JCCテレビすべて
最新のTV情報
2018年11月14日(水)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2018/11/09
日本テレビ 【スッキリ】
<クイズッス>中島健人・中条あやみ「ニセコイ」豪華キャスト集結

関連動画
映画『くるみ割り人形と秘密の王国』本編映像/ディズニーがこだわり抜いた映像世界 “バレエ映画”ではない、“映画とバレエの融合”へ (再生)
キーラ・ナイトレイ、マッケンジー・フォイら豪華キャスト陣が出演している、映画『くるみ割り人形と秘密の王国』の本編映像が解禁となった。『美女と野獣』のディズニーが、不朽の名作「くるみ割り人形」をついに映画化。時代を超えて世界中から愛され続ける物語を、ディズニーが超一流のスタッフ&キャストを結集して実写映画化した『くるみ割り人形と秘密の王国』。愛する母を亡くし、心を閉ざしたクララが迷い込んだのは、 “花の国” ”雪の国” ”お菓子の国” ”第4の国”からなる「秘密の王国」だった。プリンセスと呼ばれることに戸惑うクララだったが、やがて、危機に瀕した王国の戦いに巻き込まれていく。それは、母が遺したメッセージを探す壮大な冒険の始まりだった。果たして、クララが見つける「真実」とは? 解禁となったシーンの一部では、近年CG技術を駆使した映像が多い中で、“舞台”をイメージしたアナログな装飾をあえて盛り込み、ミスティやセルゲイらのバレエがより際立つ演出が施されている。「映画の中に、伝統的で美しいバレエを入れることは、僕たちにとって重要だった。このバレエのシーンの中で、ストーリーの一部を語ることが出来たんだ」とマークはバレエの演出で物語を描くという画期的な手法を用いたことに自信をのぞかせている。また、このシーンは主人公のクララやキーラ・ナイトレイ演じるシュガー・プラムが観劇するシーンということで、ミスティのダンスを目の当たりにしたキーラは「彼女のダンスは素晴らしかったわ。このシーン全体を撮影するのに1日12時間ほど3、4日間くらいかけていて、その中で彼女らは踊っていたの。彼女は足のあちこちに氷のパックをつけていたわ。体力、忍耐力は本当に凄かった。彼女はとても素晴らしいわ」と華やかな映像の舞台の裏ではミスティをはじめとするダンサーたちの並々ならぬ努力があったことが明かされた。原題:The nutcracker and the four realms監督:ラッセ・ハルストレム、ジョー・ジョンストン出演:キーラ・ナイトレイ、マッケンジー・フォイ、ヘレン・ミレン、モーガン・フリーマン『くるみ割り人形と秘密の王国』は11月30日より全国公開となる。【関連記事・動画】■バズにベイマックスも!超豪華カメオ出演を見逃すな!映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』特別映像://www.youtube.com/watch?v=O_wBRaNkkL8■DVD『ちいさなプリンセスソフィア/ピンクのペンダント』予告編://www.youtube.com/watch?v=CvF5xlGLBZw■ミッキー、ドナルド、グーフィー、ミニーらおなじみの仲間が総出演!/『ミッキーマウスとロードレーサーズ/ゴールをめざせ!』予告編://www.youtube.com/watch?v=_VFf61uxurc▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7

三代目JSB登坂広臣が雪の中を駆け抜ける 中条あやみは切ない涙… 感動必至の映画「雪の華」本予告公開 (再生)
★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv ダンス・ボーカルグループ「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の登坂広臣さんと女優の中条あやみさんがダブル主演する映画「雪の華」(橋本光二郎監督、2019年2月1日公開)の本予告が13日、公開された。本予告は中条さん演じる平井美雪と登坂さん扮(ふん)する綿引悠輔の初々しいデートシーンなどが収められた“涙必至”の内容になっている。さらに、ロケが行われたフィンランドで、悠輔が雪の中を駆け抜けるシーン、余命が迫る美雪が「一生分頑張った」と涙を流すシーンなども収められている。本予告と同時にポスターとムビチケのビジュアルも公開された。 撮影で雪の中を駆け抜けた登坂さんは、「過酷な撮影になりましたが、フィンランドならではの画を撮ることができました。走るシーンは、カメラが回っているときは平気だったのですが、終わってみたらめちゃめちゃ寒くて(笑い)。ただ大変だった分、すごくいいシーンになっていると思います」と自信をのぞかせている。 中条さんは、涙を流すシーンについて「自分が出演した映画を見て涙が出るのは久しぶり」と話し、撮影については「美雪は今まで演じたことがないキャラクターで難しい部分もありましたが、登坂さんはすごく優しい方で、私が悩んでいるときもいつも悠輔でいてくれたのが本当にありがたかったです」と振り返っている。 「雪の華」は、中島美嘉さんのヒット曲「雪の華」をモチーフに映画化。物語は、幼いころから病弱で、余命宣告を受けながらも憧れの地フィンランドに行くことを夢見る平井美雪(中条さん)とガラス工芸家を目指す青年、綿引悠輔(登坂さん)の東京とフィンランドを舞台にしたラブストーリー。ひったくりに遭ったことをきっかけに悠輔と出会った美雪は、真っすぐな彼に引かれていく。悠輔の働く店が危機に陥っていることを知った美雪は「私が出します、100万円。その代わり1カ月間、私の恋人になってください」と期間限定の恋を持ちかける……という展開。

登坂広臣×中条あやみ、感涙必至の純愛映画『雪の華』予告編 (再生)
登坂広臣(三代目J Soul Brothers)と中条あやみ共演で、中島美嘉の名曲「雪の華」を映画化する『雪の華』。この作品の予告編とポスタービジュアルが解禁となった。登坂が演じるのはガラス工芸家を目指す綿引悠輔(わたびき・ゆうすけ)役。不器用だがまっすぐな青年だ。中条扮する平井美雪は、余命宣告を受けながらも憧れの地、フィンランドに行くことを夢見ており、悠輔と出会って生まれて初めて恋におちる。解禁となった予告編は、「あと、どのくらい?」と尋ねる美雪(中条あやみ)に、主治医の若村(田辺誠一)が「この1年、悔いのないよう、大事に過ごして」と余命宣告をするシーンからスタート。「余命1年、私の夢──恋がしたい。」という美雪の切ない思いを表現したテロップが続いていく。そうした中、美雪はひょんなことから知り合った悠輔(登坂広臣)の働く店が危機に陥っていることを知り、100万円で1ヵ月、恋人になるという期間限定の恋を持ち掛ける。人でお弁当を食べたり、水族館でデートしたり、帰り際に相手が見えなくなるまで手を振ったりと、美雪がノートに記した「恋人としたいこと」の1つひとつがかなえられていく。初めは美雪からの提案に戸惑っていた悠輔も、彼女の無邪気でいつも前向きな人柄に触れるにつれ、少しずつ変化が生まれていく。だが、1ヵ月という時間は刻々と過ぎていく。予告編の後半で、「頑張ったんだよ、私。一生分頑張った」と美雪は母親(高岡早紀)に抱きつく。はたして、美雪の涙の訳とは。そして、最後に悠輔が叫ぶ理由とは?『雪の華』は2019年2月1日より全国公開となる。※元記事はこちら:http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=13356【関連記事・動画】■登坂広臣×中条あやみ『雪の華』、感涙必至の予告編解禁!://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=13356■[動画]『雪の華』特報://www.youtube.com/watch?v=2PE3mLy731o■[動画]『雪の華』超特報://www.youtube.com/watch?v=FVtrsVW1nK0
関連ページ
気になる芸能・芸術


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組