JCCテレビすべて
最新のTV情報
2018年12月14日(金)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2018/12/08
NHK総合 【ニュース7】
攻防・ロシア疑惑“魔女狩り”“ムダづかい”否定続けるトランプ大統領

Globali 海外メディア
関連動画
ロシア産業展示会 最新鋭ロボットの中に人?(18/12/13) (再生)
ロシアの産業展示会で、最新鋭モデルとして紹介されたロボットの中に人が入っていた疑惑が浮上しています。 軽快な音楽に合わせてロボットがそつなくダンスをこなしています。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

マリオット5億人情報流出 NYタイムズ「中国関与」(18/12/13) (再生)
世界最大のホテルチェーン、アメリカのマリオット・インターナショナルがサイバー攻撃を受けて最大5億人分の顧客情報が盗み出された問題で、ニューヨーク・タイムズは「中国の情報収集の一環だ」と報じました。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

紀平選手が凱旋帰国 GPファイナルで初出場優勝 (再生)
フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで平昌(ピョンチャン)冬季五輪女王のアリーナ・ザギトワ選手(ロシア)を破って初出場優勝を果たした紀平梨花(きひら・りか)選手(16)=関大KFSC=が11日、バンクーバーから成田空港に凱旋(がいせん)帰国した。記事詳細://www.47news.jp/news/3064776.html
関連記事
12/13(木)
(NHK総合・東京[ニュースチェック11])
トランプ大統領の元顧問弁護士・マイケルコーエン被告。
おととしの大統領選挙に絡んで選挙資金に関する法律に違反してトランプ大統領とかつて不倫関係にあった女性らに口止め料を支払ったほか、トランプ氏のロシアでの不動産事業について議会で虚偽の証言をしたなど合わせて9つの罪に問われていた。
ニューヨークの連邦地方裁判所は禁錮3年の判決を言い渡し、罰金などとして日本円で2億2000万円余りの支払いを命じた。
コーエン被告は、トランプ大統領の長年の腹心とも言われてきただけに、今回の判決を受けて野党・民主党がトランプ大統領への追及を強めるのは確実な見通し。
12/13(木)
(NHK総合・東京[ニュースウォッチ9])
これまで部隊の行動は陸上、海上、航空の領域が対象。
今回重点が置かれる1つが宇宙。
弾道ミサイルへの対処などに欠かせない人工衛星の安定的な運用を目指す。
相手の妨害電波を無効にする電磁波を使った対応。
併せて自衛隊の通信力の強化にもつなげる。
手口が巧妙化するネット上のサイバー攻撃への対応。
それらを組み合わせることで、防衛力を底上げするねらいがある。
背景には米国の動向がある。
日米の図上演習でもサイバー攻撃などへの対応に特に重点が置かれた。
米国陸軍第1軍団長・ギャリーヴォレスキー中将は「サイバーや電磁波をはじめ陸、海、宇宙の作戦を同時遂行することで敵に最も圧力をかけられる」と述べた。
米国・トランプ大統領は「国防総省に宇宙軍を創設するため必要なプロセスを開始するよう指令する」と述べた。
トランプ政権は2020年までに宇宙軍の創設を目指す計画。
意識するのはロシアに加えて中国の存在。
中国政府は宇宙強国を目標に掲げ、独自に宇宙ステーションの開発を進めるとしている。
偵察などに使う人工衛星はこの10年で7倍の80基以上に増加。
日米の中国に対する警戒が強まっている。
北海道・千歳市の映像。
12/13(木)
(BSフジ[プライムニュース])
中国通信機器大手をめぐる米国の動き:2月、FBIやCIAがファーウェイ、ZTE製のスマートフォンにセキュリティー上の問題を指摘。
4月、「対イラン制裁関連合意違反」としてZTEに対して米国企業からの部品調達を7年間禁止の措置、7月に措置を解除。
8月、トランプ大統領が国防権限法に署名。
米国政府機関、関連企業のファーウェイ製品使用禁止。
先月22日、同盟国に「安全保障上のリスク」があるとしてファーウェイの製品を使わないよう要求(ウォールストリートジャーナル)。
米国・ポンペオ国務長官は「中国は米国でスパイ活動をしている」と述べ、世界最大ホテルチェーン「マリオット」での5億人分の顧客情報流出は一例かと聞かれ「その通りだ。
中国は世界中でサイバー攻撃を行っている」と述べた。
今週中にも米国司法当局がハッキングしている中国人の何人かに訴追するとみられている。
ジャーナリスト・木村太郎は「あらゆる軍事行動が見えるようになる。
第5世代のネットワークでこれから一番使うのは自動運転車。
その国の動きが丸見えになってしまう」、中部大学特任教授・元経済産業省貿易管理部長・細川昌彦は「中国のサイバー攻撃の問題は前から言っている。
この問題は10年以上前から指摘されている。
米国議会も2010年に問題にした」とスタジオコメント。
フェイスブック、ロシア、中間選挙、ペンス副大統領、オバマ政権に言及。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組