JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年10月19日(土)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/10/13
テレビ朝日 【ANNニュース】
台風19号・栃木・堤防決壊の秋山川・土のう運搬・復旧作業開始
関連動画
台風被害の被災地に雨 土砂災害に再び警戒を (再生)
台風19号が関東地方を直撃し、10月18日で7日目を迎えました。土砂災害などの影響で、町内の7割以上の世帯が断水している東京・奥多摩町の被災地では、復旧作業が進められています。 気象庁によりますと、19日午後6時までの24時間に、多摩を含む東京地方の多いところで100ミリのまとまった雨が降る恐れがあります。この影響で、台風19号で記録的な雨が降った地域では、再び土砂崩れが起きる危険があります。生活道路が崩落して一部の集落が孤立している奥多摩町では、住民から不安の声が聞かれました。 土砂災害があった被災地に、今後まとまった雨が降る可能性があり、被害の拡大も懸念されます。十分な警戒が必要です。<水は引いたが…新たな問題も 東京・大田区> 台風による大雨などの影響で河川が氾濫し浸水被害があった東京・大田区では、台風から1週間がたった今も、住民は後片付けに追われています。現在、水は引いたものの、新たな問題が出ています。 台風19号による大雨は、都内の景色を一変させました。大田区田園調布の住宅街は、台風直後は完全に水につかり、入り込んだ水は翌日の夕方まで引きませんでした。今は水は引いたものの、1週間がたち、住民の間では雑菌などの繁殖が不安視されています。近くの保育園も園内に水が入り込んだ影響で除菌が間に合わず、一部の施設が使えないままです。 大規模な浸水被害が出た大田区内で、浸水被害を防ぐための排水ポンプが10時間にわたって稼働できなかったことが分かりました。 大田区によりますと、台風の接近に伴って12日午後5時ごろからポンプ車などで排水していましたが、午後7時に大田区に避難指示が出て職員を避難させたため、排水作業ができなくなったということです。大田区の松原区長は18日の会見で「今回の浸水がどうして起きたのか、原因究明したい」と述べました。<世田谷区では「土のう不足」も> 世田谷区では氾濫に備えて区が用意した土のうが不足していたことが分かりました。 区によりますと、土のうは事前に1万5000個用意されていましたが、区民が自由に使える「土のう置き場」から既に多くが持ち出されていました。このため、予備の分なども集めましたが、氾濫の可能性がある地点に十分な土のうを置くことができなかったということです。 世田谷区は対応に問題があったとして、今後、検証を進める方針です。

北陸新幹線 25日全線再開へ 車両約360億円分が被害 廃車も (再生)
北陸新幹線は、10月25日から全線で運転が再開されることになった。東日本は18日午後、復旧作業のめどが立ち、25日から全線で運転を再開すると発表した。ただ、本数を減らしての運行で、ダイヤについては、23日にも発表する予定。被害のあった車両はくわしく調査中で、廃車する可能性もあるという。一両の製造費は3億円で、およそ360億円分の車両が被害に遭ったことになり、経営への影響が懸念されている。↓記事はこちら://www.fnn.jp/posts/00425830CX/201910181626_CX_CXプライムオンライン://www.fnn.jp/チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

台風直撃から6日、復旧進む被災地に影 週末は大雨に警戒 (再生)
台風19号が関東地方を直撃して6日がたつ中、東京都内でも復旧作業が続いています。住民の不安は「次に降る大雨」です。 市内を流れる秋川が氾濫した東京・あきる野市では、護岸が流された山田地区を中心に床上浸水52件、床下浸水29件の被害が出ました。川のすぐそばにあった男性の家は、河川が氾濫して床上70センチのところまで水が流入したということです。水を吸った床はめくれ上がり、1階にあった家具や家電はほぼ全滅しました。 不安視されているのが次の週末の雨です。10月17日から降ったりやんだりを繰り返し、19日までに100~150ミリのまとまった雨が降るとみられています。気象庁はこの雨で、前回被害があった地域に土砂災害の恐れがあると注意を呼び掛けています。<被災者向け相談窓口を設置 東京・大田区> 多摩川の氾濫で浸水被害のあった大田区は、本庁舎の中に区民の相談を受け付ける窓口を設けました。 多摩川の氾濫で590件の浸水被害が出た大田区田園調布では、週末にまとまった雨が降る予報が出ているため、住民は復旧を急いでいます。この事態に、大田区は16日から区役所2階に相談窓口を開設しました。相談内容は罹災(りさい)証明書の発行やごみの回収方法のほか、被災建物の助成についての相談もあるということです。窓口では25日まで相談を受け付けます。
関連記事
10/19(土)
(日本テレビ[ウェークアップ!ぷらす])
台風19号によりきのうまでに70人が死亡、10人が行方不明となっている。
広範囲に被害が出た長野・千曲川周辺。
視聴者が撮影した映像では水は家の中にまで達していた。
栃木・足利市では車が氾濫した川に流される瞬間をドライブレコーダーが記録していた。
福島県では39の河川が氾濫し、今回の台風で最も多くの犠牲者が出た。
宮城・丸森町筆甫地区では県境の道路1本を除きすべての道路が寸断された。
長野市穂保地区、福島・本宮市、宮城・丸森町の映像。
10/19(土)
(フジテレビ[めざましどようび])
復旧作業が続く被災地。
大量のゴミが復旧を妨げる現状を取材。
台風19号の影響で約1万4000棟が浸水被害をうけた栃木県栃木市。
昨日運動公園の駐車場を利用した仮置き場には、大量の家財道具で埋めつくされていた。
栃木市では公園の敷地などをゴミ置き場として開設しているが、満杯となり既に閉鎖した場所がある。
災害ゴミは環境省の推計では、去年7月の西日本豪雨で発生した約190万tを上回る見通し。
処理には2年以上の月日がかかるとみられている。
栃木県生活環境部環境課・若菜匡央主査のコメント。
10/19(土)
(フジテレビ[めざましどようび])
避難指示(緊急)警戒レベル4:福島県南相馬市、栃木県佐野市、長野県上田市。
避難勧告・警戒レベル4:岩手県宮古市、山田町、宮城県仙台市、石巻市、福島県いわき市、栃木県足利市、鹿沼市、長野県佐久穂町、三重県熊野市。
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組