JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年12月09日(月)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/12/04
BS日テレ 【深層NEWS】
<辛坊たまらん!>貿易協議先送りへ・追加関税は発動か
関連記事
12/08(日)
(BS-TBS[サンデーニュース Bizスクエア])
米国・アイオワ州の選挙集会で、マイクを手にした83歳の男性が、ウクライナ企業の役員だったバイデンの息子をめぐる不正の噂について「ガスに関する何の経験もない息子をが過ぎ舎で働かせるためにウクライナに送り込んだ。
ウクライナの大統領に接近させるのが目的だった」と質問。
バイデンは「あなたはひどい嘘つきだ」と述べ、激しい言い争いののち「あなたは私に投票するには年をとりすぎだ」と述べた。
有権者にひどい嘘つきだといったことが米国メディアで話題になり、ネット上で拡散。
ニッセイ基礎研究所チーフエコノミスト・矢嶋康次がスタジオで解説。
米国・トランプ大統領、選挙戦について言及。
12/08(日)
(BS-TBS[サンデーニュース Bizスクエア])
東京財団政策研究所・柯隆主席研究員がスタジオで解説:「中国GDP成長率」(中国国家統計局より):2019年7-9月期・6.0%、「中国製造業販売担当者指数(PMI)」2019年11月・50.2ポイント、「中国がマイナスのスパイラルに陥ているような感じだろう」、「中国への追加関税“第4弾”15日発動」について。
ニッセイ基礎研究所チーフエコノミスト・矢嶋康次がスタジオで解説「米国経済は耐えられる?」「トランプ大統領でなければ米中はうまくいく?」について。
トランプ関税戦線拡大:南米・ブラジル・アルゼンチン、フランス、EU。
中国・北京、中央銀行、自動車、雇用、所得、失業率、銀行、不良債権、習近平国家主席、香港人権民主主義法、ウイグル人権法案、内政干渉、米国・トランプ大統領、ワシントン、大豆、豚肉、選挙、雇用統計、バイデン、民主党、共和党、香港・立法会について言及。
エアバスについて記載有り。
12/08(日)
(BS朝日[激論!クロスファイア])
「米国で香港人権法成立。
トランプ大統領署名の真意」。
米国「香港人権民主主義法」のポイントをフリップで紹介。
笹川平和財団上席研究員・渡部恒雄が「トランプ大統領よりも中国・習近平国家主席のほうが経済を本気でやらないとまずいと思っている。
妥協の余地はあるし、合意しないようなパフォーマンスをやっていると株価が落ちる。
トランプ大統領は株価を落としたくない」、早稲田大学教授・中林美恵子が「米国の景気が非常に良いことが分かり、雇用統計も良い。
トランプ大統領は粘るかもしれない」などスタジオコメント。
関税、米国議会、共和党、民主党、ウイグル、ラストベルト、製造業について言及あり。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組