JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年11月14日(木)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/11/11
日本テレビ 【Oha!4】
即位祝うパレード「祝賀御列の儀」
関連動画
迎賓館の庭園 パレードのオープンカーも 無料公開へ (再生)
迎賓館の庭園が、正月三が日に無料公開される。政府は、天皇陛下の即位にともなう慶祝行事の一環として、東京・元赤坂の迎賓館の庭園を2020年の正月三が日に、無料で公開すると発表した。即位のパレード「祝賀御列の儀」で、天皇皇后両陛下が乗られたオープンカーも展示される予定。即位にともなう一連の儀式について、菅官房長官は、「国民や世界の温かい祝福のもとに、滞りなく挙行ができた。円滑な挙行にご協力いただいた国民の皆さんに厚くお礼を申し上げる」と述べた。そのうえで、「2020年4月には、立皇嗣の礼も予定されている。引き続き、準備に万全を期していく」と強調した。(2019/11/12)プライムオンライン://www.fnn.jp/チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

【360°VR】両陛下、即位祝賀パレード 沿道に11万9000人 (再生)
天皇陛下の即位を披露するパレード「祝賀御列の儀」が10日午後、皇居から赤坂御所までの約4.6キロで行われた。秋晴れの下、天皇、皇后両陛下はオープンカーに乗られ、沿道に詰め掛けた人々の祝福に笑顔で手を振って応じられた。 政府の皇位継承式典事務局は10日、同日行われたパレード「祝賀御列の儀」の沿道の奉祝者数が約11万9千人だったと発表した。平成2年11月の前回パレードは約11万7千人だった。(2019年11月10日、平河町交差点で後藤徹二撮影)(撮影機材:リコー THETA Z1 )

「祝賀御列の儀」天皇、皇后両陛下 笑顔でパレード (再生)
天皇陛下の即位を披露するパレード「祝賀御列の儀」が10日午後、皇居から赤坂御所までの約4.6キロで行われた。秋晴れの下、天皇、皇后両陛下はオープンカーに乗られ、沿道に詰め掛けた人々の祝福に笑顔で手を振って応じられた。 政府の皇位継承式典事務局は10日、同日行われたパレード「祝賀御列の儀」の沿道の奉祝者数が約11万9千人だったと発表した。平成2年11月の前回パレードは約11万7千人だった。
関連記事
11/14(木)
(TBSテレビ[ひるおび!])
今日、大嘗祭が行われる。
新天皇が一代に一度臨む伝統的な皇位継承儀式で、中でも今日行われるのは「大嘗宮の儀」。
大嘗宮は30あまりの建物で構成され、北陸、関東、東北地方から集まった腕利きの宮大工が約3ヶ月かけて建設した。
元々は皇祖神の天照大御神から伝わる収穫儀礼。
平成の大嘗祭で使用された新米は秋田県のあきたこまちで、大嘗祭で使用されたことをきっかけに全国的に知られるようになった。
今回の大嘗祭で使用される新米は京都府のキヌヒカリと栃木県のとちぎの星。
読売新聞の映像。
Google。
農産物、海産物、野菜、果物に言及。
11/14(木)
(テレビ朝日[羽鳥慎一モーニングショー])
天皇陛下の即位に合わせて行われる儀式「大嘗祭」が今夜から行われる。
今回の大嘗祭の予算は27億1900万円で宮廷費から支出。
前回(平成)よりも4億7000万円増。
去年11月、秋篠宮さまは大嘗祭について「皇室行事として行われるもので、ある意味宗教色の強い。
それを国費で賄うことが適当か。
身の丈に合った儀式にすれば良い」「費用は宮廷費ではなく内廷費で行うべき」との考えを示された。
2019年度の皇室費:「宮廷費」111億4903万円。
儀式や国賓接遇、外国訪問など皇室の公的な活動費。
「内廷費」は3億2400万円。
天皇ご一家と上皇・上皇后の私的な活動費。
「皇族費」は2億6423万円。
天皇ご一家と上皇・上皇后以外の皇族の私的な活動費。
すべて皇室費用は予算計上し国会の議決を経なければならない(憲法88条)。
宮廷費からの支出について政府は「宗教上の儀式の性格は否定できないが極めて重要な皇位継承儀式で公的性格がある」として前回の対応を踏襲。
宮内庁元職員・皇室ジャーナリスト・山下晋司、憲法学者・木村草太のスタジオ解説。
宮廷費も内廷費も国庫からの支出であることは変わりない。
大嘗祭はプライベートな宗教行事なので政府が支出することについては説明が必要。
信教の自由、最高裁判決について言及。
11/14(木)
(TBSテレビ[あさチャン!])
日曜日に行われた天皇即位を祝う祝賀パレード・祝賀御列の儀。
これに引き続き皇室ではきょう一代に一度しか行われない重要儀式「大嘗祭」が行われる。
およそ1300年前から歴代の天皇に引き継がれてきた秘中の秘の行事に迫る。
皇位継承に伴う皇室儀式の中で最も重要な儀式と言われている。
天皇陛下の主な業務としては年間1000件ほどの書類にサイン・押印をすることと国家・国民の安寧、五穀豊穣の為のお祈りをすることが挙げられる。
主要祭儀は年間約20件、その中でも重要なのが「新嘗祭」だが天皇陛下が即位して最初に行われる新嘗祭を「大嘗祭」という。
大嘗祭には占いで選ばれた特別なコメで今回は京都府と栃木県の米が選ばれた。
平成の大嘗祭で選ばれた「あきたこまち」は全国的なブランドとして有名になった。
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
人気ランキング
注目番組