JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年06月27日(木)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/06/14
BS日テレ 【月刊プロ野球!さまぁ~ずスタジアム】
これはだれでしょう?
関連動画
小4女児虐待死事件 栗原心愛さんの母親に猶予付き懲役2年6ヵ月の判決 (再生)
千葉県野田市で小学4年の栗原心愛さんが1月に自宅の浴室で死亡した虐待事件で傷害ほう助の罪に問われた母・なぎさ被告に千葉地裁は26日、懲役2年6ヵ月、保護観察付き執行猶予5年の判決を言い渡しました。裁判長は判決で父・勇一郎被告による虐待を認識しながら行政機関や警察に通報せず放置し、「救いの手を差し伸べられる唯一の存在だったが勇一郎被告に迎合した。何度も救いを求められたが目を背けた」と指摘しました。一方で「精神的に脆弱で迎合的な性格な上、夫の圧力も相当で逆らうことができなかった。積極的に虐待を望んでいたとは言えない」と執行猶予を付けた理由を述べました。

小4女児虐待死 母親に有罪判決「夫に抵抗は困難」(19/06/26) (再生)
千葉県野田市で今年1月に小学4年の栗原心愛さんが虐待されて死亡した事件で、父親(41)による虐待を手助けした罪に問われていた母親のなぎさ被告(32)に懲役2年6カ月、執行猶予5年の有罪判決が言い渡されました。 (社会部・尾崎圭朗記者報告) なぎさ被告は刑務官に連れられてゆっくりと法廷に入ってきました。判決文が読み上げられる間、終始うつむいて一点を見つめていました。千葉地裁は26日の判決で「母として監護する立場にあったにもかかわらず、暴行を制止しなかった」と指摘しました。そのうえで、「勇一郎被告の支配的立場に抵抗するのは困難だった」として懲役2年6カ月、執行猶予5年の有罪判決を言い渡しました。検察側の求刑は2年でした。判決言い渡し後、裁判長はなぎさ被告に対して「心愛ちゃんが頼るべきはあなたしかいませんでした。今回のことを振り返って反省の日々を送ってほしい」と語り掛けました。なぎさ被告は「はい」と時折うなずきながら聞いていました。一方、父親の勇一郎被告は傷害致死などの罪に問われていますが、21日に1回目の公判前整理手続きが行われたばかりで初公判の日程は決まっていません。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

小4女児虐待死事件 母親に猶予つき有罪判決(19/06/26) (再生)
今年1月に千葉県野田市で小学4年の栗原心愛さんが虐待されて死亡した事件で、夫の虐待を手助けした傷害幇助(ほうじょ)の罪に問われた母親のなぎさ被告に対して懲役2年6カ月、執行猶予5年の有罪判決が言い渡されました。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp
本日の「月刊プロ野球!さまぁ~ずスタジアム」...
関連ページ
気になる芸能・芸術


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組