JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年04月25日(火)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
04/22 09:13
BSジャパン 【日経プラス10サタデー ニュースの疑問】
<ニュースの疑問>KKR・革新機構が軸に・東芝半導体入札・米国WD合流も
関連動画
東芝 主要4事業分社化へ 社員約2万人が転籍(17/04/24) (再生)
経営再建中の東芝は、社会インフラなど主要な4つの事業を分社化する方針を決定しました。 東芝が分社化するのは、「社会インフラ」や「エネルギー」「電子デバイス」「ソリューション」の4つの主要事業です。この分社化によって、約2万人の社員が新会社に転籍となるということです。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

東芝が主力4事業の“分社化”決定 責任明確化へ(17/04/24) (再生)
経営再建中の東芝は、社会インフラ事業やエネルギー事業など主力の4つの事業を分社化する方針を決定しました。経営判断のスピードを速め、事業ごとの責任の所在を明確化することが目的だということです。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

東芝“半導体メモリー” 売却先は日米連合が有力(17/04/24) (再生)
経営再建中の東芝が進める半導体メモリー事業の売却を巡り、アメリカの投資ファンドを中心とした日米連合が有力なことが分かりました。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/
関連記事
04/24(月)
(日本テレビ[情報ライブ ミヤネ屋])
経営再建中の東芝・4事業を分社化へ
経営再建中の東芝は、ほぼすべての事業を本体から切り離す分社化を行うことを発表した。
「社会インフラ」「電子部品関連」「IT関連」「エネルギー関連」の4事業を分社化する。
東芝は債務超過により今年12月に特定の建設事業の資格を失う可能性があり、4事業を本体から切り離し子会社に移すことで事業継続を図る。
約2万人の従業員が子会社に転籍する見込み。
半導体の売却先は米国ファンドKKRが有力で、産業革新機構や米国ウエスタンデジタルが加わる“日米連合”で中国などへの技術の流出を防げるのかが注目される。
東芝の会見、東京・千代田区、カリフォルニア州・ウエスタンデジタル本社の映像。
04/24(月)
(テレビ朝日[ワイドスクランブル])
東芝の半導体メモリー事業・売却先は日米連合が有力
経営再建中の東芝が進める半導体メモリー事業の売却をめぐり、米国の投資ファンドが中心の日米連合が有力なことがわかった。
米国の投資ファンド・KKR(コールバーグクラビスロバーツ)と日本の官民ファンドの産業革新機構や日本政府投資銀行などが共同で入札に応じる。
東芝の半導体メモリーの子会社売却をめぐっては、提携する米国・ウエスタンデジタルが競合他社への売却に異議を唱えていることや日本政府が技術の海外流出を警戒しているため、交渉が難航。
資料:東芝メモリの四日市工場。
04/24(月)
(BSジャパン[日経モーニングプラス])
東芝半導体・米国KKR・革新機構が軸に
東芝の半導体メモリー事業の入札手続きに、投資ファンド米国KKR(コールバーグクラビスロバーツ)と産業革新機構が共同で名乗りを上げる。
独占禁止法の制約が少なく、抱負な資金力を持つ事から、有望事業をめぐる動きは両社を軸に進む見通し。
関連ページ
いま経済は
気になる話題


▲画面のトップへ