JCCテレビすべて
最新のTV情報
2020年01月30日(木)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/12/05
テレビ東京 【SPORTSウォッチャー】
【プロ野球】独占・ソフトバンク千賀×楽天則本・今月中に極秘自主トレへ
関連動画
「スパイかもと思っていたが」ソフトバンク元社員 機密情報漏洩 (再生)
ソフトバンク元社員による機密情報漏洩事件で、相手側の在日ロシア通商代表部の職員が、自らの名前や職業を偽っていたことがわかった。ソフトバンクの統括部長だった荒木豊容疑者(48)は2019年2月、電話の基地局など、通信設備に関する会社の機密情報を不正に取得した疑いで送検された。荒木容疑者は、情報を在日ロシア通商代表部職員で、ロシア人スパイとみられる男に飲食店で複数回渡し、1回あたり現金数万円の報酬を受け取ったとみられている。警視庁公安部のその後の調べで、ロシア人の男は片言の日本語で氏名や職業を偽り、連絡先も告げず、次の会合の時期や場所を口頭で指定していたことがわかった。荒木容疑者は、「『ロシアのスパイかもしれない』と思っていたが、お金を貰えるので深く考えなかった」と容疑を認めているという。(2020/01/27)プライムオンライン://www.fnn.jp/チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

羽田空港で大型バスの自動運転 全日空が試験運用 (再生)
全日本空輸とソフトバンク系のSBドライブなど4社は22日から、羽田空港で電気自動車(EV)の大型バスを使った自動運転実験を開始した。今夏の東京五輪の訪日客向けに実用サービスを目指す考え。中部国際空港でも同時期の自動運転バスの実用化に向けた調整が進められているが、より実用性が高い大型バスによる空港での自動運転サービスは、国内初となる見通しという。 羽田空港の自動運転実験では、中国大手EVメーカー「比亜迪(BYD)」の57人乗り大型EVバス「K9RA」を全日空が購入し、自動運転システム開発ベンチャーの「先進モビリティ」(東京都目黒区)がセンサーやカメラを車内外に搭載するなど改造。羽田空港第2ターミナルの制限区域内の約1.9キロメートルの区間を走らせる。遠隔地から乗客の安全確認や車のドアの開閉などができるSBドライブのシステムを主に使って運転する。  全日空は、地上業務の人手不足の解消や作業負荷の軽減などを目的として、空港での自動運転車両の実験を平成30年2月から実施しており、今回が3度目。今回は走行中の車両がレーダーで感知した位置情報をあらかじめ撮影した走行経路の3次元地図と照合しながら、位置を確認する仕組みが採用された。 全日空の清水信三専務は「東京五輪まで200日を切った。世界中から注目される機会に、新技術に触れてもらえるようにしたい」と述べた。
関連ページ
気になるスポーツ


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  営業マン横道日記
人気ランキング
注目番組