JCCテレビすべて
最新のTV情報
2018年06月24日(日)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2018/06/15
日本テレビ 【ZIP!】
<SHOWBIZ CHECKBOX>サカナクション・故郷へ
関連動画
【撮影秘話】大泉洋&宮崎あおい『あにいもうと』スペシャルトーク!!④~思い出に残っているセリフを語る~ (再生)
大泉洋&宮崎あおいスペシャルトーク!! 第4弾~思い出に残っているセリフを語る~月25日(月) よる8時 ドラマ特別企画『あにいもうと』山田洋次脚本 × 石井ふく子プロデュース兄と妹の複雑な情愛を描いた不朽の名作をドラマ化!大泉洋&宮崎あおいが兄妹役でドラマ初共演!☆番組公式サイト http://www.tbs.co.jp/aniimouto/<あらすじ>東京下町で工務店を営む赤座家。兄の伊之助(大泉洋)は、父であり棟梁の忍(笹野高史)の下で大工職人として働き、妹の桃子(宮崎あおい)は大型トラックの運転手をしている。体力仕事をしている兄妹だけあり、家の中はいつも血気盛んだ。ある日、桃子が恋人との間に出来た子を流産したことを家族に打ち明ける。相手の男の事を何一つ話そうとしない桃子に対し、伊之助が激怒。人一倍桃子を可愛がる伊之助は、居たたまれなくなり桃子を殴ってしまう。そんな行き過ぎた愛情を有難迷惑に思う桃子は反発。伊之助の腕に噛みつき、兄妹喧嘩はやがて嵐のような騒ぎとなる。翌日、桃子が家を出て行ってしまう。それから半年後、赤座家で忍の古希の祝いが開かれる。計画したのは伊之助だ。忍のお祝いは表向きの理由で、実はそれを口実に桃子を帰宅させるのが目的らしい。そのことを妹の佐知(瀧本美織)から聞かされた桃子は仕方なく帰宅することを決める。半年ぶりに家族が顔を揃える赤座家。誰もが桃子の帰りを心待ちにする中、突然、桃子の恋人だった小畑裕樹(太賀)が訪ねて来て・・・。■出演者大泉洋宮崎あおい ○瀧本美織太賀西原亜希七五三掛龍也一路真輝シャーロット・ケイト・フォックス ○笹野高史波乃久里子

大泉洋、マネジャーの一言にキレる?大谷亮平からはダメ出し 映画「焼肉ドラゴン」ヒット祈願イベント4 (再生)
★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv 映画「焼肉ドラゴン」(鄭義信監督、2018年6月22日公開)に出演する大泉洋さん、真木よう子さん、大谷亮平さん、鄭監督が6月13日、東京・新宿の赤城神社を訪れ、映画のヒット祈願を行った。 映画は、2008年に日本の新国立劇場と韓国のソウル・アート・センターがコラボして製作し、数々の演劇賞を受賞した鄭さん作・演出の舞台「焼肉ドラゴン」が原作で、万国博覧会が催された1970(昭和45)年の関西の地方都市が舞台。焼き肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木さん)、梨花(井上真央さん)、美花(桜庭ななみさん)の3姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。店は、静花の幼なじみ・哲男(大泉さん)ら常連客たちでにぎわっていた。しかし店にも時代の波が押し寄せてきて……という内容。

大泉洋、驚きの家訓披露!「食べられないかは食べて判断」 映画「焼肉ドラゴン」ヒット祈願イベント3 (再生)
★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv 映画「焼肉ドラゴン」(鄭義信監督、2018年6月22日公開)に出演する大泉洋さん、真木よう子さん、大谷亮平さんが6月13日、赤城神社(東京都新宿区)を訪れ、映画のヒット祈願を行った。映画の内容にちなみ、イベントでは自身が家訓のように大切にしていることをテーマに、トークを展開。大泉さんは「腐った食べ物を食べて判断する」と明かし、周囲を驚かせていた。 家訓を聞かれた大泉さんは「ないですよ、家訓なんて。昨日から考えていましたけど、ないですよ」と話したが、「絞り出したのは、私のおやじはとにかく物を捨てない。食べ物をもったいなくて捨てられない人だったんですよ。おやじが言っていたのは『食べられるか、食べられないかは食べて判断する』。腐っているかもしれないから食べられないかもしれないけど、それは食べて判断する!」と明かしていた。 大泉さんは父親の教えを実践しているそうで、「妻が『捨てるよ』と言っても『待ちなさい、貸しなさい』と言って食べる。食べて『うーん、腐っている』と。腐らせないことが重要ですけど、どうしても腐ってしまった物も食べてから判断しなさい。賞味期限に踊らされているんじゃないよ!」と熱っぽく語り、周囲を笑わせていた。イベントには鄭監督も参加した。 映画は、2008年に日本の新国立劇場と韓国のソウル・アート・センターがコラボして製作し、数々の演劇賞を受賞した鄭さん作・演出の舞台「焼肉ドラゴン」が原作で、万国博覧会が催された1970(昭和45)年の関西の地方都市が舞台。焼き肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木さん)、梨花(井上真央さん)、美花(桜庭ななみさん)の3姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。店は、静花の幼なじみ・哲男(大泉さん)ら常連客たちでにぎわっていた。しかし店にも時代の波が押し寄せてきて……という内容。
関連ページ
気になる芸能・芸術


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組