JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年02月18日(月)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/02/14
NHK総合 【首都圏ニュース845】
拉致問題解決へ“日米が緊密に連携”
関連動画
金委員長の“執事”ハノイへ 米側と会談準備か (再生)
米朝首脳会談が2月末にベトナムで行われるのを前に、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長の「執事」とも呼ばれる側近が、会談の開催地ハノイに向かった。↓記事はこちら://www.fnn.jp/posts/00412178CXプライムオンライン://www.fnn.jp/チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

中国へ追加関税も示唆 トランプ氏が“揺さぶり” (再生)
アメリカのトランプ大統領は、中国・北京で行われていた閣僚級貿易協議について「極めて順調だった」と述べ、最終的に合意できれば、中国に課している追加関税を撤廃する考えを示した。↓記事はこちら://www.fnn.jp/posts/00412176CXプライムオンライン://www.fnn.jp/チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH
関連記事
02/18(月)
(テレビ朝日[羽鳥慎一モーニングショー])
米国・トランプ大統領が「国家非常事態宣言」を発表(米国・ホワイトハウス)。
この会見の中でトランプ大統領が「安倍総理大臣がノーベル平和賞に推薦してくれた」と発言。
読売新聞の記事「ノーベル賞 トランプが依頼」を紹介。
複数の日本政府関係者によると「去年6月の米朝首脳会談後の安倍総理とトランプ大統領の会談の際、北朝鮮が核・ミサイル実験を停止したことを踏まえてトランプ大統領が安倍総理に推薦を打診」。
政府関係者によると「外交の舞台では依頼を受けて平和賞の推薦を出すことは珍しくない」。
政治ジャーナリスト・田崎史郎によると「(安倍総理の狙いについて)拉致問題や安全保障はすべてトランプ大統領頼み。
安倍総理はトランプ大統領の協力が必要なのでノーベル平和賞に推薦したのではないか」。
推薦者も推薦された人物も50年間は公表してはいけないとの決まりがある。
日本の独自外交、米国頼みの日本の外交について。
非常事態宣言の翌日、トランプ大統領は休暇を取るためメラニア夫人と別荘(米国・フロリダ州)に向かった。
スネ夫、ジャイアン、米朝首脳会談、ICBM、韓国、中国、国会、野党、軍事力について言及。
米朝首脳会談(シンガポール)の映像。
石原良純、ニューヨーク州弁護士・山口真由、玉川徹のスタジオコメント。
02/18(月)
(NHK総合・東京[おはよう日本])
米朝首脳会談で進展が期待されるのが拉致問題。
拉致被害者の家族らが活動方針を話し合う会議を開いた。
金正恩朝鮮労働党委員長へのメッセージを初めてまとめた。
「被害者全員の早期帰国が実現するなら、日朝国交正常化の妨げになるような活動はしない」としている。
踏み込んだメッセージを発信することで、金委員長の決断を促す狙い。
家族会・飯塚繁雄代表は「金委員長が日本人を帰すと決断、決裁できうる状態をどうつくっていくのか」、横田めぐみの弟・拓也は「2回目の米国と北朝鮮の首脳会談が開催される前に発表することはとても意味がある」と述べた。
東京・港区の映像。
02/18(月)
(フジテレビ[めざましテレビ])
拉致被害者の家族らが北朝鮮・金正恩委員長に向けたメッセージを公表。
メッセージでが金委員長が去年6月の米朝首脳会談で米国・トランプ大統領から安倍総理大臣の拉致問題に関するメッセージを聞いているはずと説明し、拉致被害者全員が全て帰国することを求めた上で「即時一括帰国が実現するのであれば帰って来た拉致被害者から秘密を聞き出して国交正常化に反対する意志はありません」などと強調した。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組