JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年10月15日(火)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/09/19
テレビ朝日 【大下容子ワイド!スクランブル】
<ANN NEWS>トランプ大統領・カリフォルニア州と対立・排ガス規制の権限取り消し

Globali 海外メディア
関連動画
米 トルコ制裁 軍も一転 残留 (再生)
アメリカのトランプ大統領は14日、シリア北部で軍事作戦を続けるトルコに対して制裁を科す大統領令を発表しました。トルコから輸入する鉄鋼製品への関税を2倍となる50%に引き上げるほか、1 000億ドル規模=およそ11兆円のトルコとの貿易交渉を直ちに停止します。トランプ大統領は声明で、「トルコが危険で破壊的な道を歩み続けるなら、トルコ経済を速やかに破壊する用意はできている」とトルコ側をけん制しました。また、ペンス副大統領は、トランプ大統領がトルコのエルドアン大統領と電話で会談し、軍事作戦の即時停止を求めたことを明らかにしました。一方、トランプ大統領は中東の過激派組織「イスラム国」の動向を監視するため、シリアからの撤収を指示していたアメリカ軍の兵士を残留させ、再び配置する意向を示しました。

米財務長官「中国 署名なければ12月に第4弾 対中制裁発動」 (再生)
アメリカのムニューシン財務長官は14日中国との貿易協議の部分合意で署名できなければ、対中制裁関税の第4弾の残り部分を発動する方針を示しました。トランプ政権は先週中国との協議で「重要な第1段階の合意に達した」とし、今月15日に計画していた制裁関税の税率引き上げを見送りましたが、12月15日に予定する関税の発動は対応を未定としていました。ムニューシン長官は南米のチリで来月開催されるAPEC=アジア太平洋経済協力会議首脳会議にあわせ、トランプ大統領と中国の習近平国家主席が正式な合意文書に署名できるよう目指す考えを示しています。

米対トルコ制裁 鉄製品の関税引き上げへ (再生)
トランプ大統領は先ほど、シリア侵攻をめぐってトルコに科す経済制裁の内容を明らかにしました。具体的にはトルコから輸入する鉄製品の関税の税率を50%に引き上げるなどとしています。近く、大統領令に署名する方針です。一方、これに先立ち、シリア国営通信は14日、アサド政権軍の部隊がシリア北部のマンビジュやタルタムルなどこれまでクルド人勢力の支配下にあった地域に入ったと報じました。「トルコの侵略行為に対抗するため」としています。13日にはクルド人勢力とシリアのアサド政権と協力しトルコに対抗することで合意していました。
関連記事
10/15(火)
(BS1[BSニュース])
トルコによるシリア北部への軍事作戦をめぐってトランプ大統領は、声明を出し、近くトルコに対し経済制裁を科す方針を明らかにした。
トルコの政府当局者などを制裁の対象にするほか、鉄鋼関税を大幅に引き上げるとしている。
トランプ大統領は「トルコの指導者たちが危険で破壊的な道を歩み続けるのであれば、速やかにトルコの経済を破壊する用意がある」と述べ、トルコをけん制した。
トルコの軍事作戦をめぐっては、トランプ政権が現地に展開していたアメリカ軍の部隊を撤退し作戦を黙認したとして国内外から批判が高まっていた。
トルコに対し厳しい姿勢をアピールするねらいがあるとみられる。
ペンス副大統領はホワイトハウスで記者団に対し、トランプ大統領がトルコのエルドアン大統領と電話会談を行い、即時停戦とクルド人勢力との交渉開始を求めたと明らかにした。
トランプ大統領はペンス副大統領に対し、近くトルコを訪問するよう指示した。
トランプ大統領は事態の打開に向けた道筋を探りたい考え。
シリア国境付近の映像。
10/15(火)
(BS1[ワールドニュース アメリカ])
不安定化したシリアとトルコの国境地域の問題。
トルコ軍と連携する民兵軍がシリア北部に進軍する一方、シリア政府軍が北進してクルド人勢力と連携。
トランプ政権は「トルコはNATOのメンバーであり、米国の味方として全ての戦争を戦ってきた。
クルド人勢力はISと戦う上での一時的な連携相手に過ぎない」としている。
トランプ大統領はトルコへの制裁を発動。
副大統領も停戦と和平交渉を呼びかけた。
オクラホマ大学・Jランディスが「間違いはイラクに侵攻し、この地域の状況をひっくり返したこと。
過去20年間中東には5兆ドル支出された。
中東諸国は至るところでロシア寄りになっている。
イスラエルはロシアと緊密な関係を築き、サウジアラビアもこれに続いた。
プーチン大統領は時の人。
米国にとっては悪い時期」とコメント。
元駐シリア米国大使・Tカトゥーフが「ロシアが重要な役割を果たしてくる。
包囲網を張りたいトルコ・エルドアン大統領はいまは制裁措置でひるむことはなく、それほど時間はかからない」とスタジオコメント。
オバマ前大統領、米軍、イラン、道路、選挙、NATO、国防総省、国家安全保障会議、サンレモ会議、同盟国、ミサイルについて言及あり。
10/15(火)
(NHK総合・東京[NHKニュース])
トルコがシリア北部への軍事作戦を続ける中、米国のトランプ大統領はトルコに対し経済制裁を科す方針を明らかにした。
軍事作戦を黙認したとして国内外から批判が高まっていることを受け、トルコに対し、厳しい姿勢をアピールするねらいがあると見られる。
トルコによるシリア北部への軍事作戦を巡ってトランプ大統領は、14日、声明を出し、トルコに対し経済制裁を科す方針を明らかにした。
具体的にはトルコの政府当局者などを制裁の対象にするほかトルコから輸入する鉄鋼への関税を大幅に引き上げるとしている。
声明でトランプ大統領は、トルコの指導者たちが危険で破壊的な道を歩み続けるのであれば、速やかにトルコの経済を破壊する用意があると述べ、トルコを強くけん制した。
トルコの軍事作戦を巡っては、トランプ政権が現地に展開していた米軍の部隊を撤退させ、作戦を黙認したとして国内外から批判が高まっていてトルコに対し厳しい姿勢をアピールするねらいがあると見られる。
また、ペンス副大統領はホワイトハウスで記者団に対し、トランプ大統領がトルコのエルドアン大統領と電話会談を行いその中で即時停戦とクルド人勢力との交渉開始を求めたと明らかにした。
トランプ大統領はペンス副大統領に対し、近く、トルコを訪問するよう指示したということで、事態の打開に向けた道筋を探りたい考え。
本日の「大下容子ワイド!スクランブル」...
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組