JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年10月15日(火)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/08/19
テレビ朝日 【大下容子ワイド!スクランブル】
<ANN NEWS>茨城・常磐道“あおり運転”男・「運転を妨害されたから」
関連動画
1万2000戸以上が断水 茨城・常陸大宮市で復旧急ぐ(19/10/15) (再生)
茨城県北部の常陸大宮市では現在も1万2000戸以上が断水しています。15日朝になって断水が解消した地域では住民らが水を使って復旧作業を始めています。 (秋本大輔記者報告) 常陸大宮市南部の町、野口では13日から15日までの2日間、断水が続きました。断水は片付け作業にも影響を及ぼしています。しかし、午前6時から断水が解消し、家族総出で片付け作業が行われています。那珂川の堤防で決壊が起こりました。それにより、この地区の多くに家に泥を含んだ大量の水が流れ込み、水の供給元となる取水場が水につかってしまいました。これにより、水が使えない状態が続いています。この断水の影響で、川の水が引いた後も泥を流すことができなかったということです。泥は時間が経つと固まるため、多くの住人が水がない復旧作業の困難さを口にしていました。常陸大宮市内では現在も1万2000戸以上が断水しています。市は10カ所ある取水場の復旧を急いでいるということです。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

過去の洪水を教訓に備えも…想定超えた浸水 茨城 (再生)
過去の洪水を教訓にしてきた茨城・水戸市。今回は、想定を超える浸水となった。茶色の泥水で、まるで湖のようになった畑。那珂川が氾濫して、大規模な浸水被害に見舞われた茨城・水戸市。日になっても、国道123号線の一部や常磐道の水戸北スマートインター付近では、建物の屋根付近まで水に漬かっていた。実家1階部分が浸水した小圷卓嘉さん(37)は「水が2メートルまで乗っちゃったので、家の中も水浸しの状況で」と話した。実家の1階部分が浸水した、小圷卓嘉さんは、浸水した時の状況について、「(13日)午前4時ごろから畳を上に上げる作業をしていて、30分後には腰くらいまで(水が)来ちゃったような状況。今回が4回目の水害で、4回の中で今回が一番ひどくて、どうしようもない状況」と話した。実は、今回浸水した一帯は那珂川と支流の藤井川や西田川に囲まれた低地で、これまで幾度も水害に見舞われてきた。年の台風10号による洪水では栃木県、茨城県あわせておよそ7 700戸が浸水。年の台風4号による洪水では、茨城県でおよそ800戸が浸水。また、2011年の台風15号による洪水でも栃木県、茨城県あわせておよそ100戸が浸水している。しかし、今回の洪水は多くの住民にとって、過去の経験を超える想定外のものだったという。避難所では、こんな声が。自宅が床上浸水した女性「昭和61年(1986年)に1回、わたしが体験したんですけど、その時は、床上70何cm押し入れの仕切りぐらい(まで)だった。それを基準に畳やタンスの引き出しとか全部上げて(かさ上げして)きた。今回は床上70cmじゃなくて180cmくらい水がきたから、教訓が想定外で全部ひっくり返っちゃって...」また、被災した男性らは、あらためて今回の被害が想定を超えたものだったと証言する。自宅が床上浸水した三田寺敏男さん(60)「5分10分の世界で逃げるだけで精いっぱいでした」自宅が床上浸水した男性「ちょっと油断してゆっくりしていたら、ちょうど1時間くらいたった時に、消防団の方が回ってきてた。声かけに。危険だから逃げろと。消防団の声があって助かった。声がけがなかったら、わたしはもしかしたら眠っちゃっていたかもしれない」プライムオンライン://www.fnn.jp/チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

全国7県の37河川、52カ所で堤防決壊 台風19号(19/10/15) (再生)
台風19号による河川の堤防の決壊は全国7つの県の37河川、52カ所に上ることが分かりました。 国土交通省によりますと、15日までに宮城、福島、新潟、長野、埼玉、茨城、栃木の7つの県で37河川、52カ所の堤防の決壊が確認されています。最も多いのは福島県で、宇田川、広瀬川、滝川など14河川の20カ所で決壊しました。また、秋山川が決壊した栃木県では合わせて8つの河川で確認されています。堤防から川の水があふれる「越水」は全国で少なくとも200以上の河川で起きたということです。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp
関連記事
10/15(火)
(フジテレビ[とくダネ!])
同じく過去の水害を教訓にしてきた茨城県水戸市。
しかし、台風19号は想定を超えるものだった。
国道の一部や常磐道のインター付近では、屋根の付近まで水が迫り近づくことができなかったが、台風の直撃から2日、避難を余儀なくされた住民たちがきのう初めて自宅に戻ることが出来た。
自宅の1階部分が完全に水没してしまったという藤田日出生。
台風が接近し、避難勧告が出された土曜日、妻と2人で避難。
きのう初めて被災した我が家を目にした。
今回浸水した一帯は、那珂川と支流の藤井川、西田川に囲まれた地域。
実は、これまでに何度も浸水被害に見舞われてきた場所。
1986年台風10号による洪水では、栃木、茨城で約7700戸が浸水。
1998年台風4号による洪水では、茨城県で約800戸が浸水。
2011年台風15号による洪水でも栃木、茨城で約100戸が浸水。
過去の教訓から被害を最小限に抑えてきた土地で、今回なぜ被害を防ぐことができなかったのか。
水戸市防災対策本部によると、13日(日)午前2時半ごろに西田川が氾濫。
当時、西田川の下流の水門を閉め、河川の水位を調節していた。
氾濫当時、水戸市に雨は降っていなかった。
藤田日出生のコメント。
茨城・水戸市の映像。
映像提供:GoogleEarth。
10/15(火)
(テレビ朝日[羽鳥慎一モーニングショー])
茨城・水戸市では市内を流れる那珂川が氾濫し大規模な浸水被害が発生。
台風19号から3日経過した今も、まだ水は引かず。
門のみが残り家が流された場所もある。
建物の屋上まで浸水した場所もあるという(コンビニ、ファミレスなど)。
救助活動の拠点・消防署も水没。
那珂川の氾濫で常磐道のETCセンターも水没。
常磐道は水戸北スマートインターチェンジからの利用は出来ず。
トラクター、道路標識、ガードレールについて言及。
Googleストリートビュー、Googleマップ。
近所の住民、後片付けをする住民のコメント。
高速道路に言及。
10/15(火)
(テレビ朝日[グッド!モーニング])
台風による大規模な冠水や河川の氾濫による犠牲者が55人に増え、行方不明者も15人にのぼっている(ANN調べ)。
宮城県丸森町では土砂崩れの通報が137件。
丸森町では一部で携帯や固定電話がつながらないため被害の全容はつかめていない。
東京・奥多摩町の日原地区で約100人が孤立状態。
日の出町で約280人が孤立。
町は自衛隊と連携し救援物資の運び込みを検討中。
また、常磐道・水戸北ICが水没したまま。
国交省によると、きのうまでで少なくとも37河川の堤防で52カ所の決壊を確認。
神奈川県相模原市で家族4人を乗せた車が崩れた道路と共に転落。
母親と長女、父親が死亡、長男が行方不明。
宮城県上空、角田市、茨城県水戸市の映像。
取材協力:KHB東日本放送。
自衛隊撮影。
本日の「大下容子ワイド!スクランブル」...
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組