JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年03月29日(水)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/03/21
TBSテレビ 【Nスタ】
<6:45NEWS>都議会自民党・豊洲を視察・早期移転へ攻勢強める
関連動画
都議会 自民と公明に“深まる溝” (再生)
東京都議会では2017年度の予算案が特別委員会で可決され、30日の本会議で可決される見通しです。特別委員会で鮮明となったのは小池知事と自民党の対立以外に、自民党と公明党との“距離”です。 東京都の元職員で都政や地方自治に詳しい、中央大学の佐々木信夫教授の解説です。

都議会自民党 市場移転求め…都の予算に対案を提示 (再生)
東京都の小池知事に対して豊洲市場への早期移転を求めてきた都議会自民党が新たな一手です。自民党は東京都の予算に対して、市場の移転延期の対策費を増額するよう、対案を示しました。

自民党東京都連 3選挙区で候補者の公募開始(17/03/28) (再生)
自民党東京都連は、夏の都議会議員選挙に向けて、不出馬を表明した内田茂都議の選挙区である千代田区などで候補者の公募を始めました。 候補者を公募するのは千代田区、品川区、小金井市の3選挙区です。千代田区では、現職の内田都議が先月に都議選への不出馬を表明しました。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/
関連記事
03/28(火)
(NHK総合・東京[首都圏ニュース845])
東京都の新年度予算案・委員会で可決
東京都の新年度予算案は、東京都議会・予算特別委員会で豊洲への移転の早期決断を求めて東京都・小池知事に攻勢を強めた自民党も含め全会一致で可決され、あさって成立する見通しになった。
予算特別委員会は豊洲市場の問題を中心に議論が交わされてきた。
自民党・鈴木錦治議員は「築地か豊洲か知事の責任で果たすべき判断が下されない中、中央卸売市場会計の当初予算、補正予算案の編成替えを求める動議を行う」と述べた。
自民党は築地市場の土壌オサ円の調査経費などを増額した市場会計の修正案を、共産党も福祉のさらなる充実を含む一般会計などの修正案を出したが、いずれも反対多数で否決。
小池知事が初めて編成した待機児童対策などを進める6兆9540億円の一般会計の予算案は、全会一致で可決され、あさっての本会議で成立する見通し。
小池知事は「生活に即した将来に目を向けた予算案が前に進むことになった」、築地市場協会・伊藤裕康会長は小池知事に対して「ともかくもう決断してください」と述べた。
03/28(火)
(TBSテレビ[ゴゴスマ~GOGO!Smile!~])
対立激化・自民党都連vs小池都知事・決起集会招致は“踏み絵”!?
きのう自民党東京都連の総決起大会が行われた。
目的は夏の都議選に向け公認候補55人に対し、自民党・下村博文都連会長や丸川珠代都連女性局長が支援を求める。
下村都連会長は小池都知事の姿勢を批判。
小池都知事は今年1月、地下水モニタリング調査結果を受け「都議会でどれくらい審議が行われてきたのか、豊洲のあり方は一つの大きな争点になるべきだ」と述べていたが、先週金曜日の定例会見で「争点にするかどうかということだが、他にもテーマがいっぱいあるのでそれそのものを掲げて旗印にどうこうは考えていない」と、豊洲市場の移転時期については明言しなかった。
都議会自民党が抱きつき作戦から対決姿勢になったワケは自民党幹部の方針が戦うべきは戦うと変化。
都議選では中央から本気の応援の可能性もある。
自民党・下村博文都連会長、自民党幹部、官邸のコメントを紹介。
自民党東京都連総決起大会の映像。
政治心理学者・川上和久のコメント。
ボクシング、公明党、中央卸売市場に言及。
ますだおかだ・岡田圭右、CBC論説室長・石塚元章(報道一筋35年。
JNN海外特派員、ニュースキャスターを歴任するニュースの鬼)、武田邦彦のスタジオコメント。
03/28(火)
(TBSテレビ[ゴゴスマ~GOGO!Smile!~])
総合的判断・市場移転問題決断は?問われる“安心”のハードル
去年8月31日、豊洲市場移転延期を発表した会見で小池都知事は「小池都政においては『もう既定路線でしょう、一度決めたのだから何も考えなくてよい』という考え方はとらない」と述べた。
浜渦元副知事はきのうのゴゴスマで「知事が不安だと言っているだけだから、知事が訂正して『不安はありません』ということを市場関係者や都民にむけて先頭に立って丁寧に説明していけば安心は生まれる」と話した。
予算特別委員会が先ほど終わり、このあと小池都知事のインタビューを伝える。
世論調査、都議会自民党に言及。
番町法律事務所弁護士・菊地幸夫のスタジオコメント。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ