JCCテレビすべて
最新のTV情報
2018年06月25日(月)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2018/06/15
テレビ朝日 【グッド!モーニング】
<見逃せない!ストライクニュースまとめ>【サッカー】FIFAワールドカップ“代理対決”本田VS香川日本初戦トップ下は?
関連動画
【公式】プレーヤーズファイル:山口 蛍(C大阪) 2018FIFAワールドカップ ロシア (再生)
鋭い読みとスプリントでピンチの芽を摘み取る!2018FIFAワールドカップ ロシアに臨むJリーグ所属選手・山口 蛍(C大阪)の紹介動画を公開!ワールドカップ特集ページはこちら:https://www.jleague.jp/special/russia/2018/player/japan/yamaguchi.html

W杯に出場する選手たちがJリーグ時代に決めたスーパーゴールをプレイバック! (再生)
2018FIFAワールドカップロシアに出場中の選手たちがJリーグ時代に決めた珠玉のスーパーゴールをプレイバック!セレッソ大阪 乾貴士名古屋グランパス 吉田麻也ガンバ大阪 宇佐美貴史浦和レッズ 原口元気東京 長友佑都セレッソ大阪 香川真司

ロシアW杯:大迫決勝ヘッド 日本代表、コロンビアを撃破 (再生)
サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の日本は19日、ロシア・サランスクのモルドビア・アリーナで行われた初戦でコロンビアと対戦。後半に大迫(ブレーメン)が決勝点を挙げて2-1で勝ち、2010年南アフリカ大会以来の決勝トーナメント進出に向け、好発進した。【撮影・長谷川直亮】2018年6月20日公開
関連記事
06/25(月)
(フジテレビ[プライムニュース イブニング])
2018FIFAワールドカップの今後の動向を元日本代表ゴールキーパーの本並健治と伝える。
決勝トーナメント進出をかけて日本は現在グループHの首位に立っていて、このグループで世界ランクがもっとも高かったポーランドがグループステージ敗退となった。
1位・日本、セネガル(ともに勝ち点4)、3位・コロンビア(勝ち点3)、4位・ポーランド(勝ち点0)。
なにが起こるか分らないのがワールドカップ大会11日目のその他の結果は、グループH:コロンビア(勝ち点3)3-0ポーランド(勝ち点0)、グループG:イングランド(勝ち点6)6-1パナマ(勝ち点0)。
グループGの順位は1位・イングランド(勝ち点6)、2位・ベルギー(勝ち点6)、3位・チュニジア(勝ち点0)、4位・パナマ(勝ち点0)。
イングランドとベルギーが次の試合でグループ1位をかけて対戦する。
本並健治は「(イングランドの強さを)コーナーキック、フリーキック、PKのセットプレーが強い。
(またベルギーの強さを)フォワードのルカクがパワーもあってテクニックもある選手で格別。
日本は目先のグループリーグを突破してこの2つのチームを撃破して欲しい。
日本2-1ポーランドと予想」とスタジオコメント。
06/25(月)
(フジテレビ[プライムニュース イブニング])
2018FIFAワールドカップの最新情報を元日本代表ゴールキーパーの本並健治と伝える。
グループHの日本(勝ち点3)vsセネガル(勝ち点3)の一戦は、日本は前半11分にいきなりの失点も前半34分に乾貴士が同点ゴールを決める。
しかし後半26分にセネガルがワゲのゴールで日本を突き放す。
直後に指揮官が本田圭佑を投入したが、その本田圭佑が後半33分に同点のゴールを決め、結果試合は2対2の同点だった。
日本(勝ち点4)2-2セネガル(勝ち点4)。
試合後、乾貴士は「自信を持って振り抜きましたし、しっかり入って良かったと思います」、本田圭佑は「本音を言えば今日決めたかったが、これがW杯の厳しさだと思うのでまたポーランドの分析をしっかりしてチームで準備したと思います」とコメント。
現地・エカテリンブルクから木村拓也キャスターが「昨日はサムライの魂を見せる試合を見せてくれた日本代表だが、スタジアムを見ていてそのサムライたちを応援していたのは日本人だけではなかった。
日本人が現地の方々に日の丸のハチマキを配って、開催国ロシアを含めて多くの国のサポーターがそれをつけていた。
初戦のコロンビア戦の時は黄色1色だったが、今回は世界の人たちがこの「サムライブルー」の色に染まって応援をした。
日本代表の動向だが、ベースキャンプのカザンで練習をしていて、昨日試合に出た選手はリカバリーをして控え組がピッチに上がったととのこと。
そして明日ポーランド戦が行われるボルゴグラードへと移動する」と現地コメント。
♪2018フジテレビ系サッカーテーマ曲「カタルシスト」/RADWIMPS。
(中継)エカテリンブルク。
06/25(月)
(フジテレビ[プライムニュース イブニング])
西野朗監督の気になる素顔に迫る。
19日の日本vsコロンビア戦。
大迫が勝ち越しゴールを決めたあと、ハイタッチをしようとした西野監督だが気付かれずにスルーされてしまった。
セネガル戦では、最初の得点で吉田麻也、乾貴士と握手。
本田圭佑のゴールでは、本田から監督にハイタッチを求めた。
AFP=時事の映像。
■2018FIFAワールドカップ「日本×コロンビア」28日放送。
本日の「グッド!モーニング」...
関連ページ
気になるスポーツ


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組