JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年09月18日(水)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/08/16
日本テレビ 【情報ライブ ミヤネ屋】
「トランプ大統領の圧力」イスラエルが米国議員2人の入国拒否へ

Globali 海外メディア
関連動画
サウジ攻撃イラン関与の可能性高い トランプ大統領(19/09/17) (再生)
アメリカのトランプ大統領はサウジアラビアの石油施設への攻撃について、イランが関与した可能性が高いとの見方を示しました。 トランプ大統領:「(Q.攻撃の背景にはイランが?)そのようだ。現在、調査をしている。分かり次第、知らせる」 イランが支援するイエメンの武装組織が実行を認めたサウジアラビアへの攻撃について、トランプ大統領はイランの関与に触れて「戦争はしたくない」としつつもイランへの報復の可能性を否定しませんでした。また、今月下旬の国連総会に合わせて調整が進められているとされていたイランのロウハニ大統領との会談については「予定はない」と話してイランへの経済制裁を緩和しないと明言し、これまで前向きだった姿勢をトーンダウンさせました。一方、ロウハニ大統領は「イエメンは自衛のために正当な権利を行使した」と攻撃のイランの関与には触れず、イエメン内戦の解決を改めて主張しました。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

米 対日貿易協定に署名へ (再生)
アメリカのトランプ大統領は16日、日本との関税分野をめぐる協議で合意に達し、近く貿易協定に署名すると議会に通知しました。来週、ニューヨークで開かれる国連総会に合わせて日米首脳会談を開き、署名する見通しです。同時に、デジタル貿易の分野をめぐっても協定を交わすとしています。トランプ大統領はまた、日本とより公正で互恵的な貿易を実現するため、今後「包括的な貿易協定を目指す」と意欲を示しました。

サウジ攻撃イラン関与と示唆 (再生)
サウジアラビアの石油施設に対する攻撃について、アメリカのトランプ大統領は16日、イランが攻撃に関与した事を示唆する一方、イランとの「戦争は望まない」と述べました。トランプ大統領は、石油施設の攻撃を受け、15日にツイッターで、「検証結果次第では臨戦態勢だ」と書き込み、イランへの報復措置の可能性を示唆していました。ただ、16日も「攻撃の背後にはイランがいるようだ」とした上で、「戦争は望まない」とも述べ、武力行使については、慎重な姿勢をにじませました。また、トランプ大統領は、近日中に、ポンペオ国務長官をサウジアラビアに派遣して、今後の対応について、協議することを明らかにしました。一方、イランのロウハニ大統領は16日、石油施設への攻撃について、サウジ主導の連合軍による「侵略」に対してイエメンが自衛措置を講じたと主張しました。
関連記事
09/18(水)
(テレビ東京[Newsモーニング・サテライト])
みずほ総研・安井明彦がスタジオで解説「米国・トランプ大統領はオバマ政権時代に進めていた規制の巻き戻しの勢いを強めている。
エネルギー開発に伴い発生するメタンガス規制の緩和方針を発表。
自動車の燃費規制では米国・カリフォルニア州が厳しい規制を進めることを容認していたが、報道ではきょうにも権利をカリフォルニア州から取り上げると伝えられている」「大統領選:共和党支持者に環境問題、地球温暖化問題に対する関心が高まっていない」「気候変動を最重要課題とする割合(Pew Research Center調査):民主党支持者、共和党支持者」「共和党支持者は若い人が少ない。
環境問題は若い人に関心が高い。
共和党支持者は移民問題、安全保障問題に関心がある」「地球温暖化、環境問題は来年の大統領選挙の結果によって米国の政策の行方がかなり違ってくる」。
世論、野党について言及。
09/18(水)
(BSジャパン[Newsモーニング・サテライト])
みずほ総研・安井明彦がスタジオで解説「米国・トランプ大統領はオバマ政権時代に進めていた規制の巻き戻しの勢いを強めている。
エネルギー開発に伴い発生するメタンガス規制の緩和方針を発表。
自動車の燃費規制では米国・カリフォルニア州が厳しい規制を進めることを容認していたが、報道ではきょうにも権利をカリフォルニア州から取り上げると伝えられている」「大統領選:共和党支持者に環境問題、地球温暖化問題に対する関心が高まっていない」「気候変動を最重要課題とする割合(Pew Research Center調査):民主党支持者、共和党支持者」「共和党支持者は若い人が少ない。
環境問題は若い人に関心が高い。
共和党支持者は移民問題、安全保障問題に関心がある」「地球温暖化、環境問題は来年の大統領選挙の結果によって米国の政策の行方がかなり違ってくる」。
世論、野党について言及。
09/18(水)
(テレビ東京[Newsモーニング・サテライト])
17日から米国・ニューヨークで国連総会が始まった。
一般討議や日米首脳会談なども注目だが、大きな論点は気候変動問題。
23日には国連気候行動サミットが開かれる。
米国・トランプ政権はパリ協定を離脱。
米国では温室効果ガス排出量削減などを目指す気候変動対策はどういう扱い?。
みずほ総研・安井明彦がスタジオで解説「米国・トランプ大統領のイメージが強く米国は全くやっていないような気がするかもしれないが、世論調査では気候変動に対する意識が上がっている。
ハリケーン、山火事、洪水など自然災害が2000年代と比べると2010年代は2倍以上発生」「米国世論調査・重要課題にあげる割合(Pew Research Center調査):気候変動、雇用」「20日には気候変動のための学校ストライキ。
世界中で中学生、高校生、大学生を含め行動しようというイベントがある。
ニューヨーク市はスト参加を容認。
アマゾン、マイクロソフトなど一部社員に同調する動き」「大統領選:民主党候補の気候変動対策費・サンダース、ウォーレン、バイデン、クリントン(2016年)」グリーンディールについて言及。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  営業マン横道日記
人気ランキング
注目番組