JCCテレビすべて
最新のTV情報
2018年10月23日(火)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2018/10/14
テレビ朝日 【ANNニュース】
南海トラフ地震を想定・日米合同の防災訓練
関連動画
【HTBニュース】泊原発で台風が接近中という想定で防災訓練 (再生)
http://www.htb.co.jp/news/北海道テレビで放送されたニュース動画です。

複合災害想定訓練 ニセコのラジオ局も参加 住民への広報に 外国人観光客向けに避難呼びかけも 北海道 (18/10/22 19:59) (再生)
原発事故と台風の複合災害を想定した初めての道の防災訓練が22日行われました。訓練では外国人を対象にした避難の他、胆振東部地震で注目されたコミュニティFMも初めて参加、住民への広報に当たりました。 涌井寛之記者:「ニセコ町の温泉ホテルです。外国人観光客向けて翻訳アプリを使って避難するよう呼びかけています」 2016年、北海道内が連続台風に襲われたことを踏まえ、今回の訓練は台風が北海道に上陸するなか、北電・泊原発から放射性物質が漏れた事態を想定して始まりました。 海外の観光客に人気のニセコ町では、ホテルに宿泊していた外国人21人に翻訳アプリを使って英語や中国語で避難を呼びかけました。 ニセコアンヌプリ温泉 湯心亭 小成由行支配人:「今回使ったメガホン型翻訳機も、非常に役立ったので、そろえても良いかな。 今のところ電話のみ。バッテリーがあるが、2~3時間しか持たないので、発電機を購入予定です」 今回初めて参加したのが、ニセコ町のコミュニティFM・ラジオニセコです。 町民に配布されている防災ラジオを強制的に立ち上げる割り込み放送を行い、原発の状況を伝えました。 胆振東部地震では、ラジオの力が改めて注目されました。 ラジオニセコは地震があった9月6日の午前4時から非常電源で生放送を行い、翌朝の午前6時まで、ライフラインの情報を伝え続けました。 放送局長 宮川博之さん:「町民から情報が入って助かったと言われ、仕事としてできたと思う。(東京でインターネットで聞いて)ニセコ町の親や兄弟の安否が分かった。良かったと言われて、本当に放送して良かったと思いました」 さらに、放送局が損傷してしまった事態を想定し、郊外にある送信所に移動。直接機材をつないで、放送する訓練も行いました。 (アナウンス):「放射線は目に見えない…」 放送局長 宮川博之さん:「ニセコに住んでよかったラジオがあってよかったと思ってもらえる放送が、私たちの務めだと思う。災害の時でも、ラジオがあって良かったと思ってもらえるには、災害に備えるのが大事だと思う」 また、土砂災害で孤立集落が発生したことも想定し、ヘリコプターを使った、住民の避難も行われました。

台風上陸中の原発事故想定 原子力防災訓練 翻訳アプリ使い外国人観光客の避難も 北海道ニセコ町 (18/10/22 12:24) (再生)
原発事故と台風の複合災害を想定した初めての北海道の防災訓練が行われています。胆振東部地震で課題となった外国人観光客の避難誘導も行われています。 涌井寛之記者:「ニセコ町の温泉ホテルです。外国人観光客に向けて、翻訳アプリを使って避難するよう呼びかけています」 2016年、道内が連続台風に襲われたことを踏まえ、訓練は台風が上陸するなか、北電・泊原発から放射性物質が漏れた事態を想定して始まりました。 ニセコ町のホテルでは、翻訳アプリを使って21人の外国人宿泊客に英語と中国語などで避難するよう呼びかけました。 また、町のコミュニティFM局も訓練に初めて参加し、町民に配布している防災ラジオを強制的に立ちあげる割り込み放送で情報提供を行っています。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組