JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年03月25日(土)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/03/21
BS1 【BSニュース】
「森友学園」校舎建設・国土交通省・補助金全額返還を命令
関連動画
地価公示 都内は4年連続の上昇…際立つ銀座エリア (再生)
土地の取引価格の指標となる公示地価が発表され、東京都内の平均は4年連続の上昇となりました。特に地価が上昇したのは銀座のエリアです。 国土交通省の発表によりますと、商業地と住宅地、工業地を合わせた都内全域の土地の平均価格は去年に比べて2.8%上昇し、4年連続のプラスとなりました。最も上昇率が高かったのは中央区銀座6丁目のビルで、すぐそばには4月に開業する商業施設・ギンザシックスもあります。 商業地では銀座一帯の価格上昇が目立っています。去年に比べて29%上昇した銀座6丁目をトップに、上昇率の上位10地点のうち7地点を銀座が占めました。 また、最も地価が高かったのは銀座4丁目の山野楽器銀座本店で、1平方メートル当たり5050万円でした。銀座の上昇について二十一鑑定の後藤計さんは「大規模な再開発が順調に進んでいる。商業集積が一段と高まっていて、銀座の魅力がさらに向上している」と分析しています。 後藤さんは、銀座はオリンピックに向けて開発が進む湾岸エリアが商圏で、訪れる外国人観光客も増えていることなどから地価が上昇したと分析していて、今後もしばらくこの傾向が続くとみています。

住宅地9年ぶり下げ止まり 2017年公示地価 (再生)
国土交通省が21日発表した公示地価(今年1月1日時点)は、住宅地の全国平均が横ばいとなり、9年ぶりに下落が止まった。商業地は全国平均でプラス1・4%と2年連続の上昇だった。
関連記事
03/25(土)
(日本テレビ[ウェークアップ!ぷらす])
籠池・口を閉ざす「3つの契約書」のナゾ
おととい行われた籠池泰典理事長の証人喚問では、小学校建設をめぐり作成された金額が異なる“3通の契約書”の真偽についても追及された。
森友学園側は収支状況をよく見せるために建築費を低く記載し大阪府に提出した疑いがあるが、籠池理事長は「刑事訴追を受ける可能性がある」と答弁を避けた。
大阪・松井一郎知事は森友学園側を偽計業務妨害容疑での刑事訴追を検討中。
施工業者(藤原工業)は「私学審議会提出用の7億円の契約書は籠池の求めに応じて作成した」と証言している。
関西エアポート、国土交通省に言及。
公明党・竹谷とし子議員、公明党・富田茂之議員、自由党・山本太郎議員のコメント。
参院予算委の映像。
03/24(金)
(テレビ朝日[ワイドスクランブル])
補助金返還&未払い建設費・・籠池理事長厳しい“懐事情”
参議院、衆議院、外国特派員協会で証言した森友学園・籠池理事長。
籠池理事長の証人喚問での答弁内容、「3つの契約書は刑事訴追の恐れがあるので答弁は控えたい」と7回発言。
国には23億8000万円、空港運営会社には15億5000万円、大阪府には7億5600万円と建築費用かえて契約書を提出。
工事請負業者は覚書を作成、実際の工事請負代金は15億5000万円、私学審議会提出用に7億5600万円で作成したという内容。
藤原工業へ森友学園からの支払い、約11億円が未納。
藤原工業は大阪地裁に仮差押の申し立てをし、塚本幼稚園の土地・建物を仮差押さえ。
籠池理事長は自身が背負う負債について「17~18億ぐらいになる」と発言。
参議院議員・山本太郎の発言紹介。
国土交通省から支払われた補助金5600万円は今月30日までに全額返還。
ノンフィクション作家・森功、キッズライン社長・経沢香保子、TVプロデューサー・デーブスペクターのスタジオコメント。
不動産、財務状況に言及。
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ