JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年11月20日(水)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/11/11
テレビ朝日 【大下容子ワイド!スクランブル】
<ANN NEWS>日本でも「独身の日」・IT大手などでセール
関連動画
IT化がランチ難民を救う? 店の手間減で売上アップ (再生)
働く人のランチ難民を減らしたいと、宅配弁当の会社が頼ったのはキャッシュレス。創業55年を迎える宅配弁当サービスを取材しました。ある企業のランチタイム。社員が次々と手にしていくのは、宅配弁当。この宅配弁当、人気の訳は、価格の安さとボリュームだけではなかった。創業55年を迎える企業専門の宅配弁当業者。毎朝、取引先の企業に配達するため、4 500食の弁当を作っている。この日の献立は、とり肉の甘酢あんかけ弁当。出来上がった弁当は、東京都内を中心に、およそ500社に配達する。この宅配弁当サービスを利用する企業を訪ねると...。宅配弁当を利用する社員「きょうの弁当を注文した。今は楽天IDで決済した」オフィスの別の場所でも...。宅配弁当を利用する社員「弁当代をPayPayで払った」社員が宅配弁当をクレジットカードや電子マネーなど、キャッシュレスで注文していた。お昼前、先ほど注文した弁当が届いた。サービスを利用した社員は「事前にキャッシュレスで支払って、そのあとでここに取りに来るだけ。ここで食べるだけで、すごく楽ちん」と話した。「アイティメディア」では、キャッシュレスの注文システムが決め手となって、初めて宅配弁当サービスを導入したという。アイティメディア総務部・三成真由美さんは「弁当を食べたい人が自分で(キャッシュレスで)注文して、自分でその場で決済できるのが、わたしたち(担当者)にとっては楽だった」と話した。老舗の宅配弁当業者が、注文のキャッシュレス化を進める背景には、ある深刻な事情があった。あづま給食センター・古川直社長は「(企業側に)集計する人がいないとか、面倒な業務があるので、なかなか(宅配弁当を)導入したがらない。ITを取り入れて、そこを改善できないかと」と話した。宅配弁当の集計業務などを嫌がる企業が増え、今、弁当業界全体が落ち込んでいるのだという。従来、取引先企業からの注文は、電話かファクスで受け付けてきた。実際に届いた弁当の注文書。日付や部署ごとの発注数を、企業の担当者が手書きで書き込んでいる。この手間を省けば、再び売り上げが伸びると考えて、注文や支払いのIT化に取り組んだ。古川社長は「キャッシュレス化で売り上げは約1.3倍」と話した。システムは自社開発することでコストを抑え、店頭の価格は400円台に据え置いた。低価格とITによる便利さを武器に、シェアを巻き返したいと意気込みを見せた。古川社長は「ちまたでランチ難民と言われるくらい、昼食というのは地味だが深刻な問題。当社がITを使って、それを変えていくのがこれからの野望」と話した。(2019/11/19)プライムオンライン://www.fnn.jp/★チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

ヤフー、LINE統合合意 1億人利用、来年10月完了 (再生)
ヤフーの親会社Zホールディングス(HD)とLINE(ライン)は18日、経営統合することで基本合意した。来月に最終契約を締結し、来年10月までに統合を完了させる。両社が抱える利用者は国内で計1億人超。通販や金融、会員制交流サイト(SNS)などインターネットを通じた幅広いサービスを一手に担うIT企業が誕生する。

ヤフーとLINE経営統合へ 「ワンチーム」強調 (再生)
ヤフーとLINEが経営統合の記者会見で、お互いの企業カラーのネクタイを締め、「ワンチーム」を強調した。・出澤 剛CEO「お互いの手をとりあって、さらなる高みを目指していこう」ホールディングス・川邊健太郎CEO「対等の経営統合ということになります」ヤフーを傘下に持つZホールディングスとLINEは、2020年10月までに経営統合することで基本合意した。両社のユーザーを単純に合算すると1億人以上になり、時価総額3兆円規模の国内最大級のインターネット企業になる。しかし、海外の巨大IT企業との間には大きな差があり、その危機感が経営統合の背景にあることを説明した。今後、両社はAI(人工知能)の技術を中心に、年間1000億円以上の投資を行い、世界的な競争力を高めていく考え。(2019/11/18)プライムオンライン://www.fnn.jp/チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH
関連記事
11/20(水)
(BS1[BSニュース])
IT大手・ヤフーとLINEの経営統合について、公正取引委員会は独占禁止法上の問題がないか審査を行う方針。
特にスマートフォン決済の分野で国内のシェアが高まることや、購買履歴などの膨大なデータの扱いについて、どのような判断をするかが焦点となる。
公正取引委員会・山田事務総長は、記者会見でヤフーの持ち株会社のZホールディングスとLINEの経営統合について「一般論として、どのような事業が、どの程度競合しているのかを踏まえて判断していく」と述べ、両社からの届け出を受けたあと、独占禁止法上の問題がないか審査を行う方針を示した。
特にスマホのQRコード決済の分野では、ヤフーなどが手がける「PayPay」と「LINEPay」を合わせると利用者は、延べ5600万人に上り、国内のシェアが一気に高くなると見られる。
このため審査では、両社の統合によって競争環境をゆがめないか、また購買や決済履歴などの膨大なデータを囲い込み、他社のビジネスを妨げないかなどについて、調べるものと見られる。
11/20(水)
(BS1[BSニュース])
IT大手のヤフーとLINEの経営統合について、公正取引委員会・山田事務総長が会見で独占禁止法上の問題がないか審査を行う方針を示した。
特にスマートフォン決済の分野で国内のシェアが高まることや、購買履歴の膨大なデータの扱いについてどのような判断をするかが焦点となる。
Zホールディングス、スマホ、QRコード決済に言及。
11/19(火)
(NHK総合・東京[時論公論])
公正取引委員会の実態調査では、取引先企業が契約を一方的に変更されたとの苦情が多かったのが、楽天、アマゾン、ヤフーの順。
ネット企業側の支配力がさらに強まれば取引先企業は厳しい立場を強いられることになるかもしれない。
今回の経営統合で、述べ1億人規模の個人情報が紐付けられる可能性が出てくる。
公正取引委員会・杉本委員長は、巨大IT企業のルール案を検討中。
巨大IT企業が経営統合で狙うのは、膨大な個人情報の囲い込み。
どれだけ集めると支配的とみなされるのか、前例がないだけに難しい判断になるのは避けられない。
Zホールディングス・川邊健太郎社長はGAFAについて「最大の脅威はユーザーから支持されていること」と話した。
解説・竹田忠解説委員。
高市総務相のコメント紹介。
規制、市場に言及。
関連ページ
いま経済は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組