JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年03月25日(月)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/03/17
BS1 【BSニュース】
文部科学省・いじめ相談でLINEと協力
関連動画
熱きミニ四駆レース SNSで広がり大人が大はしゃぎ(19/03/25) (再生)
今や年齢、性別を問わず人気の玩具となっている「ミニ四駆」ですが、先日に日本で初めての「企業対抗」レースが行われました。ある企業がツイッター上にオリジナルのミニ四駆コースを制作したと投稿したことがきっかけで、ミニ四駆好きの企業広報が「オフ会」を開催。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

目標の 4倍超 の笑顔集まる! 安平町の小学6年生が挑戦 「8000人の笑顔プロジェクト」 北海道 (19/03/12 21:30) (再生)
胆振東部地震の被害から町を元気づけるため、安平町の子どもたちが人口と同じ数の笑顔の写真を集めようと奮闘してきた「8000人の笑顔プロジェクト」。12日は活動報告会でした。目標は達成できたのでしょうか。 体育館いっぱいに貼り出されたたくさんの写真。1枚1枚が笑顔とメッセージで彩られています。 この写真を集めたのは、安平町の早来小学校の6年生26人です。 早来小学校 小泉司君:「たくさんの笑顔で、安平町を地震の前より元気な町にしたいです」 その名も「8000人の笑顔プロジェクト」。 「去年の胆振東部地震で傷ついた町を元気にしたい」、「支えてくれた人々に感謝の気持ちを伝えたい」。そんな気持ちで始めた、安平町の人口と同じ8000人の笑顔の写真を集める取り組みです。 「8000人の笑顔を集めています!」 この活動は去年11月から始まりましたが、2月時点で2500人と、写真は思うように集まりませんでした。 そこで子どもたちは、休日返上で道内各地で撮影会を実施。インターネットでも呼びかけました。 「町を元気にしたい」。その一心で頑張ってきました。 早来小学校 小泉司君:「地震が全部悲しいわけではなく、(今回の)プロジェクトができたり、これまで経験してこなかったことも経験できた」 早来小学校 冨樫忠浩教諭:「何より大人に 無謀 だと言われた数なので、それが達成できれば、自信につながりますよね」 さぁ、いよいよ報告会です。 子どもたちが必死になって写真を集めた5か月。目標の8000人は達成できたのでしょうか。 なんと目標の4倍以上! 約3万5000人の笑顔が集まりました。 道内はもちろん、海外からも届いています。 参加した児童:「努力が結果につながることが分かった。皆さんも諦めず努力し続けてください」「この先安平町は大きな壁を乗り越え、笑顔あふれる街にしたい、そして支えていきたい」 この5か月間、ひたむきに頑張り続けた子供たち。その姿は多くの大人の胸を打ちました。 保護者:「引っ込み思案だった娘が、勇気を出して声を出していた」 写真を送った人:「思いがあったら必ず届くことを教わった。安平町の未来は明るい」 文字通り、一丸となった6年1組。子供たちも先生も達成感があふれます。 小泉司君:「1万人ぐらいかなと思ったら3万人で驚いた。たくさんの成長があった」 冨樫忠浩教諭:「みんなで力を合わせて成し遂げた経験を大事にしてほしい」 「ありがとうございました!」

仲良くなれる! 子ども食堂 支えるのは地域のチカラ 見守られる ことが安心に 札幌市 (19/03/08 21:00) (再生)
子どもたちが食事をとるだけでなく、居場所にもなっている子ども食堂。 北海道内では38の市と町に130か所以上設けられています。みなさんの町にもあるのではないでしょうか。地域ぐるみで支える子ども食堂を取材しました。 札幌市豊平区平岸で月に1回開かれる、「ぴらけし・子ども食堂」。 仕事終わりのお母さんと子どもたちや、近くで商店を営む人などが一緒に夕食をとります。きょうのメニューは? 「季節とか行事、クリスマスだとか、そういうものも取り入れながらですね。お雛様の直前なので、お雛様の感じで、それでお赤飯です」 漁師さんにもらった鮭や卵のサラダなど栄養満点。そこに… 「ありがとうございます。お疲れ様です」 近くの飲食店が料理を届けてくれました。 子ども:「フライドチキン?」「チューリップ揚げ」 ぴらけし・子ども食堂は豊平区平岸にあるコミュニティFM局「FMアップル」が3年前に立ち上げました。今では週1回、無料の学習支援も行っています。 協力しているのが、地域の企業などです。約15の企業や飲食店、団体が協賛し、食材の提供や寄付で活動を支えています。 FMアップル 塚本薫放送局長:「(企業などに)本当に協力いただいて、ちょっとお願いしたら最後まで言わなくても『いいよ、いいよ』って言ってくれて、それがあるから継続できていると思います」 子ども食堂に料理を届けてくれた近くの飲食店「さっぽろグリル平岸店」。 約1年前から協力し、子ども食堂には毎回料理を1品、40人分提供しています。 さっぽろグリル平岸店 平塚徹代表:「食べ物を通じて幸せとか喜びを与えることが、僕らができるただ一つの事だと思っています。僕は出身が平岸で、生まれ育った土地がこの先もあり続けられるようになってほしい」 地域の人が集まり、見守られていることが、お母さんと子どもたちの安心につながっています。 子ども:「(Q.おいしかったのは?)お赤飯」「お友達もたくさん来て、その友達とも遊べるし、他の人も仲良くなれるから、楽しいです」 母親:「子どもたちもこの辺を一人で歩くようになったら心配なので、みんなに顔を覚えてもらったら良いなと思う。子ども食堂の人も外で会った時に声をかけてくれるので」 FMアップルの塚本さんは地域の支えも受けながら、今後も活動を続けたいと考えています。 FMアップル 塚本薫放送局長:「居場所となっているのに大人の都合で無くなったら、子どもはどうにもできない。そういう事態は避けたい」
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組