JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年12月10日(火)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/12/05
BS朝日 【News Access】
国連責任者・非核化交渉を念頭に・北朝鮮に人権状況の改善促す

Globali 海外メディア
関連動画
北朝鮮高官が米国に警告「これ以上失うものない」(19/12/10) (再生)
北朝鮮の高官がアメリカに向けて「我々はこれ以上、失うものがない」などと警告する談話を発表しました。 談話は金英哲(キム・ヨンチョル)副委員長の名義で出されたもので、朝鮮中央通信が報じました。トランプ大統領が「敵意ある行動に出ればすべてを失う」と述べたことに触れ、「失望を隠せない」「辛抱できない老人」と辛辣(しんらつ)に批判しました。そのうえで、「我々はこれ以上、失うものがない」「勇気や知恵がなければアメリカの安全脅威が大きくなるだろう」と軍事的な挑発をほのめかして警告しました。北朝鮮は非核化交渉の期限とする年末を前にアメリカへの牽制(けんせい)を続けています。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

北朝鮮「重大実験」 大陸間弾道ミサイル前触れ?(19/12/09) (再生)
8日に北朝鮮が「非常に重大な実験」を行ったと発表しましたが、アメリカのメディアの分析で、ロケットエンジンの燃焼実験を再開させたとみられることが分かりました。 北朝鮮のメディアは東倉里(トンチャンリ)の衛星発射場で7日午後に非常に重大な実験が行われたと発表しました。アメリカCNNは今回、実験が行われた東倉里にある衛星発射場の衛星写真を分析した結果を報じました。7日と8日にかけて撮影された衛星写真には排気によって土が飛ばされた跡があると指摘しています。 実は、この施設は去年6月の米朝首脳会談でトランプ大統領がすでに取り壊されたと主張していた場所です。今回の実験は、まさにICBM(大陸間弾道ミサイル)を示唆するアメリカへのクリスマスプレゼントなのでしょうか。 一方、この人は黙っていません。北朝鮮の重大な実験の発表について直接、言及はしないものの、金委員長について強く警告しました。年末には北朝鮮が定めた非核化交渉が期限を迎えます。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

「敵意ある行動はすべて失う」トランプ氏が警告(19/12/09) (再生)
北朝鮮に対し、アメリカのトランプ大統領は「敵意ある行動に出ればすべてを失う」と警告しました。 トランプ大統領はツイッターで、金正恩委員長について「もし敵意ある行動に出れば失うものが非常に多い。実際はすべてを失う」と強く警告しました。弾道ミサイルの発射などを念頭に置いたものですが、北朝鮮メディアが衛星発射場で「非常に重大な実験」を行ったと発表したことについては直接、言及していません。トランプ大統領はさらに、「金委員長は私との特別な関係を失うことや11月の大統領選挙の邪魔をすることを望んでいない」と牽制(けんせい)しています。非核化については「NATO(北大西洋条約機構)、中国、ロシア、日本、そして、すべての世界はこの問題で一致している」と北朝鮮に譲歩するよう迫りました。また、アメリカのエスパー国防長官はFOXテレビのインタビューで「我々は常に準備ができていて、北朝鮮と戦争が起これば今夜にも勝利する」と述べ、「交渉の窓口は常に開いている」と北朝鮮に対して非核化交渉の再開を促しました。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
人気ランキング
注目番組