JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年02月23日(木)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/02/17
TBSテレビ 【Nスタ】
<ホリダス>東南アジアのネットワーク・金日成主席の名がつく道も
関連記事
02/23(木)
(TBSテレビ[ひるおび!])
北の工作活動に変化?外国人による請負殺人
ジャーナリスト・大谷昭宏、コリアレポート編集長・辺真一が解説。
外国人に殺害を請け負わせることで北朝鮮にどんなメリットがあるのか。
北朝鮮の存在を隠したまま目的を達成できる、実行犯と被害者との接点がわかりにくく捜査が混乱しやすくなる、主犯格が逃げやすくなる、実行犯が捕まっても北朝鮮籍でなければ北朝鮮の犯行と疑われても関与を強く否定できる。
協力者を得る場所は東南アジアが多い。
理由は北朝鮮との友好国が多い、国交があり出稼ぎ労働者も多い、工作員が所属する偵察総局の拠点が点在しているので集めやすい。
02/23(木)
(TBSテレビ[ひるおび!])
北朝鮮「友好」東南アジアと亀裂・金正男“毒殺”北の大使館員関与か
フィリピンのボラカイ島で開いたASEAN外相の非公式会議。
マレーシア・アニファ外相は金正男殺害の経緯を報告し、加盟国外相に協力を求めた。
マレーシア以外でも「北朝鮮は勝手に孤立している」との不信感が広がっている。
インドネシアはスカルノ大統領(当時)が金日成主席(当時)と米ソに属さない非同盟諸国として相互訪問する関係を築いた。
ただ最近ではインドネシアのジョコ大統領も北朝鮮の核開発を非難。
北朝鮮国営の朝鮮中央通信は金正男について「北朝鮮の外交官が心臓マヒで死亡した」と初めて報道。
立川志らく、元アナウンサー・精神保健福祉士・小松美智子のスタジオコメント。
米国、韓国に言及。
02/23(木)
(TBSテレビ[ひるおび!])
金正男・暗殺グループに北朝鮮大使館員か
金正男が殺害された事件で昨日、マレーシア警察は緊急会見を行った。
国外逃亡した4人の容疑者以外で重要参考人として行方を追っていた3人のうち2人を特定したという。
1人は在マレーシア北朝鮮大使館二等書記官で、もう1人は北朝鮮が運営する高麗航空のスタッフ。
マレーシア警察・カリド長官は「出頭に応じないなら逮捕状を取る」と述べた。
二等書記官は昨年9月20日マレーシアに入国。
英国紙・テレグラフによると「二等書記官は事件全体を指導し、大使に報告を上げる役目を負っていた」と報道。
北朝鮮の外交官は駐在国や通関検査や刑事裁判を免れるという「外交特権」を隠れ蓑にし、麻薬密輸をはじめ、数々の違法行為に手を染めているという。
昨春交代予定だった駐ドイツ北朝鮮大使に今年1月パクナムヨンが就任したが、大使後任案をドイツ政府が2度拒否したため遅れたという。
理由は「情報機関出身である」ためだった。
バングラデシュでも昨年8月、北朝鮮の一等書記官が高級たばこ約160万本などの密輸を図ったとして国外退去処分となった。
過去の国外テロ事件でも1983年にビルマで韓国大統領一行が爆弾で襲われたラングーン事件の際は、実行犯の北朝鮮軍人3人を在ビルマ北朝鮮大使館の参事官が自宅でかくまっていた。
また、1987年の大韓航空機爆破事件では、自殺した実行犯の男が北朝鮮の外交官旅券を所持していた。
北朝鮮政府はこの2事件についても関与を否定し続けている。
また高麗航空は、スカッド短距離弾道ミサイルの部品を運搬しているとして、米国・財務省や、韓国政府に昨年12月制裁対象に加えられた。
事務所の今月分の家賃はまだ支払われていないが、17日から誰も姿を見せていないという。
また国外逃亡した4人のうち3人は犯行当日の午後10時20分頃インドネシアで出国審査を通過した記録があるという。
また容疑者のうち1人は東南アジア諸国に拠点があった可能性があり、インドネシアに潜伏している可能性もあるという。
本日の「Nスタ」...
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ