JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年06月28日(水)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/06/21
TBSテレビ 【はやドキ!】
<ニュース400>米国人男性死亡に韓国・文大統領「北朝鮮には重い責任ある」
関連動画
北朝鮮、ロシア石油大量調達 亡命の党組織幹部証言 (再生)
北朝鮮がロシアから年間20万~30万トンの軽油などの石油製品を調達していたことが27日、分かった。金正恩朝鮮労働党委員長の統治資金を管理する党機関「39号室」の元幹部が、共同通信のインタビューに証言した。北朝鮮経済を支えるロシアルートの存在が明らかになり、制裁強化の新たな焦点となりそうだ。記事詳細://www.47news.jp/news/2017/06/post_20170628040247.html

米国務省 人身売買の報告書で中国に最低の評価(17/06/28) (再生)
アメリカ国務省が27日、世界各国の人身売買の現状をまとめた報告書を発表し、中国への評価を1段階、下げて最低ランクに位置付けました。 中国の去年の評価は4段階のうち下から2番目でしたが、今年は北朝鮮やロシアとともに最低ランクとなりました。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

PAC3、発射準備完了 九州で展開訓練を公開 (再生)
航空自衛隊の地対空ミサイル・パトリオット(PAC3)を福岡から熊本に移動して配置する展開訓練が26日朝、陸自北熊本駐屯地(熊本市北区)であった。九州で同様の訓練が報道陣に公開されるのは初めて。北朝鮮が弾道ミサイルの発射を繰り返すなか、自衛隊の防空態勢を国内外に示す狙いがある。://www.asahi.com/articles/ASK6V3635K6VTLVB001.html※朝日新聞社の動画の改ざんや、許可なく商用・営利目的で利用することを禁じます。
関連記事
06/28(水)
(BS1[ワールドニュース アジア])
文大統領・韓米首脳会談のため米国へ出発
今日、文在寅大統領は米国・トランプ大統領との韓米首脳会談のため専用機で米国・ワシントンに出発する。
文大統領は明日未明にワシントンに到着後、朝鮮戦争の戦闘記念碑に献花し強固な韓米同盟を強調した後、両国の経済人との会合に出席する。
韓国時間30日午前、ホワイトハウスでトランプ大統領夫妻が文大統領夫妻を出迎え正式スケジュールが開始。
公式晩餐会も開かれる。
30日夜遅く、両首脳は単独会談に続き閣内会談を開き、首脳会談後には共同声明を発表。
北朝鮮の核、ミサイル、THAAD、韓米FTAなど山積する課題にどう対応するのか注目される。
文大統領は来月2日に帰国予定。
文大統領はホワイトハウスの向いにある迎賓館・プレアハウスに3泊する予定。
初の訪米でプレアハウスに3泊以上するのは文大統領が初。
トランプ大統領就任後、外国の首脳夫妻のためにホワイトハウスで公式晩餐会を開くのも初。
今回の訪米は、国内の山積する問題を考慮し外相のみ同行するなど随行団も最小限にとどめるという。
06/28(水)
(テレビ朝日[ワイドスクランブル])
北朝鮮・年内にICBM発射実験か…資金源の闇
今年に入り12発の弾道ミサイルを発射し挑発を続ける北朝鮮がICBM・大陸間弾道ミサイルの実験が間近との分析も公表。
米国・ティラーソン国務長官「5万~8万人の北朝鮮市民が中国やロシアなど海外で強制労働に従事し違法な収入源を作り出している」。
北朝鮮の隠れ蓑ビジネスの一端との報告書。
2006年、国連の制裁決議で北朝鮮の金融機関の口座開設禁止や核ミサイル開発に関係する当局や関連団体の資金凍結など。
北朝鮮は中国企業に問い合わせパナマの法律事務所経由でペーパーカンパニーに口座を作った。
DHID・丹東鴻祥実業発展が設立した北朝鮮のダミー会社:英国領バージン諸島4社、アンギラ1社、セーシェル2社、英国2社、香港13社。
米国司法省の報告書で制裁対象となっている北朝鮮の金融機関や企業名が一切出ないため北朝鮮の違法取引が隠されたとしている。
世界各国での隠れ蓑ビジネス:マレーシア、シンガポール、マカオ、スーダン、モザンビーク、コンゴ民主共和国、アンゴラ、ナミビアの記載。
コリアレポート編集長・辺真一は「制裁といたちごっこ」、脳科学者・中野信子のスタジオコメント。
労働新聞。
北朝鮮、ナチスドイツ、租税回避地、韓国、百貨店、航空機、船舶に言及。
06/28(水)
(テレビ朝日[ワイドスクランブル])
北朝鮮・年内にICBM発射実験か…資金源の闇
今年に入り12発の弾道ミサイルを発射し挑発を続ける北朝鮮がICBM・大陸間弾道ミサイルの実験が間近との分析も公表。
米国国家情報長官室東アジア担当・スコットブレーのコメント紹介。
コリアレポート編集長・辺真一は「いつ行うか問題」とスタジオコメント。
テレビ朝日コメンテーター・川村晃司は「米国は自国に飛んでくる可能性が極めて強くなったから本格的な対応をしなければいけないと。
日本、韓国に対しても確実に届く。
日米、韓米の間での作戦をどうするか」とスタジオコメント。
金正恩委員長、平壌の映像。
ムスダン、トランプ政権に言及。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
アクセスランキング
注目番組