JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年03月31日(金)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/03/21
NHK総合 【おはよう日本】
豊洲問題百条委・解明すべきポイント・明確化必要
関連記事
03/30(木)
(NHK総合・東京[首都圏ネットワーク])
全会一致で予算成立・一方で交錯する各会派の思惑
小池知事が初めて編成した新年度の一般会計予算案が全会一致での可決成立。
豊洲市場の問題は激しい議論となった。
盛り土問題が発覚した当時から比べると小池知事の姿勢に対し、疑問が示されるようになった。
当初は専門家の検証結果を重視する小池知事の姿勢に支持が集まったが、専門家が安全と判断する中“安心できない”と主張し「総合的に判断する」と繰り返した。
小池知事は7月の都議会議員選挙をにらみ、石原元都知事の責任追及など過去の検証で世論を味方につけたい思惑もあったとみられている。
自民党は結論先延ばしと批判し予算特別委員会で攻勢に出た。
公明党や東京改革議員団などは都議選を控え、小池知事との関係を維持する狙いもあり「総合的に判断したい」とする知事に理解を示した。
今後の知事と都議会の関係について、自民党は対決姿勢、公明党や東京改革議員団などは協調路線、共産党は是々非々の立場。
小池知事は豊洲市場、五輪の問題で正念場を迎えている。
小池知事は今月末までに仮設設備の整備費用負担の大枠を示す約束が守れなくなり、関係自治体から批判が集まっている。
百条委員会の映像。
待機児童対策に言及。
03/30(木)
(TBSテレビ[ゴゴスマ~GOGO!Smile!~])
豊洲移転・初めて築地再整備案が浮上・旧案より早い安い・実現性は?
今月20日、百条委員会で石原元都知事は「小池が速やかに決断をして豊洲に市場を移転すべき。
彼女の『不作為の責任』が問われるべき」「地下水に非常に厳しい基準を設置したがハードルが高すぎたかもしれない。
都民のことを第一に考えて豊洲移転を実行してもらいたい」と述べた。
築地市場汚染のおそれも出てきた。
今月19日、豊洲の地下水再調査で基準値の100倍のベンゼンが検出された。
専門家会議・平田健正座長は「地上の観測値に変化はなく科学的には安全。
ただ消費者が安心できるかは専門家会議では判断できず政治的な課題になる」(朝日新聞)と述べた。
市場問題PT座長・小島敏郎とは元環境省地球環境審議官。
当時の環境相は小池百合子都知事。
「クールビズ」や「温暖化対策」などを担当。
かつて事業を廃止した経緯もある。
1997年ごろ、名古屋市の干潟を埋め立ててごみ処分場にする計画があったが、渡り鳥の貴重な飛来地だったため住民から中止を求める声があがった。
河村たかし衆議院議員(当時)らが反対し、環境省を動かす河村と高校の同級生・小島が名古屋市に働きかけ、1999年に埋め立て計画が白紙撤回になった(サンデー毎日より)。
市場問題プロジェクトチーム、都政改革本部特別顧問・青山学院・小島敏郎教授の映像。
都民ファーストの会に言及。
CBC論説室長・石塚元章(報道一筋35年。
JNN海外特派員、ニュースキャスターを歴任するニュースの鬼)、有馬晴海のスタジオコメント。
本日の「おはよう日本」...
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ