JCCテレビすべて
最新のTV情報
2018年10月24日(水)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2018/10/14
BS1 【BSニュース】
米国大統領・中間選挙に向け“牧師釈放”アピール


Globali 海外メディア
関連動画
トランプ大統領「ひどい隠ぺい」 サウジ対応を批判(18/10/24) (再生)
サウジアラビアの記者がトルコにあるサウジアラビアの総領事館で死亡した事件で、トランプ大統領はサウジアラビアの対応を「ひどい隠蔽だ」と批判しました。一方で、かばう姿勢も見せました。 トランプ大統領:「ひどい計画が実行された。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

記者死亡「計画された殺人」 エルドアン大統領が声明 (再生)
トルコにある総領事館でサウジアラビア人の記者が死亡した事件について、トルコのエルドアン大統領は23日、「計画された殺人だ」と明言した。↓記事はこちら://www.fnn.jp/posts/00403874CXプライムオンライン://www.fnn.jp/チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

安田純平さんの確認急ぐ トルコに政府職員を派遣(18/10/24) (再生)
シリアで武装勢力に拘束されていたジャーナリストの安田純平さんとみられる男性がトルコに出国したことを受けて、政府は現地に職員を派遣して本人確認を急ぐ方針です。 安田純平さん:「とてもひどい環境にいます。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/
関連記事
10/24(水)
(テレビ朝日[羽鳥慎一モーニングショー])
トルコ・エルドアン大統領は、サウジ側がカショギ殺害を認めたものの遺体が見つかっていないこと、遺体は地元協力者に渡して処分したとされているが地元協力者とは誰なのかということについて不信感があるとした。
また、すでに出されている情報以外にもまだ分析中の情報があるとした。
きのうエルドアン大統領が特に強調していたのは「暗殺者と言われる15人の容疑者は誰の命令を受けてきたのか」「情報機関の何人かの責任にしてはならない」「一番トップの責任者を見つけ出すべき」「命令した人まで裁かれないと納得できない」。
一方、演説中には計3分半にわたり“サルマン国王”に触れ「とても協力的でサルマン国王の誠実さを疑っていない」と述べ、さらにフルネームに敬称を付けて最大の敬意を表した。
しかしムハンマド皇太子についての言及はなかった。
国際政治学者・高橋和夫は「音声はまだ一切出していない。
エルドアン大統領はムハンマド皇太子を名指しせず、じわじわ追いつめている。
サルマン国王にどうするのかというメッセージ」、玉川徹は「ジャーナリスト殺害はとんでもないという話ではない。
1人の記者の死を駆け引きに使っているという感じ」、浜田敬子のスタジオコメント。
トランプ米国大統領について言及あり。
10/24(水)
(BS1[キャッチ!世界のトップニュース])
ロシアのプーチン統領との会談後に会見したボルトン大統領補佐官は「米国がINF全廃条約を破棄する意向であること、欧州の脅威はロシアのミサイルの存在」と述べ、条約破棄の正当性を強調した。
来月11日、米ロ首脳会談を行うことを確認した。
パトルシェフ安全保障会議書記、ラブロフ外相、ショイグ国防相と会談し、INF全廃条約を破棄したい意向を伝えた。
プーチン大統領としてはまずはトランプ大統領の意図を見極めたうえでロシアとしての方針を決めたいという考えを示した。
トランプ大統領は米国大統領選挙へのロシアの関与をめぐり与野党からロシアへの対応が甘いと批判される事態となっていた。
モスクワ、ヘルシンキの映像。
10/23(火)
(BSフジ[プライムニュース])
財政赤字と貿易赤字を抱える米国が世界経済・日本経済に与える影響について。
米国の貿易赤字。
今年2月6日の米国商務省の発表では米国のモノの貿易赤字額は総額7962億ドル。
最も多いのが中国、次にメキシコ、その次に日本。
上智大学総合グローバル学部教授・前嶋和弘は「トランプにすればこれまでの米国は間違っていたという話。
米国が貿易赤字ということはそれだけ米国が弱くなったと言っていた」、野村総研エグゼクティブエコノミスト・木内登英は「トランプ大統領は損失と言っている。
トランプ大統領はナバロ米国大統領補佐官の影響を受けている。
本当の貿易赤字の裏側には政府が不要な需要を作っていることが背景にある」、日本国際問題研究所客員研究員・津上俊哉は「通商の専門家は中国の産業政策などをやめさせないといけないと言っている。
ところがナバロやホワイトハウスで通商を牛耳っている人はそうではない。
貿易が赤字を生むこと自体が悪だと。
最近デカップリングという言葉をよく聞く。
中国はこれをすればOKということを誰も言ってくれない。
米国の国内で意見の一致がない」とスタジオコメント。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組