JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年09月18日(水)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/08/16
TBSテレビ 【ひるおび!】
<ひるトク!>日本批判抑え北朝鮮に秋波・韓国経済低迷で苦境か

Globali 海外メディア
関連動画
韓国法相の娘も事情聴取か (再生)
韓国の文在寅大統領の側近、曺国法相の親族による不透明な投資疑惑をめぐり、曺氏の親戚に当たる男が昨夜、横領の疑いなどで検察に逮捕されました。これを受け韓国メディアは、曺氏の妻や娘などに対する検察の捜査が強まるとの見方を伝えています。東亜日報などは、検察がすでに曺氏の娘から事情聴取したと報じているほか、妻からの事情聴取も近く行われるとしています。

拉致解決期待し大規模集会 日朝会談実現へ期待も (再生)
北朝鮮による拉致問題の解決を願う「国民大集会」が16日、東京都内で行われ、家族会代表の飯塚繁雄さん(81)は「必要なのは何とかこの問題を解決させようという意気込みだ」などと訴えた。記事詳細://www.47news.jp/news/4004210.html

安倍総理 拉致被害者の家族と面会 (再生)
日朝首脳会談で北朝鮮が、日本人の拉致を認めてから17日で17年になります。安倍総理大臣は、拉致被害者の家族と面会し、「冷静な分析の上にあらゆるチャンスを逃さない」と述べ、北朝鮮との早期の首脳会談に臨みたい考えを示しました。一方で、拉致被害者・横田めぐみさんの母親の横田早紀江さんも、父親の滋さんの体調が悪化していることを挙げて、早期の解決を訴えました。その後、行われた集会では、拉致被害者の曽我ひとみさんが登壇し、曽我さんと一緒に拉致され、今も帰国を果たせていない母親のミヨシさんへの思いを語りました。
関連記事
09/17(火)
(BS11[報道ライブ インサイドOUT])
静岡県立大学大学院・准教授・奥薗秀樹は「大陸勢力の中国とロシア、海洋勢力の米国と日本、その橋渡しになるのが、その間に位置している自分たちであるという発想」とスタジオコメント。
慶應義塾大学・准教授・礒崎敦仁は「米国との協議がうまく進まなければ、中国に頼らざる得ないところが北朝鮮には出てくる。
外交の多角化が金正恩政権のキーワード」とスタジオコメント。
資料・文在寅大統領(先月15日・光復節演説より)のコメント。
09/17(火)
(BS11[報道ライブ インサイドOUT])
静岡県立大学大学院・准教授・奥薗秀樹は「文在寅の夢ともいうべきものだと思う。
現実味のある話ではない。
若い世代であるほど、生まれた時から2つに分けているのが当たり前なので、どうしても統一しなくてはいけないという思いは低い。
文在寅政権は、鉄道の共同体をつくる。
エネルギーの共同体をつくる。
経済の共同体に持って行き、さらに進めて安全保障の多国間体制をつくるというのをロシアや中国の東北部を含めた上で構想しているのは間違いない」とスタジオコメント。
慶應義塾大学・准教授・礒崎敦仁は「北朝鮮の経済力は、金日成時代に北朝鮮だけで日本を追い越す日がくるというスローガンがあった。
経済制裁ががんじがらめにかかっている以上、北朝鮮の一般市民の生活が徐々に苦しくなっていることはまちがいない」とスタジオコメント。
資料・文在寅大統領、金正恩党委員長のコメント、国際協調(李洛淵首相、鄭義溶国家安保室長)、民族自主(廬英敏秘書室長、金鉉宗国家安保室第2次長)。
09/17(火)
(BSフジ[プライムニュース])
北朝鮮が相次いで発射している飛翔体について。
防衛省の分析によると北朝鮮のミサイルは3種類。
1つはロシアの「イスカンデル」類似の新型。
もう1つは米国の「ATACMS」に類似したもの。
さらに北朝鮮が大口径誘導多連装ロケット。
共同通信客員論説委員・元ソウル支局長・平井久志は「韓国を攻撃する能力のあるものは古いもの。
それを全てバージョンアップする要素がある。
米国に向けて短距離ミサイルを認めさせる目的もある。
北朝鮮は韓国と日本を攻撃する能力を持っていれば米国は手が出せないという認識がある」、拓殖大学大学院客員教授・武貞秀士は「米国と韓国の同盟関係のくさびを打ち込もうとしている。
韓国はさらに脅威が高まった。
GSOMIAを韓国が破棄した時も、国防部は反対した。
ところが大統領府は意見が違う。
最終決断は文在寅大統領が決める。
韓国に対する脅威が増しても、米国が心配することはない」、元国連安保理北朝鮮制裁専門家パネル委員・古川勝久は「1つの見方は北朝鮮は非核化に真剣である。
もう1つの見方は米朝交渉が決裂した時に、短距離で培ったシステムを中距離長距離に応用できるように応用している。
どちらが正しいかはわからない。
短距離だから良いというロジックは成り立たない。
トランプ大統領は朝鮮半島のことを中東程考えていない」、拓殖大学大学院客員教授・武貞秀士は「東京とワシントンの間に温度差が生じつつある発言も出てきている。
短い距離の韓国、日本を刺激するものなら米朝協議にマイナスにならないという計算がある」とスタジオコメント。
北朝鮮・労働新聞の映像。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  営業マン横道日記
人気ランキング
注目番組