JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年03月29日(水)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/03/21
テレビ朝日 【スーパーJチャンネル】
<新着・いま何が?>新画像・福島第一原発1号機・溶融燃料どこに?
関連記事
03/28(火)
(日本テレビ[news every.])
選択・原発事故6年で「避難」解除・町に「戻る人」と「戻らない人」
原発事故から6年。
今週末、福島県の4つの町と村の一部で避難指示が解除される。
浪江町から避難している人々の思いを取材。
二本松市の食堂「杉乃屋」が作るのはなみえ焼そば。
店主は浪江町から避難。
福島第一原発事故で政府は半径20キロ圏内を中心に避難区域を設定。
除染による放射線量低下などから徐々に避難区域は縮小。
店主は故郷に戻ることを断念。
放射線の影響を考えると孫を浪江町に呼び寄せるのは難しく、避難先への定住を決めた。
浪江町には壊れたままの家屋が至る所にある。
自転車やバイクなどの店を営む男性は、事前申請して浪江町に滞在し去年9月から店を再開。
浪江町は避難先が全国約600自治体に分散。
復興庁などによるアンケートでは、戻りたい17.5%。
戻らないと回答した住民の多くは原発や放射線への不安があると答えている。
浪江町商工会・原田雄一会長のコメント。
03/28(火)
(BS1[BSニュース])
福島第一原発1・2号機・ロボット調査“燃料デブリ映像で確認されず”
福島第一原発の事故で溶け落ちた核燃料と構造物が混じった燃料デブリが、どこにどのように存在するのか調べるため、2号機では先月まで、1号機では今月22日までロボットによる格納容器内部の調査が行われた。
きのう公開された1号機のデブリがあると見られる場所の映像では、配管の上に事故の前にはなかった落下物や堆積物があるように見え、放射線量もほかの場所より高い傾向が見られたという。
しかし1号機では配管などが障害になってカメラを格納容器の床まで下ろすことができず、2号機でもロボットが途中で動けなくなるなど、いずれも映像でデブリを確認するには至らなかった。
東京電力はデブリの具体的な情報が十分得られなかったため、堆積物を採取する方法なども検討することにしている。
国と東京電力がことし夏ごろをめどにデブリの取り出し方法の方針を決めるとしていることについて、廃炉の技術的なアドバイスをしている東京大学大学院の淺間一教授は「今回の調査の情報量は乏しく、取り出しの工法を決定する判断材料が得られたとは言いがたい。
ロボットありきではなく、さまざまな技術を応用しさらに調査、分析することが必要だ」と指摘している。
東京電力本社、東電福島第一原発、IRID撮影の映像。
03/28(火)
(テレビ東京[Newsモーニング・サテライト])
福島第一原発・1号機格納容器の内部映像公開
東京電力は福島第一原子力発電所1号機の納容器内部を調査した際の映像を公開した。
映像では砂のような堆積物があることが分かったが、溶け落ちたとされる核燃料は確認できなかった。
東京電力は堆積物を採取するなど分析を進める方針。
提供:東京電力ホールディングス。
本日の「スーパーJチャンネル」...
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ