JCCテレビすべて
最新のTV情報
2018年08月17日(金)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2018/08/13
日本テレビ 【ZIP!】
<CHECKBOX NEWS&SPORTS>【ソフトボール】上野力投・米国と大接戦
関連動画
1体をじっくり拝む幸せ、なぜ心に響く観音像 上野の「びわ湖長浜 KANNON HOUSE」 (再生)
滋賀県長浜市の住民が千年近く守り続けてきた観音像を展示する東京・上野の施設が人気だ。市が首都圏向けに開いた異色の情報発信拠点「びわ湖長浜 KANNON HOUSE」で、展示は交代で1体のみ。開設から2年4カ月で3万人が訪れた。京成上野駅の目の前、10階建てのオフィスビル1階に観音ハウスはある。70平方メートルのフロアに、長浜産ヒノキを使った3・5メートル四方の観音堂。8月26日まで、この中央のガラスケースに鎮座しているのは、長浜市高月町の浄光寺が所蔵する十一面観音立像(高さ95・7センチ)だ。室町時代の作と伝わる。像は2~3カ月に1回入れ替えられ、この像が12体目になる。 6月までは高さ約1メートルの馬頭観音立像が展示されていた。平安後期に作られたとされ、長浜市高月町の横山神社でまつられてきた。 4回目という足立区の60代の男性は「地域の人たちが必死に守ってきた情熱が伝わってくる。次は、どんな素朴な観音さまが来るのかワクワクする」と話す。 琵琶湖の北東にある長浜市には、平安時代から室町時代に作られた約130体の観音像が伝わり、「観音の里」として知られる。もとは霊山・己高山(こだかみやま)(923メートル)の山岳信仰の修行者が彫ったのが始まりとされる。戦乱などで寺が廃れても村人が小さなお堂で「村の守り本尊」としてまつってきた。戦国時代には田んぼに埋めたり、川に沈めたりして守った。だが過疎・高齢化が進み、次世代にどう伝えていくかが課題だ。 こうした観音信仰を知ってもらおうと、市は2014年、東京芸大で観音展を開いた。18体を展示したところ、21日間で約2万人が訪れた。そこで市は、観音像を中心としたアンテナショップのような情報発信拠点として、16年3月に観音ハウスを開いた。 入場は無料だ。観音像は透明なガラスケースに入っているので、360度、見回せる。 東京芸大の薩摩雅登教授(美術史)は長浜の観音像の魅力に「質の高さ」を挙げる。平安時代、仏像制作の中心だった京都に近く、すぐれた仏像が多く残る。さらに「住民の思い」も欠かせない。それぞれの集落で守ってきたため、1カ所に集まっていない。

語り継ぐ戦争 乗っていた輸送船が撃沈 死体の海から生還した上野三郎さん (再生)
1944(昭和19)年6月、2度目の召集だった。2等兵に行き先は分からない。輸送船に乗り、台湾からフィリピンへ渡る途中、明け方、警報が鳴った。 それまで日に数回鳴り、救命胴衣を着けたり外したり。今度もまた解除かな。高をくくっていたら、どかん。ものすごい衝撃がして火柱が上がった。 その時、船倉が暑くて狭いので、甲板で寝ていたんです。ところが夜露を避けるため、潜り込んでいたボートが、腹の上に落ちてきた。身動きできないのに、火が迫った。熱くてたまらない。これで死ぬのか。家族の顔が浮かんできた。 ところが、本船が傾いたのか、はしごでも落ちてきたのか、急に抜け出せた。すぐ甲板下のボートに飛び降りた。 助かった。そう思ったのもつかの間、周りが「ナタはないか」と騒いだ。本船に係留した縄が切れず、一緒に沈んでしまう。皆は次々に海へ飛び込んだ。 でも私は救命胴衣がない。ちゅうちょしていたら1人になった。合掌した。 その時、本船が横倒しになり、真っ黒な煙突がのしかかってきた。思わずボートの端に寄った。すると、別のボートが頭上から落ちてきて縄につかまった。海に引きずり込まれず、浮かべたのは、奇跡だ。     * ほかの兵隊らも乗ってきて十四、五人になったが、大波で転覆、また転覆。7、8人になった。救命胴衣を着けていても冷たくて身体が持たないんです。足とボートを縄で結び、引き離されないようにした。 明るくなると、周りは死体の海だった。夕暮れ、やっと救出されたが、その後数日間、記憶はない。     * やっと着いたフィリピンは、まだ日本が支配していた。部隊が再編成され、前線で塹壕掘りをした。 米軍上陸は翌年5月だった。艦砲射撃の1発で深さ10メートルの穴が開き、陣地は木っ端みじんだった。飛行場守備の友軍は全滅しただろう。 我々は背後の密林へ逃げた。高台から振り返ったら、敵はブルドーザーで密林を切り倒し、トラックに兵隊を乗せて迫ってきた。圧倒的な戦力の差。とてもかなわないと思った。 それでも、東京で誰かが「今晩突撃せよ」と、作戦を立てたのか。手投げ弾を7、8個、竹の先に付けて「戦車に当てて抵抗せよ」という。準備中に爆発し、分隊長が即死した。 我々は中隊長を先頭に暗闇の密林を進んだ。ところが先発隊を見失ってしまった。敵も味方も分からず、夜が明け、ちりぢりに。 その後は飢えと病気に悩まされながら逃げた。銃殺されてもいい、と投降した時は10月になっていた。 戦後は名古屋の会社に勤めた。約20年前、家族に残そうとスケッチに描いた。ピースあいちで戦争体験の語り手もした。

上野パンダ:シャンシャン、猛暑避け屋内ですくすく(提供) (再生)
上野動物園(台東区)は7日、ジャイアントパンダの子ども「シャンシャン(香香)」の最新映像を公開した。生後419日となった5日の身体検査では、体重は先月25日から0.6キロ増えて31・6キロに。気温が高いため、母親シンシンと終日、屋内の施設で過ごしている。(東京動物園協会提供)2018年8月10日公開
関連ページ
気になるスポーツ


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組