JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年08月23日(金)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/08/16
TBSテレビ 【Nスタ】
台風10号・各地で被害相次ぐ・週末は今年一番の暑さも
関連動画
【北海道の天気 8/23(金)】午後も広範囲で雨に 日曜は暑すぎず寒すぎず マラソン日和に? (19/08/23 12:45) (再生)
(佐藤俊和気象予報士が解説)午前11時50分現在 北海道には2つの低気圧が近づいています。前線をともなった低気圧は太平洋側へ、もう1つは寒気をともなった低気圧で日本海側を進む見込みです。 この低気圧の影響で現在、太平洋側に広く雨雲がかかり、南西部にも活発な雨雲が点在しています。このあと、太平洋側の雨雲は東へと移動しますが根室地方では夜遅くにかけて雨が続く見込みです。また、日本海側は寒気の影響で大気の状態が不安定です。急な激しい雨、落雷にご注意ください。◆23日午後の天気と予想気温 道東や胆振中部の多いところではトータルで120ミリと雨の量が多くなるおそれがあります。土砂災害や川の増水に注意してください。日本海側も倶知安や稚内、札幌でも一時的に雷雨となる可能性があります。 気温はきのうより低い所が多く、東部は16℃くらいと10月並みでしょう。札幌はきのうとほぼ同じで22℃の予想です。◆今週末の天気 土曜日は日本海側ほど雨が降りやすく、日差しのある東部でも急な雷雨がありそうです。日曜日は道北で通り雨がありますが、その他の地域では降ってもぱらつく程度で日差しがあるかもしれません。札幌で開催される北海道マラソンは、まずまずのコンディションとなりそうです。◆週間予報 あす、帯広では一時的に気温が上がります。最高気温は27℃と、日なたでは暑く感じられそうです。火曜日は広い範囲で空気がカラッとして秋晴れとなりそうです。ただ、晴れ間は長続きせず、その後はまたぐずつく見込みです。天気が周期的に変わる見込みです。雨のたびに少しずつ秋らしくなり、季節が進んでいきそうです。

記録的猛暑のダメージ次々と…葉物野菜が高値 乳牛の搾乳量は1割ダウン 北海道 (19/08/23 11:00) (再生)
北海道は暑さも和らぎ、秋の気配が感じられるようになってきましたが、この夏の記録的な暑さで動植物に影響が出ています。中には来年を心配する声も上がっています。 8月に生い茂るはずなのに、赤く変色している木の葉。 札幌では葉が枯れて変色した街路樹があちこちで見られます。この原因は? 日本樹木医会 北海道支部 真田勝顧問:「木の葉は気孔から蒸散しているので温度が上がらないが雨が少なかった。そこに暑さが加わると葉の温度が高くなってしおれる」 記録的な猛暑となった今年の北海道。5月には佐呂間町で39.5℃と道内の観測史上一番の記録となりました。 また、札幌では7月後半から8月にかけて、68年ぶりに10日連続の真夏日。それだけでなく3日連続で最低気温が25℃を上回る熱帯夜となりました。 暑さの影響を受けたのは、木々だけではありません。 吉井庸二気象予報士:「こちらの青果店では、暑さの影響で、葉物系の野菜が品薄ということです」 今年は、7月下旬から8月上旬の高温で農作業が行えなかったことに加え、特に葉物野菜は葉が傷んでしまい、例年に比べて収穫量が減りました。 札幌市中央卸売市場の取引価格は、去年の同じ時期に比べて、ホウレンソウは約1.5倍、ニラは3倍の高値となっています。 サンQ青果 奥山善彦代表:「ホウレンソウ、小松菜、ニラ、三つ葉に関しては、仕入れることが出来ない状態で、代わりに他の青みを置いて店頭に並べているような状況が続いています。生産状況にもよるので、はっきりしたことは言えないが、1~2週間は物がない状態が続いていくのではないかと思います」 また、思わぬ害虫被害も出ているといいます。 サンQ青果 奥山善彦代表:「暖かいと日陰を探して虫も中に入ってこようとするんですよ。葉っぱをかじらない虫ならいいが、中には葉っぱをかじる虫が中に入り込んで来る」 さらに影響は動物にも…。 今川純子記者:「暑さもおさまり元気にえさを食べている牛たちですが、今年の夏は30℃を超える暑さが続き、大きな影響を受けたと言います」 暑さの影響で牛が食べるエサの量が減ったり、免疫力低下で乳房炎にかかったりして搾乳量が1割近く減少。 江別市の牧場では1日あたりの出荷乳量が1トンほど減りました。さらに今後の牧場経営にも関わる大きな心配事も考えられると言います。 Kalm角山 山崎潤統括マネージャー:「これだけ暑い時期が続くと、ものすごく繁殖に影響が出て、そもそも受精するための発情がこないとか、発情がきても妊娠までたどり着けないっていう状態があるので、牧場としての経済にも影響が出てくる。(Q.来年以降にもそういう影響が?)出てくる可能性があります」 この夏の猛暑の影響はもうしばらく続きそうです。

【北海道の天気 8/21(水)】晴れるのは日本海側だけ 暑すぎず寒すぎず 過ごしやすい日に (19/08/21 12:30) (再生)
(佐藤俊和気象予報士が解説)午前11時50分現在 こちら、現在の札幌は雲が多いながら晴れています。きょうのポイントはこちら、『天気の主役が不在?』 天気図を見ますと、季節を分ける前線は本州付近まで南下しています。また、大陸には寒気をともなう低気圧がありますが、道内に影響が出るのはあす以降となりそうです。 影の主役ははるか北にある高気圧なんです。高気圧をまわる東風の影響で、太平洋側やオホーツク海側は雲が多くなる見込みです。◆21日午後の天気と予想気温 晴れるのは日本海側だけでしょう。ただ雲の多い晴れで、旭川や富良野では夜ににわか雨がありそうです。札幌も夜は、パラっとくるかもしれません。道東や胆振地方、函館周辺では日中も雨の降る時間がある見込みです。 日本海側はきのうより3度くらい高いでしょう。札幌や旭川は25℃で2日ぶりに夏日となる予想です。道東は20℃以下ですが、きのうよりは高くなる見込みです。◆週間予報 日本海側とオホーツク海側です。あす、稚内では雨が降りやすいでしょう。金曜日から土曜日は大気の状態が不安定で、急な強い雨がありそうです。気温は平年より低めで、網走では土日ともに最高気温が20℃に届かない見込みです。 太平洋側です。こちらは雨が続くでしょう。特に金曜日は雨量が多く、風も強まる可能性があります。週末も雲が取れにくく、日差しが戻るのは来週中ごろとなりそうです。日曜日の函館は25℃まで上がる予想ですが、その他のところの最高気温は20℃前後で推移する見込みです。
本日の「Nスタ」...
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組