.youtube.com/channel/UCkKVQ_GNjd8FbAuT6xDcWgg/featured?sub_confirmation=1b1◆公式SNSでも番組を配信中!公式ツイッター:https://twitter.com/tx_news:https://twitter.com/wbs_tvtokyoモーサテ:https://twitter.com/ms_tvtokyoガイアの夜明け:https://twitter.com/gaia_no_yoakeカンブリア宮殿:https://twitter.com/cambrian_palace池上彰の報道特番:https://twitter.com/tx_ikegami◆「テレビ東京ビジネスオンデマンド」アプリをダウンロード:https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=5Za4ADfP&ai=a5dce989886bfe:https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=5Za4ADfP&ai=a5dce98c81f4a9

旅客機撃墜「つらい悲劇」 イラン・ハメネイ師(20/01/18) (再生)
イランの最高指導者・ハメネイ師が演説し、ウクライナ機の撃墜を「つらい悲劇」と述べる一方、アメリカなどが「撃墜問題を利用している」と厳しく批判しました。 ハメネイ師は17日、イスラム教のモスクでの金曜日の礼拝で8年ぶりに演説し、革命防衛隊が誤ってウクライナの旅客機を撃墜した問題を「つらい悲劇で、再発防止に必要な措置を講じる必要がある」と述べました。一方で、「敵はこの問題を利用して革命防衛隊の弱体化を狙っている」と強調し、アメリカなどを厳しく批判しました。イラン国内では反政府デモが続いて指導部の求心力が低下するなか、ハメネイ師は団結を呼び掛けて批判の矛先をアメリカに向けたい考えです。また、ハメネイ師は核合意の崩壊につながる可能性がある紛争解決手続きを発動したイギリス、フランス、ドイツの3カ国を「アメリカのしもべで信頼できない」と非難しました。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp
関連記事
01/19(日)
(BS-TBS[サンデーニュース Bizスクエア])
米国・トランプ大統領は、米中貿易交渉の合意署名式に農家を支持基盤とする議員や企業の経営者らを招き演説。
再選に向け接戦が予想される中、農家やエネルギー産業など強い支持層に実績を誇示。
その一方で、野党民主党・ペロシ下院議長は「大統領は法を超越した存在ではない。
彼は責任を問われる」と述べ、米国議会下院はトランプ大統領のウクライナ疑惑をめぐって上院に弾劾訴追決議を送付。
今月21日にも史上3人目の弾劾裁判の審議が始まる見通し。
実際に罷免される可能性は低いとみられている。
エスカレートを続けてきた米中貿易戦争は、今後も大統領選で再選を目指すトランプ大統領によって左右されるとみられ、長期化は避けられそうにない。
米国・ウィスコンシン州、中国・習近平国家主席の映像。
経済、賃金、貧困、犯罪について言及。
01/19(日)
(BS1[BSニュース])
米国雨・トランプ大統領はウクライナ疑惑をめぐり、自らの政治的利益の為にウクライナに圧力をかけた“権力濫用”と、議会による調査を妨害した“議会妨害”があったとして弾劾訴追された。
今月21日から、大統領を罷免するかどうかを判断する弾劾裁判の実質的な審理が、議会上院で始まる。
これを前に18日、トランプ大統領の弁護団が反論する文書を発表した。
文書では「公開されたウクライナの大統領との電話会談の内容や関係者の話などから、大統領の行動に法的な問題がなかったことは明らか」と主張している。
そのうえで「これは2016年の大統領選挙の結果を覆し、2020年の大統領選挙に干渉しようとする恥知らずで違法な企て」だとして「弾劾訴追は野党・民主党が政治的な目的で進めてきたもので、無効だ」と批判。
弾劾裁判で無罪を主張し、徹底的に争う構えを示した。
米国オハイオ州の映像。
01/19(日)
(NHK総合・東京[NHKニュース])
米国・トランプ大統領はウクライナ疑惑を巡りみずからの政治的利益のためにウクライナに圧力をかけた権力乱用と議会による調査を妨害した議会妨害があったとして弾劾訴追された。
今月21日から米国議会上院で大統領を罷免するかどうかを判断する弾劾裁判の実質的な審理が始まる。
これを前にトランプ大統領の弁護団は18日、反論する文書を発表。
文書では公開されたウクライナの大統領との電話会談の内容や関係者の話などから「大統領の行動に法的な問題がなかったことは明らかだ」と主張。
そのうえで「これは2016年の大統領選挙の結果を覆し、2020年の大統領選挙に干渉しようとする恥知らずで違法な企てだ」として、「弾劾訴追は野党民主党が政治的な目的で進めてきたもので無効だ」と批判。
弾劾裁判で無罪を主張し、徹底的に争う構えを示した。
本日の「キャッチ!世界のトップニュース」...
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  営業マン横道日記
最新の画像  営業マン横道日記
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組