JCCテレビすべて
最新のTV情報
2020年01月22日(水)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/12/05
テレビ朝日 【グッド!モーニング】
<ニュースまとめ>菅長官・バックアップ「行政文書でない」
関連動画
【報ステ】『桜を見る会』政治家の責任は?(20/01/21) (再生)
20日の施政方針演説で、安倍総理が『桜を見る会』をめぐる問題について触れなかったことについて、菅官房長官は21日、「来年度予算に計上していないことや、見直しの中身について具体的なことはこれから検討に入るので、演説には盛り込んでいかなかった」と説明した。『桜を見る会』をめぐっては、2011~17年までの7年間、招待者名簿が行政文書の管理簿に記載されておらず、違法な状態にあったことがわかっている。内閣府は、17日付で歴代人事課長5人を厳重注意処分。20日付で公文書管理課長を交代させる人事を発表した。一方で、政治家は責任を取っていない。自民党の二階幹事長は「役所の仕事であるわけで、細かいことが政治家にわかるわけがない。政治家にわかるわけがないことで処分するわけにはいかない」としている。国会では、22日から安倍総理の施政方針演説に対する代表質問が始まる。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

“桜を見る会”文書あった 内閣府「確認せずに・・・」(20/01/21) (再生)
「桜を見る会」に関し、「ない」とされていた文書が出てきました。 内閣府は2011年から2013年までの桜を見る会の開催要領や2014年から去年までの招待者数を記載した資料など、これまで「ない」と説明していたものを新たに国会に提出しました。内閣府側は21日午後から行われている野党の追及本部で「確認せずにないものと考えていた」と説明しました。菅官房長官は対応が不適切だったことは認めたものの、廃棄作業が滞っていたと釈明し、公文書管理法に反する取り扱いではないと強調しました。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

菅官房長官 定例会見 【2020年1月21日午後】 (再生)
菅官房長官の定例記者会見をライブで配信します。#菅官房長官◆「ワールドビジネスサテライト」「ガイアの夜明け」などが見放題!「テレビ東京ビジネスオンデマンド」はコチラ↓(入会月無料)://txbiz.tv-tokyo.co.jp/info/lp/?utm_source=youtube&utm_medium=meta◆毎日ニュースを更新中!チャンネル登録:https://www.youtube.com/channel/UCkKVQ_GNjd8FbAuT6xDcWgg/featured?sub_confirmation=1b1◆公式SNSでも番組を配信中!公式ツイッター:https://twitter.com/tx_news:https://twitter.com/wbs_tvtokyoモーサテ:https://twitter.com/ms_tvtokyoガイアの夜明け:https://twitter.com/gaia_no_yoakeカンブリア宮殿:https://twitter.com/cambrian_palace池上彰の報道特番:https://twitter.com/tx_ikegami◆「テレビ東京ビジネスオンデマンド」アプリをダウンロード:https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=5Za4ADfP&ai=a5dce989886bfe:https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=5Za4ADfP&ai=a5dce98c81f4a9
関連記事
01/22(水)
(BS1[BSニュース])
「桜を見る会」をめぐる問題で、国土交通省が内閣府に提出した推薦者名簿のうち、平成22年から6年分について公文書管理法で義務付けられている管理簿への記載を行っていなかったことが分かった。
きのう国会内で行われた野党側の会合で明らかにしたもので、公文書管理法では1年以上保存する行政文書は原則ファイルにまとめ、「行政文書ファイル管理簿」に記載し公表することが義務づけられている。
当時の担当者は記載しなかった理由について「覚えていない」などと話しているという。
一方推薦者名簿の保存期間は10年としているため文書自体は残っている。
「桜を見る会」をめぐっては内閣府の人事課長らが名簿を管理簿に記載していなかったなどとして、先週厳重注意の処分を受けている。
01/22(水)
(NHK総合・東京[ニュース・気象情報])
「桜を見る会」をめぐる問題で、国土交通省が内閣府に提出した推薦者名簿のうち、平成22年から6年分について公文書管理方で義務付けられている行政文書管理簿への記載を行っていなかったことがわかった。
国土交通省が国会内で開かれた野党側の追及本部の会合で明らかにしたもの。
公文書管理法では1年以上保存する行政文書は原則ファイルにまとめ、「行政文書ファイル管理簿」に記載して公表することが義務付けられている。
国土交通省によると当時の担当者は記載しなかった理由について「覚えていない」と話しているという。
推薦者名簿の保存期間は10年としているため文書自体は残っているという。
「桜を見る会」をめぐっては内閣府の人事課長らが招待者名簿を管理簿に記載していなかったなどとして厳重注意の処分を受けている。
01/21(火)
(テレビ朝日[報道ステーション])
施政方針演説から一夜明け、菅義偉官房長官が会見で問われたのは安倍晋三総理大臣が桜を見る会やIRをめぐる疑惑に触れなかったこと。
菅長官は「桜を見る会については来年度予算に計上していないことや、見直しの中身について具体的なことはこれから検討に入るので演説には盛り込んでいなかった」と述べた。
桜を見る会をめぐっては、2011~2017年まで招待者名簿が行政文書の管理簿に記載されておらず、違法な状態にあったことが分かっている。
内閣府は17日付で歴代人事課長5人を厳重注意処分にし、20日付で公文書管理科長を交代させる人事を発表。
政治家の責任について、自民党・二階俊博幹事長は「役所の仕事。
細かいことが政治家にわかるわけない」と述べた。
国会ではあすから安倍総理の施政方針演説に対する代表質問が始まる。
総理大臣官邸の映像。
本日の「グッド!モーニング」...
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  営業マン横道日記
人気ランキング
注目番組