JCCテレビすべて
最新のTV情報
2018年04月25日(水)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2018/04/18
フジテレビ 【めざましテレビ】
事務次官“セクハラ疑惑”財務省対応に与党からも批判
関連動画
セクハラ疑惑で揺れる狛江市で市民集会 (再生)
狛江市の高橋市長によるセクハラ疑惑を受けて、超党派の議員や市民らによる集会が開かれ、参加者からは真相解明を求める声があがりました。この問題は高橋市長が、複数の女性職員の体を触るといったセクハラを行った疑惑がもたれているというもので、市長は「性的な関心を持って職員と接したことはない」などと、完全否定しています。しかし、集会では市長のセクハラ疑惑について「加害者は市長で間違いない」とした上で市議らによる真相解明と再発防止を求める声が上がりました。「狛江・セクハラという関連で結びついてしまいました。こんなことはとても我慢できません」「ただ市長はこれを否定しています。こうした市長の言動は女性をさらにきずつけ、人権侵害であり絶対に許すことはできません」また、参加した市民からも「皆さんが考えて次に進んでいかない限りは無くならないしやってはいけないし、これは女性だけの問題ではない」「市民を馬鹿にしないでください市政は市民自信のものです」と、怒りの声が聞こえました。実行委員会は23日、約3000人分の署名を市長に提出する予定で、今後も疑惑解明について追求し市長に謝罪と辞職を求めていくということです。

セクハラ問題で辞任の福田次官 文言を変え否定続く(18/04/25) (再生)
財務省の福田前事務次官が女性記者へのセクハラ問題を報じられ、辞意を表明してから6日、24日に正式に閣議で了承されました。この間、財務省はセクハラを認めず、発言を変えて否定し続けています。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

東京・狛江市長のセクハラ疑惑 相談文書の真偽は? (再生)
東京・狛江市の高橋市長が複数の女性職員にセクハラ行為をした疑いが持たれている問題について、聞き取り調査が行われ、その報告会議が17日に開かれました。高橋市長や市の幹部が出席した会議の音声を入手しました。 まず、これまでの経緯について振り返ります。疑惑の発端となったのは、市役所内の「ハラスメント相談」の資料です。そこには『■■(黒塗り)が口を付けたグラスのお酒を飲まされて困った』『エレベーター内でお尻を触られた』など、セクハラに関する相談が書かれていました。この「加害者」とされる人物が高橋市長ではないかと市議会などで追及されましたが、高橋市長はこれを完全否定しています。 当初、高橋市長は「この文書は、担当者が想像とメモで作成した私文書である」としていました。しかしその後「公文書である」と考えを改めましたが、内容については「書いた人の記憶や伝聞で作成すると、誤りもある」として、セクハラ行為を否定しています。 そもそも、この文書は「セクハラ被害を受けた」とする職員が市の担当者に相談をして、その内容を別の職員に報告して書かれています。高橋市長がこの公文書の内容に「誤りがある」とした根拠の一つに、被害者と思われる女性から「ここに書かれている人物が私ならば、私は相談していません」と報告を受けているからとしています。つまり、ここに書かれているようなセクハラ被害を受けたとされる女性が「私は相談をしていません」と、市長に報告したということです。 その後の市の調査で、文書を書いた職員と相談した職員から聞き取り調査が行われ、その報告の会議が4月17日に開かれました。高橋市長をはじめ、市の幹部など11人が出席した会議の音声を入手しました。音声データの一部をまとめました。上田総務部長:「記述者に確認したところ、平成28年(2016年)6月ごろに聞いた内容で、その際にメモは取っていないが、記載内容は想像で書いたものではない。『報告した内容については当時、事実だったと認識していて、間違いないことと記憶している』ということだった。調査結果は以上であり、原文の内容を把握している私の見解だが、事後に申し入れがあった件を除いて、記述の全てが事実と異なるということはあり得ず、あえて事実と異なる記載をしたとは思えない」高橋市長:「いま報告の通りであれば特に問題ないと思うし、処分という話には当然ならない話だと思う。ただ、一方で、相談者と思われる人物から『相談していない内容が情報公開文書に書かれている』という相談の記録も存在しているということなので、相談者へは適切に対応してもらいたい」 この音声からは、非常に分かりにくい言い回しですが高橋市長は「この文書には、相談していない内容が書かれている」と主張しています。また、相談した人には適切に対応するように求めています。 会議の議論は、文書に書かれている「セクハラの有無」についてではなく、途中から話がすり替わり、「文書の信ぴょう性」について議論されていきます。会議の参加者:「でも、なかったと言っているんでしょ? あったと言っているわけじゃないんでしょ? なかったということに関して、その文書の真偽に関して、市の信用が失墜している。セクハラうんぬんじゃなくて。それに関しては、職員としてはどう考えているんだ?」上田総務部長:「われわれは証拠がない限り、何も言えない。ただ、引き継ぎ文書を書いた人も相談を受けた人も、事実を書いているということで信じるしかない。ただ、そのことで二次被害が起きることは問題あると思うので、これ以上の追及はしない方向で考えている」参加者:「それはちょっとおかしいですよ。それで市の文書管理が大いに否定される。ようは、虚偽の申し入れかもしれない。それで市の文書管理の在り方自体が記者会見で追及されている。セクハラうんぬんじゃなくて。市全体の文書の信頼性が損なわれているんですよ」 セクハラ疑惑の話からそれて「文書の信ぴょう性が疑われ
本日の「めざましテレビ」...
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組