JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年12月15日(日)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/12/05
TBSテレビ 【あさチャン!】
中村医師・銃撃され死亡・復興支援“アフガンで尊敬”
関連動画
中村哲さんにお別れ 故郷の福岡で合同葬 (再生)
アフガニスタン東部で殺害された非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表で、医師の中村哲さん(73)の告別式が11日、福岡市の斎場で営まれ、友人や支援者らが最後の別れを惜しんだ。記事詳細://www.47news.jp/news/4308250.html

中村哲さん、福岡に帰郷 NGO「全ての事業継続」 (再生)
アフガニスタン東部で殺害された福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表の医師中村哲さん(73)の遺体が8日夕方、遺族と共に航空機で成田空港に到着、帰国した。記事詳細://www.47news.jp/news/4299916.html

中村哲さんと遺族が帰国 成田で献花、9日朝に福岡へ (再生)
アフガニスタン東部で殺害された福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表の医師中村哲さん(73)の遺体が8日午後5時半ごろ、遺族と共に航空機で成田空港に到着、帰国した。9日朝に羽田空港から福岡空港に向かう予定。ターミナルビル前では中村さんの妻尚子さん(66)や長女秋子さん(39)らがひつぎに花束を手向け、黙とうをささげた。記事詳細://www.47news.jp/news/4298743.html
関連記事
12/14(土)
(BS1[BSニュース])
文書は、米国政府の特別監察官室が18年に渡って続くアフガニスタンへの軍事作戦や復興支援に関わった政府高官や軍の幹部らに聞き取り調査した際の2000ページに渡る証言記録を米国の有力紙「ワシントンポスト」が入手し公表したもので「アフガニスタンペーパーズ」と呼ばれている。
18年前の同時多発テロ事件をきっかけに始まったアフガニスタンへの軍事作戦。
国際テロ組織「アルカイダ」の壊滅を目指すブッシュ政権は、事件の首謀者とされるオサマビンラディン容疑者をかくまっていたとして、当時のタリバン政権を崩壊させる。
オバマ政権は戦費削減のため徐々に部隊を削減するなど成果を強調してきた。
文書には多くの当局者がアフガニスタン戦略は失敗だったと認識していたことが赤裸々に記録されている。
統計データの隠蔽や改ざんが繰り返し行われていたと記録されている。
NSC(国家安全保障会議)の高官は、首都・カブールで自爆テロが発生すれば、それは武装勢力が米国軍を直接攻撃できないほど弱体化していることを示すデータとして使用されたとしている。
ワシントンポストは、NSCの高官の話として、当時のオバマ政権下でアフガニスタンに軍の部隊を増派したことが成果をあげていることを示すよう、ホワイトハウスや国防総省が現場に常に圧力をかけていたことがあると指摘している。
国防総省は、文書はいずれ公表される予定で、国民に隠蔽するつもりはなかったと釈明している。
議会下院の外交委員会は、来年の初めに文書をまとめた特別監察官を議会に呼んで公聴会を開催することを明らかにしていて、米国国内では実態の解明を求める声が強まっている。
ワシントンポストのホームページのえ映像。
米国・ブッシュ大統領(当時)、オバマ大統領(当時)のコメント。
12/14(土)
(BS1[BSニュース])
アフガニスタンでは今月、中村哲医師が殺害されるなど今も犠牲者が相次いでいる。
このアフガニスタンで米国が行ってきた軍事作戦や復興支援をめぐる内部文書を米国の有力紙が公表した。
米国政府高官らが作戦の失敗を認識していたことやデータの隠蔽や改ざんが繰り返し行われていたことが記され衝撃が広がっている。
当時のブッシュ政権は“オサマビンラディンをかくまった”としてタリバン政権を崩壊させた。
そしてオバマ政権は戦費削減のため徐々に部隊を削減するなど成果を強調してきた。
国防総省は“文書はいずれ公表される予定で国民に隠ぺいするつもりはなかった”と釈明している。
米国国内では実態解明を求める動きが強まっている。
「アフガニスタンペーパーズ」、元アフガニスタン担当上級部長・ジェフリーエッガー、現地部隊の元顧問・ボブクローリー、NSC、ワシントンポストに言及。
12/14(土)
(NHK総合・東京[ニュース7])
アフガニスタンでは今月、中村哲医師が殺害されるなど、今も犠牲者が相次いでいる。
この国で米国が行ってきた軍事作戦や復興支援を巡る内部文書が明るみに出た。
アフガニスタンペーパーズと呼ばれる。
政府高官らが作戦の失敗を認識していたことや、データの隠蔽や改ざんが繰り返し行われていたことが記され、衝撃が広がっている。
アフガニスタンペーパーズは、米国有力紙「ワシントンポスト」が入手し公表した。
米国国務省でアフガニスタン政策を担当・ジェームスドビンズ元特別代表、陸軍の情報将校として軍事作戦に関与したマイケルフリンのコメント。
18年前の同時多発テロ事件をきっかけに始まったアフガニスタンへの軍事作戦。
国際テロ組織・アルカイダの壊滅を目指すブッシュ政権は、事件の首謀者とされる“オサマビンラディン容疑者をかくまった”としてタリバン政権(当時)を崩壊させた。
オバマ政権は戦費削減のため徐々に部隊を削減し、成果を強調してきた。
NSC=国家安全保障会議の高官は、“自爆テロが発生すれば、武装勢力が米国軍を直接攻撃できないほど弱体化していることを示すデータとして使用された”としている。
元アフガニスタン担当上級部長・ジェフリーエッガー、現地部隊の元顧問・ボブクローリー、アメリカン大学・クローニン教授のコメント。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組