JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年11月25日(土)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/11/15
フジテレビ 【THE NEWS α Pick・あすの天気】
中国・北朝鮮に特使派遣へ

Globali 海外メディア
関連動画
中朝結ぶ“友好の橋”一時閉鎖 北朝鮮の補修作業で(17/11/25) (再生)
中国東北部の丹東と北朝鮮を結ぶ鉄橋が一時的に閉鎖されることになりました。北朝鮮が橋を補修するためだということです。 中国外務省は、丹東に架かる「中朝友好の橋」を北朝鮮が補修するため、近く一時的に閉鎖されると発表しました。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

中国で輸入関税引き下げへ 国内消費戻す狙いか(17/11/24) (再生)
中国政府は、来月から食品や家電、日用品など一部の輸入関税を引き下げると発表しました。日本での「爆買い」を抑えるといった狙いがあるとみられます。 中国財政省によりますと、来月1日から187品目の平均輸入関税を17.3%から7.7%に引き下げます。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

脱北許した警備兵を処分か 秋田では漂着の8人保護(17/11/24) (再生)
秋田県内の海岸で、漂着した木造船と北朝鮮から来たと話す男性8人が見つかった。その北朝鮮では、南北の軍事境界線である変化が。 南北が対峙する板門店(パンムンジョム)からの衝撃の脱北劇。北朝鮮側は、このことを重大に受け止めたとみられる。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/
関連記事
11/24(金)
(BSフジ[プライムニュース])
中国共産党・習近平国家主席の特使として宋濤党中央対外連絡部部長が平壌を訪問。
環球時報は社説で「宋濤は魔術師ではない。
朝鮮半島情勢が緩和するか否かのカギは米朝の掌中にある」と報じた。
神田外語大学教授・興梠一郎は「環球時報は人民日報の傘下にあり、人民日報が本音で言えないところを強く言う。
中国側は期待が高まったことを負担に感じている」、共同通信社編集委員・元平壌支局長・磐村和哉は「北朝鮮は米国と中国を相手にパワーゲームをやろうとしている。
かつての中ソ対立の時代に金日成主席が中国、ソ連の対立を利用しながらやり抜いた」とスタジオコメント。
サウスチャイナモーニングポスト、米国・トランプ大統領、ツイッター、韓国、北朝鮮・金正恩委員長、核、制裁、ワシントン、大陸間弾道ミサイル(ICBM)、Jアラート、中距離弾道ミサイル「火星12型」、冷戦、核弾頭に言及。
11/24(金)
(BSフジ[プライムニュース])
今月17日~20日まで中国共産党・習近平国家主席の特使として宋濤党中央対外連絡部部長が平壌を訪問。
共同通信社編集委員・元平壌支局長・磐村和哉(1984年共同通信社入社。
ソウル支局、中国総局(北京)、平壌支局長、外信部担当部長などを経て現職。
論説委員を兼務)は「宋濤は党大会直後にラオスとベトナムをまわっている。
北朝鮮側としては米中首脳会談が終わってから、そのやり取りの報告を聞きたいということでずれた時期に平壌に入った。
17日、朝鮮労働党・崔竜海党副委員長は党大会の内容を聞いた。
18日、李洙ヨン党副委員長はカウンターパートだが写真を見ると睨んでいる。
18日の会談でおそらく米中首脳会談のやり取りを聞き、米国と中国が手を組んで潰そうとしているという受け止め方をしたのではないか」、神田外語大学教授・興梠一郎は「宋濤中央対外連絡部部長は習近平のメッセージをそのまま伝える人としては的確」とスタジオコメント。
米国・トランプ大統領、北京、経済制裁、ツイッター外交、国連安保理、香港、サウスチャイナモーニングポスト、韓国、北京に言及。
11/24(金)
(BSフジ[プライムニュース])
今月17日~20日まで中国共産党・習近平国家主席の特使として宋濤党中央対外連絡部部長が平壌を訪問。
中国が特使を送ったタイミング、特使の訪朝に対する米国の見方について聞く。
朝鮮労働党・崔竜海党副委員長、李洙ヨン党副委員長の映像。
神田外語大学教授・興梠一郎(専門は現代中国論。
1996~1999年外務省専門調査員(香港総領事館)、2002~2004年外務省専門分析員として中国の調査、研究に従事)は「いつも北朝鮮が先なのに後に持ってきたのは習近平国家主席、トランプ大統領の会談が終わった後。
北朝鮮はあまり気持ちがよくないのではないか。
従来は政治局委員が行っていたが、対外連絡部部長は格下」、笹川平和財団上席研究員・渡部恒雄(専門は外交と安全保障、米国の政治、政策など。
米国戦略国際問題研究所(CSIS)上級研究員、東京財団などを経て現職)は「トランプ大統領が中国に行き、中国に対してソフトなことを言ってきた。
タイミングとしては、その後のテロ指定国家解除をするには良いタイミング。
北朝鮮というよりは中国に対しては考えていたのかもしれない」とスタジオコメント。
空港、中国共産党大会に言及。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組