JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年02月18日(月)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/02/11
日本テレビ 【news every.】
レオパレス入居者は不安…・物件オーナーから怒りの声
関連動画
「レオパレス21」施工不良問題で“無料電話相談”(19/02/16) (再生)
施工不良の物件が相次いで見つかった賃貸アパート大手「レオパレス21」が住人に不当に立ち退きを求めているとして、弁護士らによる無料電話相談が行われています。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/
関連記事
02/17(日)
(BS-TBS[サンデーニュース Bizスクエア])
レオパレス21の施工不良問題。
施工不良:33都府県、1324棟、入居者1万4443人。
耐火性能不良:641棟、入居者7782人(来月末を目安に引越し要請)。
サブリース契約・30年間一括借り上げシステムについて紹介。
双日総合研究所チーフエコノミスト・吉崎達彦がスタジオで解説。
リスクを取ってはいけない人にリスクを取らせていることがあるかもしれない。
引越し業者、空き家、人口減少、住宅着工件数、アパート経営、マイナス金利、人生100年時代について言及。
02/17(日)
(BS-TBS[サンデーニュース Bizスクエア])
レオパレス21の施工不良問題。
レオパレス21オーナー向け説明会の音声(参加者提供)を紹介。
レオパレス銀座とも呼ばれる三重県の住宅地。
1人のオーナーが施工不良とは別の不安を口にした。
レオパレスは30年間、アパートを一括で借り上げ、その間の家賃支払いを保証するサブリース契約をオーナーと結び業績を伸ばしてきた。
入居者の募集から物件の管理までレオパレスが行い、オーナーはレオパレスから家賃の受け取りが保証される。
金額は経済状況や家賃相場の変動に応じ2年ごとに見直される仕組み。
オーナーは、レオパレスの経営が傾くような事態になれば、家賃支払い保証が打ち切られたり、減額されるのではないかと危惧。
不動産コンサルタント・長嶋修は「負のスパイラルに陥る可能性はある」、サブリース契約のリスクについて「人口減少、世帯数減少が進む日本で、ビジネスモデルとしては厳しいと思う。
長期のサブリース契約は成り立たない土壌にある」と述べた。
詐欺について言及。
02/17(日)
(BS-TBS[サンデーニュース Bizスクエア])
最大1万4000人以上が退去を余儀なくされる可能性が出ている賃貸住宅大手・レオパレス21の施工不良問題。
レオパレス21・深山英世社長が会見で謝罪。
建築基準法に違反する疑いがある施工不良が、33都府県、1324棟で見つかったと発表。
天井の対価性が不足する物件に住む7782人には、3月末までの引越しが要請されている。
耐火性と遮音性に問題がある素材がなぜ使われたのか。
レオパレス21・平坂弘幸対策本部責任者は「現場の判断でやった」、レオパレス21元社員は「現場は組み立てていただけ。
会社が造っている部材」と述べた。
レオパレス21オーナー向け説明会では、反発の声が上がった。
入居者、アパートのオーナーのコメント。
音声:参加者提供。
詐欺について言及。
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組