JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年03月29日(水)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/03/21
テレビ朝日 【スーパーJチャンネル】
<なるほどジパング>ニッポンのスゴイ家電・最新!家事ラクチン商品
関連動画
年間収益5兆円! 三井物産!! 儲かるヒミツは海外に!? 4/2(日)『がっちりマンデー!!』【TBS】 (再生)
日曜あさ7時30分 『がっちりマンデー!!』 4月2日は、世界を股にかける総合商社!! 三井物産株式会社の社長が登場!!年間収益5兆円、儲かりビジネスの裏側に密着!!☆番組公式サイト http://www.tbs.co.jp/gacchiri/☆番組公式Facebookでは「森永さんの裏がっちり」発信中! https://www.facebook.com/gacchiri■番組内容商社といえば、専門商社から総合商社まで様々なカテゴリがあるが、実際どのような仕事をしているか具体的にイメージしにくいのも、また事実だ。そこで、就活生が選ぶ就職希望ランキングでも毎年、上位に名前が挙がる5大商社のひとつ、三井物産株式会社の安永竜夫代表取締役社長をスタジオに招き、ニッポンが誇る超大手総合商社の儲かりのヒミツに迫る。三井物産の事業のなかでひとつの柱となっている“資源”に注目し、総投資額〇兆円というオーストラリア・パースでの鉄鉱石事業を手掛ける三井社員に密着。度を超える灼熱の現地の24時間、週7日稼働しているという採掘場で、効率よく採掘するための戦術や輸出までの過程をリポートする。また、冬はマイナス20度にもなるロシア・サハリンの液化天然ガス事業を担う社員の仕事ぶりを紹介。工場の心臓部である中央管理室に潜入し、現場の最前線を解説する。さらに、三井物産史上最年少で社長就任した安永氏の1日を追う。そこには、過密スケジュールを難なくこなすトップならではの考えや大企業を支える仕事術が隠されていた。“仕事の報酬は仕事”と宣言する社長が語る商社マンの神髄から“人の三井”と言われるゆえんや仕事への向き合い方を学ぶ。そして、最後には視聴者に嬉しいお知らせも。乞うご期待。■出演◇司会加藤浩次 進藤晶子◇ゲスト安永竜夫(三井物産株式会社 代表取締役社長)

世界の堕落と崩落の中で武士の心を考える【黒鉄ヒロシ×西部邁】 TOKYOMX 「西部邁ゼミナール」毎週土曜日07:05~放送中 (再生)
【番 組】TOKYOMX西部邁ゼミナール 日本国家の長い歴史によって培われた国民の智慧に基づく国民の良識とは何か?現代人は、とかく過去を顧みず未来を覗き見ようと躍起だが、「言葉は必ず過去からやってくる。」言葉の『歴史』Historyを『物語』Storyとして紡ぐ構えを持ち戦後日本の混迷の原因を探る。【放送日】2017年3月25日〔土〕7:05~TOKYOMX1        3月26日〔日〕8:30~TOKYOMX2【ゲスト】黒鉄ヒロシ〔漫画家〕【出 演】西部邁 〔評論家・「表現者」顧問〕     今村有希〔女優・西部邁ゼミナール助手〕【スタッフ】プロデューサー大崎雅之〔TOKYOMX〕       松島広司〔MXエンターテインメント〕      番組担当 窪田哲学【テーマ】「世界の堕落と崩壊の中で武士の心を考える」【2】      世界人類における言葉遣いの乱れを体現しているといえるトランプ、プーチン、ドゥテルテの指導者たち。時代が危機に突入する中で日本人の胆力が大きく試されている「総合性・一貫性・誠実性」を備えた論客による!価値ある物事の考え方を世に広めるTelevisionTOKYOMXの大冒険。流行に流されず、自らの意見・見解、思想の根本を表現し続ける評論家で隔月刊誌「表現者」顧問の西部邁氏によるゼミナール形式の25分。時代が危機に突入する中で物事の「感じ方」「考え方」「表現力」を鍛えるの役立つTOKYOMXの良質プログラム。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 隔月刊誌┃表現者┃偶数月発売┃━━━━┛━━━┛━━━━━┛◆2017年5月号の特集は「世界破壊に乗り出した米中露」◆ 4月15日MXエンターテインメント(株)より発売━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ://s.mxtv.jp/nishibe/hyogensha.php【バックナンバー】年1月〔70〕号「日本国の命運」年11月〔69〕号「象徴天皇と日本の行方」年9月〔68〕号「アメリカその覇権と孤立」年7月〔67〕号「日本共産党とは何ものか」年5月〔66〕号「保守思想による非常事態条項の提言」年3月〔65〕号「テロの元凶は資本主義と民主主義」年1月〔64〕号「憲法改正を如何になすべきか」年11月〔63〕号「保守は『左翼』をいかに排すべきか」年9月〔62〕号「『戦争』のできない国民」年7月〔61〕号「沖縄 戦後ニッポンの鏡」年5月〔60〕号「資本主義の砂漠」年3月〔59〕号「プラトンに倣い、民主主義を疑え」年1月〔58〕号「ポツダム」を超えて年11月〔57〕号「米ロ対決『大戦』の足音がする」年9月〔56〕号「滅びを覚悟で戦う」年7月〔55〕号「保守思想が再建する『国家と人間』」★★★ 「表現者」をお求めの方は、お近くの書店でお問い合わせ下さい。 ★★★
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ