JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年07月21日(日)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/06/17
テレビ朝日 【大下容子ワイド!スクランブル】
<スクランブル1>米国・イラン・対立激化…“石油”中東依存・日本の影響は

Globali 海外メディア
関連動画
イラン革命防衛隊 タンカー拿捕時の映像を公開(19/07/21) (再生)
イランの精鋭部隊「革命防衛隊」は、中東のホルムズ海峡でイギリスのタンカーを拿捕(だほ)した際の映像を公開しました。 革命防衛隊が20日に公開した映像には、イランの小型船舶がイギリスのタンカーに接近しつつ、上空のヘリコプターからは複数の兵士が甲板に降下する様子が映っています。イラン側は拿捕の理由についてタンカーがイランの漁船と衝突事故を起こした後、漁船からの救難信号を無視したためだと説明しています。事件後にイランとイギリスの外相が電話会談し、イラン側は「タンカーは航行規則に違反したため、法的手続きを踏まなければならない」と述べ、解放の要求には即座に応じない姿勢を見せています。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

報復か? イラン 英タンカーを拿捕 「調査の必要あり」と正当化 (再生)
イランが中東のホルムズ海峡でイギリスのタンカーを拿捕(だほ)し、現地をめぐる緊張は一段と高まっている。↓記事はこちら://www.fnn.jp/posts/00421138CX/201907210150_CX_CXプライムオンライン://www.fnn.jp/チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH#ホルムズ海峡 #イラン #拿捕 #FNNプライムオンライン

緊張続くホルムズ海峡 “有志連合説明会”日本も (再生)
アメリカ政府は、中東のホルムズ海峡周辺での安全確保に向けた有志連合構想について、関係各国に概要を説明した。↓記事はこちら://www.fnn.jp/posts/00421114CX/201907200809_CX_CXプライムオンライン://www.fnn.jp/チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH
関連記事
07/21(日)
(BS1[BSニュース])
ホワイトハウスのNSC(国家安全保障会議)・マーキー報道官は20日、ツイッターで「ボルトン大統領補佐官が日本と韓国を歴訪するため米国を出発した」と明らかにした。
ボルトン補佐官は日本での滞在中、太平洋戦争中の徴用をめぐる問題や日本の輸出規制などで悪化している日韓関係をはじめ、緊張が続くイラン情勢などについて日本側と意見を交わすものと見られる。
日韓関係については、米国・トランプ大統領が両国の緊張緩和に向けた仲介に意欲を示していて、ボルトン補佐官としても日米韓3か国の連携を重視する立場から日韓双方に対話による問題の解決を促すねらいがある。
対イラン強硬派として知られるボルトン補佐官は、中東・ホルムズ海峡の安全確保のため米国が検討している有志連合の構想などについても説明し、日本に参加を呼びかける可能性もある。
07/21(日)
(BS1[BSニュース])
イランの先鋭部隊「革命防衛隊」が公開した映像では、タンカーの周りを複数の小型船が取り囲んでいる。
ヘリコプターからは兵士がロープを伝って次々と降りていく。
イランの革命防衛隊は19日、ホルムズ海峡で英国のタンカーを拿捕した。
イランの海事当局は20日、漁船との衝突事故を起こしたにもかかわらず呼びかけに応じなかったためだと主張し、今後必要に応じて船員23人の取り調べを行い事故の原因を捜査するとしている。
英国・ハント外相はイラン・ザリーフ外相と電話会談し、深い失望を伝えるとともに直ちにタンカーを解放するよう求めた。
フランス外務省は「強く非難し英国との連帯を表明する」との声明を発表したほか、ドイツ外務省も「緊迫した状況をさらに悪化させる」として非難した。
イランの行動は米国が離脱したあと核合意の維持に向けて連携するヨーロッパ各国との関係を悪化させ、国際的に孤立を招くおそれも出ている。
07/21(日)
(BS1[BSニュース])
ホワイトハウスのNSC(国家安全保障会議)・マーキー報道官は20日、ツイッターで「ボルトン大統領補佐官が日本と韓国を歴訪するため米国を出発した」と明らかにした。
ボルトン補佐官は日本での滞在中、太平洋戦争中の徴用をめぐる問題や日本の輸出規制などで悪化している日韓関係をはじめ、緊張が続くイラン情勢などについて日本側と意見を交わすものと見られる。
日韓関係については、米国・トランプ大統領が両国の緊張緩和に向けた仲介に意欲を示していて、ボルトン補佐官としても日米韓3か国の連携を重視する立場から日韓双方に対話による問題の解決を促すねらいがある。
対イラン強硬派として知られるボルトン補佐官は、中東・ホルムズ海峡の安全確保のため米国が検討している有志連合の構想などについても説明し、日本に参加を呼びかける可能性もある。
本日の「大下容子ワイド!スクランブル」...
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組